前の事件INDEX次の事件

原作:漫画短編/氷点下15度の殺意

<犯人>

  • 鈴森笑美

  •   不動高校スキー部 マネージャー2年
      声:大坂史子[wiki]
      

    <被害者>

  • 白峰辰貴

  •   不動高校スキー部 3年
      声:加納明[wiki]
      

    <容疑者>

  • 尾根静香

  •   不動高校スキー部 顧問
      声:林佳代子[wiki]
      
  • 赤穂晴俊

  •   不動高校スキー部 3年
      声:鳥畑洋人[wiki]
      
  • 雪岡草平

  •   不動高校スキー部 2年
      声:永井誠[wiki]
      金田一とのからみ減。

  • 春田優子

  •   不動高校スキー部 女子キャプテン 3年
      声:松谷彼哉(松本乱菊/BLEACH)[wiki]
      渋沢の写真入りペンダント非所持。

    <事件関係者>

  • 渋沢圭介

  •   不動高校スキー部 3年
      声:宮本充(中川圭一/こちら葛飾区亀有公園前派出所)[wiki]
      人数合わせで容疑者リスト入り。


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   飲み会とエッチな悪酔いシーンは削除。


    <削除>

  • 俵田孝太郎


  • 前の事件INDEX次の事件
     

    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:小説長編/幽霊客船殺人事件

    <犯人>

  • 香取洋子

  •   コバルトマリン号乗務員
      声:日高のり子(草壁サツキ/となりのトトロ)[wiki]
      花村姉妹に続く日高氏の出演。
      告白時間を水崎と時原のやり取りに割かれ、、
      グレたエピソードと、父の航海日誌を拾ったエピソードは削除。
      告白時のキャラ変化もなくなり犯人として薄くなった。

    <被害者>

  • 鷹森郷三

  •   コバルトマリン号船長
      声:小山武宏[wiki]

  • 若王子幹彦

  •   一等航海士
      声:乃村健次(範馬勇次郎/グラップラー刃牙)[wiki]
      原作から構成の変更により、加納より先に殺された。

  • 加納達也

  •   三等航海士
      声:高木渉(高木渉,小嶋元太/名探偵コナン)[wiki]
      夏岡猛彦、巽征丸、神矢修一郎に続く高木氏の出演。
      粗暴タイプから卑怯タイプに変更。
      原作から構成の変更により、若王子より後に殺された。

  • 赤井義和

  •   怪奇写真家→海洋雑誌記者
      声:世田壱恵[wiki]
      オカルトな写真を取る怪しい人物から、
      竜王丸のスクープに味を占めデタラメな記事を書き殴る悪人に変更。
      アニメオリジナルの展開として、上陸した無人島で殺されることになった。


    <容疑者>

  • 水崎丈次

  •   二等航海士
      声:菊池正美(範馬刃牙/グラップラー刃牙)[wiki]
      衝突事故の際、時原の夫を助けようとするエピソードが追加される。

  • 大槻健太郎

  •   機関長
      声:中博史(渋川剛気/グラップラー刃牙)[wiki]
      原作に登場した実の孫、飯島優が削除されて、
      エピローグのちょっといい話がなくなった。

  • 大沢貴志

  •   乗船客
      声:沖田蒼樹[wiki] 
      倉田壮一に続く沖田氏の出演。
      キャラクターデザインが日焼けなしに変更。
      原作よりナンパに。

  • 吉田明

  •   乗船客
      声:千葉一伸(千葉刑事/名探偵コナン)[wiki]
      大沢の連れとして追加されたアニメオリジナルキャラ。
      ロンゲのナンパキャラ。
      モールス信号解読要員。

  • 時原優

  •   乗船客
      声:岩井由希子[wiki]
      削除された2名の乗客の変わりに追加されたアニメオリジナルキャラ。  
      夫婦でオリエンタル号に乗っていた衝突事故の被害者で、
      若王子によって夫が命を落とすことに。
      若王子を殺そうとするも思いとどまり、自殺未遂を起こす。


    <事件関係者>

  • 鹿島伸吾

  •   竜王丸船長


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]
      金田一達をねぎらい、船の旅に招待した。


    <削除>

  • 中村一郎

  •   犯人あぶり出しのための一芝居は大槻がやることに。

  • 美里朱美


  • 飯島優


  • 剣持和枝


  • 前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/金田一少年の殺人

    <犯人>

  • 都築哲雄

  •   極東テレビ・ディレクター
      声:堀勝之祐(あなたの知らない世界のオープニングナレーション)[wiki]
      金田一が命名する犯人名が、「見えざる敵」から「見えない敵」に変更。
      しかしほとんど使われない。
      非難轟々の動機と連続殺人具合に修正はなし。

    <被害者>

  • 橘五柳

  •   超大物ノンフィクション作家
      声:岸野幸正(魚住純/SLAM DUNK)[wiki]
      カツラバレのエピソードが彼の乱暴による自爆に変更されたため、
      原作に増してイメージが悪い。

  • 大村紺

  •   飛躍出版社・社長
      声:水内清光[wiki]

  • 時任亘

  •   神田川出版・編集者
      声:鈴木琢磨[wiki]
      巽隼人に続く鈴木氏の出演。

  • 桂横平

  •   小物の落語家
      声:桜井敏治(ドラニコフ/ザ・ドラえもんズ)[wiki]


  • 野中ともみ

  •   フリー編集者
      声:沢海陽子(浦飯温子/幽☆遊☆白書)[wiki]
      容姿が若干大人しめに。
      橘五柳への色仕掛けも大幅に控えめに。

    <容疑者>

  • 鴨下あきら

  •   音羽出版・編集者
      声:柏倉つとむ(はまじ役(2代目)/ちびまる子ちゃん)[wiki]

  • 針生聖典

  •   カメラマン
      声:立木文彦(碇ゲンドウ/新世紀エヴァンゲリオン)[wiki]

  • 花村葵

  •   橘家 使用人
      声:日高のり子(草壁サツキ/となりのトトロ)[wiki]
      日高氏による双子の二役。
      おしとやかな女性の演技。

  • 花村棗(なつめ)

  •   橘家 使用人
      声:日高のり子(草壁サツキ/となりのトトロ)[wiki]
      日高氏による双子の二役。
      気の強い女性の演技。

    <事件関係者>

  • 長島滋

  •   長野県警の警部
      声:堀内賢雄(雷電/メタルギアソリッド)[wiki]

  • 都築瑞穂

  •   都築哲雄の娘
      原作通りいつきに引き取られることとなるが、
      以降の事件では登場しない。


    <レギュラー>


  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 佐木竜太

  •   声:難波圭一[wiki]
      後の「異人館ホテル」でも死なず、
      原作の弟佐木竜二の出番を引き継ぐ。

  • 明智健悟

  •   声:森川智之[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]

  • いつき陽介

  •   声:平田広明[wiki]


    前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:CDブック/死神病院殺人事件+明智警視の華麗なる休日

    <犯人>

  • 聖正映子

  •   聖正家次女
      声:玉川紗己子(辻本夏実/逮捕しちゃうぞ)[wiki] 
      地味な聖正景太郎に代わり、犯人に変更。
      美雪の中学時代の先輩だったという設定がなくなる。
      兄の聖正秋人への想いが原作より強く、
      雪室憂一との関係が原作よりギクシャクしている。
      動機関連における被害者の悪行を知っていることになり、殺人を犯す。
      トリックは原作にないオリジナル。
      犯人当ての根拠もオリジナルで、
      ずいぶんと証拠能力に乏しい追い込みであっさり罪を認める。


    <被害者>

  • 扇谷三郎

  •   聖正総合病院外科部長
      相変わらず事件開始時には死んでいて影が薄いが、
      「三郎」という名前だけ与えられる。

  • 高沢和子

  •   聖正総合病院総婦長
      声:五十嵐麗[wiki]
      原作にはないオリジナルトリック追加に合わせ、
      死因が毒殺から転落しへと変更。

    <容疑者>

  • 聖正景太郎

  •   聖正総合病院院長
      声:大塚周夫(海原雄山/美味しんぼ)[wiki]
      原作の犯人。
      わざと怪しいそぶりを見せる計算キャラから
      息子の死から塞ぎこみ続ける飲んだ暮れキャラに変更。

  • 雪室憂一

  •   聖正総合病院外科医
      声:池田秀一(シャア・アズナブル/機動戦士ガンダム)[wiki]
      聖正景太郎が犯人ではなくなったため、
      彼を庇うための行動もなくなり、
      存在感は希薄なものに。

  • 聖正貴美子

  •   聖正家長女
      声:皆口裕子(猪熊柔/YAWARA!)[wiki]
      和泉さくらに続く皆口氏の出演。
      車椅子設定が追加される。

  • 木根淳也

  •   入院患者
      声:二又一成(五代裕作/めぞん一刻)[wiki]
      羽沢星次、仙田猿彦に続く二又氏の出演。
      アニメ追加キャラの水島一夫の親友という設定が追加。
      いつきさんの知り合いという設定はなくなる。


    <事件関係者>

  • 聖正秋人

  •   聖正家長兄

  • 水島一夫

  •   元聖正総合病院患者
      声:千葉進歩(藤原佐為/ヒカルの碁)[wiki]
      アニメオリジナルキャラ。
      3年前に医療ミスで死亡した。

  • 水島タキ

  •   水島一夫の母
      声:上村典子(森崎有三/キャプテン翼)[wiki]
      アニメオリジナルキャラ。
      息子の医療ミスで聖正総合病院に恨みを抱いている。
      営業妨害。

  • 醍醐真紀

  •   怪盗紳士の変装
      声:百々麻子(かごめの母/犬夜叉)[wiki]
      原作CDブックのエクストラCDの内容が本編に絡められることで、登場。
      死神病院の事件と直接関係のない船上での出来事。
      仕事帰りの船旅だった原作から一転、船中に飾られた名画を盗むことに。
      逃亡方法は、巨大な潜水艦。

  • 醍醐真紀

  •   美術雑誌の記者
      声:百々麻子(かごめの母/犬夜叉)[wiki]
      本物。
      原作にないオリジナル展開で、
      偽物の乗っている船に偶然乗り合わせていた。


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 佐木竜太

  •   声:難波圭一[wiki]

  • 明智健悟

  •   声:森川智之[wiki]
      醍醐真紀同様、原作CDブックの
      エクストラCDの内容が本編に絡められることで登場。
      原作の内容は船上での怪盗紳士との大人な掛け合いだったが、
      アニメでは怪盗紳士と対決。
      死神病院の事件と直接関係を持たないが、
      金田一との電話で怪盗紳士の話をし、事件解決のヒントを与える結果に。

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]

      
    <削除>

  • 斉藤一夫(愛河翔子)

  •   ちょっとした、「事件後解決される別の謎」が消えたことに。

    前の事件INDEX次の事件
     

    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/オペラ座館殺人事件

    <犯人>

  • 神矢修一郎

  •   不動高校演劇部2年
      声:高木渉(高木渉,小嶋元太/名探偵コナン)[wiki]
      夏岡猛彦、巽征丸に続く高木氏の出演。
      原作の空気人物から一転、犯人に変更。
      月島冬子とも恋人関係になる。
      しかし事件中での出番がそれほど増えたわけでもなく、
      犯人の器用設定が移されずボーガンの仕掛けを作るなどチグハグ。
      表面的な印象変え目的による設定変更感が漂う。
      ライター投げはナイフによる威嚇に変更。
      また、原作での突っ込みどころであるボーガン展開は変更されるが、
      館からの飛び降りとぼかされたナイフが刺さった?
      かに見えるぼかされた原因による死亡と、改良と言っていいかは微妙。


    <被害者>

  • 日高織絵

  •   不動高校演劇部2年
      声:永島由子[wiki]
      髪の色が塗り無しから茶色に。
      顔も半端に美少女風になり可愛げがなくなっている。
      冒頭での親交を深めるやりとりがカットされ、
      原作での第1の被害者という栄誉もなくなり、
      落下物が照明器具からシャンデリアに変わるも
      死体のポージングが特徴のないうつぶせで地味なものに変わり、
      数多の被害者郡に埋没した。  

  • 桐生春美

  •   不動高校演劇部2年
      声:熊谷ニーナ[wiki]
      河西さゆりに続く熊谷氏の出演。
      原作よりはっきりと演劇への執着と
      月島冬子への嫉妬を表に出している。
      首吊りの様子はあまり恥ずかしくないものに変更。

  • 緒方夏代

  •   不動高校の音楽担任で演劇部顧問→オペラ座館料理長
      声:富沢美智恵(セーラーマーズ/セーラームーン)[wiki]
      原作の、金田一の才能に目を付けた最初の人物から一転。
      客の持ち物を盗み見る喫煙料理人になった。
      伏線のために付け爪設定は残るなどちぐはぐ。
      死体は裸から着衣ありに変更。


    <容疑者>

  • 月島亮司

  •   不動高校演劇部顧問教師
      声:堀川亮(べジータ/ドラゴンボールZ)[wiki]
      柿本麻人に続く堀川氏の出演。
      原作の犯人有森祐二を、大幅に設定変更して作られたキャラ。
      月島冬子とは兄妹の関係になった。
      犯人でなくなっても原作同様に出番が多く、
      妹がらみの演技は
      「ナッパよけろーーーー! 」
      と入れても違和がないほど熱い声を出している。

  • 布施光彦

  •   不動高校演劇部3年
      声:伊藤健太郎(タイショーくん/とっとこハム太郎)[wiki]
      冒頭のまぬけエピソードやカンシャクシーン削除。
      代わりに月島冬子との交際を吹聴するなど、
      リアル方向にいやらしい人間にされた。

  • 仙道豊

  •   不動高校演劇部2年
      声:高戸靖広(ヘッドロココ/ビックリマン)[wiki]
      原作の有森から小道具係の設定を受け継ぎ、
      映画マニア属性が付加されるが、
      これが本編に生かされることはなかった。
      逆に人懐っこそうな感じは消えるが、
      ラストに涙を見せるのは同じ。
      やはりちぐはぐ。

  • 早乙女涼子

  •   不動高校演劇部3年
      声:松井菜桜子(鈴木園子/名探偵コナン)[wiki]
      わがまま度増量。

  • 黒沢和馬

  •   オペラ座館オーナー
      声:笹岡繁蔵[wiki]
      吉良勘治郎に続く笹岡氏の出演。
      若干空気に。


    <事件関係者>

  • 月島冬子

  •   不動高校演劇部
      声:深見梨加(セーラーヴィーナス/セーラームーン)[wiki]
      佐伯航一郎(男バレ前)に続く深見氏の出演。
      自殺前の演技が部員達への当てつけにしか見えない。


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]
      

    <削除>

  • 結城英作

  •   色々精力的に改変されたわりに
      稀代の名キャラはあっさり削除。

    <出番削除>

  • 剣持勇



  • 前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/飛騨からくり屋敷殺人事件

    <犯人>

  • 巽紫乃

  •   巽家未亡人
      声:武藤礼子(メルモ/ふしぎなメルモ)[wiki]
      「母の愛」は原作準拠。
      少女時代の演技が若干つらい。


    <被害者>

  • 巽征丸

  •   巽紫乃の連れ子
      声:高木渉(高木渉,小嶋元太/名探偵コナン)[wiki]
      夏岡猛彦に続く高木氏の出演。
      高木氏は同事件の柊兼春の家臣も担当。
      髪色が塗りなしから黒になり、若干印象が変化。
      首なし死体や生首ははっきり描写されない。

  • 仙田猿彦

  •   巽家 使用人
      声:二又一成(五代裕作/めぞん一刻)[wiki]
      羽沢星次に続く二又氏の出演。
      二又氏は同事件の柊兼春も担当。
      髪色が塗りなしから黒になり、若干印象が変化。


    <容疑者>

  • 巽龍之介

  •   巽家 長男
      声:神奈延年(ガッツ/剣風伝奇ベルセルク)[wiki]

  • 巽もえぎ

  •   巽家 長女
      声:西村ちなみ(アリア社長/ARIA)[wiki]
      髪色が塗りなしから茶色になり、作画で若干神秘性がなくなる。

  • 巽隼人

  •   巽家 次男
      声:鈴木琢磨[wiki]
      恋人である桐山環未登場のため、
      おかしくなった演技→「また毒を盛ったね」しかなくなって味気ない。

  • 冬木倫太郎

  •   巽家 主治医
      声:石丸博也(ジャッキー・チェン出演映画全般)[wiki]
      インターン時代のエピソードが削られて単なる主治医に。

  • 冬木ウメ

  •   冬木倫太郎の母親
      声:巴菁子[wiki]
      当麻恵に続く巴氏の出演。
      元々出番がないキャラなので、容疑者リストから外された。


    <事件関係者>

  • 巽綾子

  •   巽蔵之介の前妻
      声:日野由利加[wiki]

  • 巽蔵之介

  •   巽家の当主



    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]


    <削除>

  • 桐山環

  •   彼女の不在による事件の物足りない感は地味に大きい。

  • ゴリラーマン刑事とオラウータン刑事


  • 前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:CDブック/悪魔組曲殺人事件

    <犯人>

  • 紅亜理沙

  •   声:島本須美(ナウシカ/風の谷のナウシカ)[wiki]
      バイオリニストで、御堂周一郎の弟子。
      殺人の動機、犯人バレの根拠等は同じだが、
      人物設定が御堂の愛人から娘に変更。
      紅自信にはその事実は知らされず、影ながら援助されていた。
      原作であった、紅のバイオリンケースに悪魔組曲の楽譜が
      入っていて御堂の愛を知るという展開がなくなったため、
      火サスチックな崖での自殺未遂展開に変わり、陳腐なラストに。


    <被害者>

  • マイケル・ヘンリー

  •   作曲家で、御堂周一郎の弟子。
      声:飛田展男(Zガンダムのカミーユ)[wiki]
      尾ノ上貴裕に続く氏の出演。
      生前の出番カットで、よくわからないうちに悪魔組曲の楽譜を手に入れ、
      なんだか知らないが悪魔組曲を自分名義で発表しようとする悪い人になった。
      
  • 風倉百合恵

  •   オペラ歌手で、御堂周一郎の弟子。
      声:折笠愛(魎呼/天地無用!)[wiki]
      香山聖子に続く折笠氏の出演。
      そして唯一原作のCDドラマと同じキャスティング。
      素性は原作と大体同じ。


    <容疑者>

  • 夏岡猛彦

  •   指揮者で、御堂周一郎の弟子。
      声:高木渉(高木渉,小嶋元太/名探偵コナン)[wiki]
      設定変更で利用しようとしていた御堂優歌がいなくなり、
      計算高い野心家からただ盗みをして疑われる役回りに。

  • 山根優歌

  •   御堂周一郎のマネージャー
      声:大谷育江(円谷光彦/名探偵コナン)[wiki]
      原作の御堂周一郎の孫という役から変更。
      苗字も御堂から山根へ変更。
      設定変更によって色々と大人しくなった。
      美雪の友人という設定が残り、
      彼女の招きで事件の舞台に訪れることとなった。

  • 椿陽造

  •   執事
      声:石森達之[wiki]
      紅の親代わりという設定が追加された。


    <事件関係者>

  • 御堂周一郎

  •   世界的な作曲家
      声:飯塚昭三(ナッパ/ドラゴンボールZ)[wiki]
      紅の愛人から紅の父へ変更。
      遺作である悪魔組曲を紅に譲るために、
      紅に有利な暗号解読を弟子達にさせるという展開はなくなり、
      紅のために書かれた悪魔組曲の楽譜は
      なんだかよくわからないうちにマイケルの手に。


    <レギュラー>

  • 明智健悟

  •   声:森川智之[wiki]
      出番のなくなった剣持に代わり、山根の誘いで登場。
      
  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

    前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    ネットで古本や中古CDを買う人に朗報です。
    コミック全巻セットの品揃えが豊富なことで有名な
    アーカムブックスで、ただいまキャンペーン実施中です。

    ・http://www.arcam-b.com/index.htm
    ・今ならブログ・mixiでアーカムを紹介してくれた人に500ポイントプレゼント中!詳細はコチラ!
     URL:http://arcam.typepad.jp/arcamoujiten/2008/07/mixi500get-aa73.html

    もちろん金田一セットも単価100円を切る激安価格で販売中。
    よろしくお願い致します。

    スポンサードリンク


    07.22 (Tue) 21:34 [ 未分類 ] TB0. TOP▲
    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/秘宝島殺人事件

    <犯人>

  • 佐伯航一郎(15)(偽美作碧)

  •   美作碧になりすましたハーフの少年
      声1:深見梨加(セーラーヴィーナス/セーラームーン)[wiki]
      声2:藤田淑子(キテレツ/キテレツ大百科)[wiki]
      正体が佐伯航一郎とばれる前と後で声優交代。
      原作から年齢2歳アップ。
      間欠泉シーンには出てこない。
      伯父のエピソード削除。 
      
    <被害者>

  • 美作大介

  •   悲報島のオーナーで旧佐伯考古学会会員
      死体描写がはっきりされないのでわかり辛い。
      美作碧に送った手紙には、
      「佐伯京助はみんなで殺した。宝が見つかったら
       みんな殺すから手伝え(要約)」
      という血も涙も無い内容が付け加えられた。

  • 柿本麻人

  •   旧佐伯考古学会会員で現トレジャーハンター
      声:堀川亮(服部平次/名探偵コナン)[wiki]
      聞き覚えのある関西弁。
      目を閉じれば平次がいる。
      美作大介と同じく死体描写はかなりぼかされている。

  • 八十島隆造

  •   旧佐伯考古学会会員
      声:松田重治(ムック/ポンキッキ)[wiki]
      焦げた手が惨い。

  • 火村康平

  •   都内で整形外科医をしている。
      声:子安武人(ゼクス・マーキス/新機動戦記ガンダムW)[wiki]
      原作よりパニック加速気味。
      室内での撲殺から屋外での銃殺に変更。

  • 矢荻久義

  •   旧佐伯考古学会会員
      声:松尾銀三(ヘムヘム/忍たま乱太郎)[wiki]
      香山三郎に続く、松尾氏の出演。
      頭のチリチリ度低下。

    <容疑者>

  • 岩田英作

  •   執事
      声:青野武(ピッコロ大魔王/ドラゴンボール)[wiki]
      悪の大ベテラン起用とハイライトの無い目で、
      豹変準備は万全。

  • クリス・アインシュタイン

  •   ソロモン王の末裔
      声:石川寛美(アビー君/COUNT DOWN TV)[wiki]
      間欠泉地帯への誘い込みに、
      立ち入り禁止看板の隠滅まで加えられて陰湿度アップ。

  • 茅杏子

  •   熟年の色気を身に纏った警視庁の女刑事
      声:竹田愛里[wiki]
      口紅は黒に近い紫色。
      温泉でのお色気シーンは忠実に再現された。


    <事件関係者>

  • 佐伯京助

  •   大学教授
      声:藤原啓治(野原ひろし/クレヨンしんちゃん)[wiki]

  • 美作碧

  •   美作大介の娘
      キスシーンはちょっぴりアダルトに。


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 金田一の母

  •   声:潘恵子[wiki]

    前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/怪盗紳士の殺人

    <犯人>

  • 和泉さくら

  •   元不動高校生徒
      声:皆口裕子(猪熊柔/YAWARA!)[wiki]
      人気アニメの有名キャラやナレーションなどの
      聞き覚えある甘い声から犯人オーラが駄々漏れ。
      キス未遂なし。
      死に際の告白は途中で途切れるが、
      「血まみれの手」のくだりもなくなって若干救われたのかもしれない。
      

    <被害者>

  • 海津里美

  •   付添医師
      声:横尾まり(スネ夫のママ役(2代目)/ドラえもん)[wiki]
      彼女のいやらしい絵画はマイルドに。

  • 蒲生剛三

  •   画家
      声:矢田耕司(ドクター・ゲロ/ドラゴンボールZ)[wiki]
      声の感じから、かなり年を取った印象に。
      残虐な目潰しは目隠しに変更。


    <容疑者>

  • 小宮山吾郎

  •   執事
      声:西村知道(安西先生/SLAM DUNK)[wiki]
      彼がさくらの実父かもしれないというエピソードは削除。

  • 和久田春彦

  •   天文学者
      声:難波圭一(タッチの上杉和也)[wiki]
      佐木に続く難波氏の出演。
      かなりのはまり役でよく目立っている。
      複製画を欲しがる演技役を原作での羽沢に変わり担当。
      
  • 羽沢星次

  •   画商
      声:二又一成(五代裕作/めぞん一刻)[wiki]
      削除された岸一成のスケッチブックエピソードを担当。
      原作よりも悪人面を際立たせている。

  • 醍醐真紀

  •   美術雑誌の記者で、本物の怪盗紳士
      声:百々麻子(かごめの母/犬夜叉)[wiki]
      途中退場だが出番大め。

  • 吉良勘治郎

  •   画家
      声:笹岡繁蔵[wiki]
      原作準拠だが、この人の印象を覆す見せ場がカットされたため、
      単なる飲んだくれ管巻き親父として終わる。


    <事件関係者>

  • 和泉宣彦

  •   画家
      声:田中秀幸(工藤優作/名探偵コナン)[wiki]
      

  • 大河内善助

  •   青森県警 警部
      声:大友龍三郎(サー・クロコダイル/ONE PIECE)[wiki]

  • ポアロ

  •   


    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]

  • いつき陽介

  •   声:平田広明[wiki]
      悲恋湖の事件しか経験していないためまだ人徳ぶりを発揮していないが、
      金田一の頼みで素直に波照間島へ。


    <削除>

  • 岸一成

  •   真相解明に関わる重要なエピソードは羽沢が担当。
      彼がいなくなって和泉宣彦の絵のすごさが若干伝わらりづらくなった。

    前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    前の事件INDEX前の事件

    原作:漫画長編/蝋人形殺人事件

    <犯人>

  • 多岐川かほる

  •   推理作家
      声:吉田理保子(マチ子先生/まいっちんぐマチコ先生)[wiki]
      原作準拠。
      告発シーンでの指輪ハメはなし。

    <被害者>

  • 当麻恵

  •   探偵社 社長
      声:巴菁子[wiki]
      今回の事件を3話目に持ってきたためこの時点での事件解決数は2だが、
      アニメでも金田一は既に業界で有名らしい。

  • リチャード・アンダーソン

  •   犯罪心理学者
      声:梅津秀行[wiki]
      金田一屈指の残虐シーン「鉄の処女」削除で死体がマイルドに。

  • 坂東九三郎

  •   推理小説評論家
      声:山口健[wiki]
      若干いやらしさがアップ。


    <容疑者>

  • 南山駿三

  •   執事・世話役
      声:銀河万丈(原田正平/タッチ)[wiki]

  • エドワード・コロンボ

  •   ロス市警刑事の甥
      声:塩屋翼(宮城リョータ/SLAM DUNK)[wiki]
      活躍場所を明智と金田一に吸収され、空気と化した。

  • 真木目仁

  •   犯罪ジャーナリスト
      声:龍田直樹(ウーロン/ドラゴンボール)[wiki]
      突飛な行動を削除され、空気と化した。
      龍田直樹氏は本事件のMr.レッドラムの声も担当。
      
  • マリア・フリードリヒ

  •   ドイツ警察監察医
      声:笠原弘子[wiki]
      不可解な現象と行動のほとんどを削除され空気と化した。

    <事件関係者>

  • 狭山恭次

  •   声:塩沢兼人(白鳥任三郎(初代)/名探偵コナン)[wiki]
      「三億円事件」の首謀者→「四億円事件」の首謀者。
      回想が削られ計画発案から始まるので、原作にも増して自分勝手な印象。


    <レギュラー>

  • 明智健悟

  •   声:森川智之[wiki]
      初登場だが金田一の活躍は知っている設定。
      コロンボの推理シーンなどを吸収し、大幅に出番増。
      ラストの乾杯シーンは削除。
      
  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]




    前の事件INDEX前の事件


  • スポンサードリンク


    前の事件INDEX次の事件

    原作:漫画長編/悲恋湖伝説殺人事件

    <犯人>

  • 遠野英治

  •   不動高校3年
      声:中原茂(人造人間17号/ドランゴンボール)[wiki]
      動機の理不尽具合に修正なし。
      

    <被害者>

  • 倉田壮一

  •   大学生
      声:沖田蒼樹[wiki]

  • 香山三郎

  •   不動産会社の社長
      声:松尾銀三(ヘムヘム/忍たま乱太郎)[wiki]

  • 小林星二

  •   画家
      声:島田敏(ブロリー/ドラゴンボールZ)[wiki]
      金田一に詰め寄られたときの悲鳴(奇声)が印象的。
      

  • 橘川茂

  •   美雪のいとこで大学生
      声:眞嶋リョウ[wiki]
      美雪のいとこの割にフォローがないのは相変わらず。

    <容疑者>

  • 九条章太郎

  •   ツアーコンダクター
      声:小林通孝[wiki]

  • 河西さゆり

  •   高校2年生
      声:熊谷ニーナ[wiki]
      トーンの高い関西弁で、一人テンションが飛び出ている。
      いつきさんとの情事はなかったことに

  • 甲田征作

  •   医師
      声:梁田清之(赤木剛憲/SLAM DUNK)[wiki]
      閉じたような薄い目は、原作よりよく見開く。

  • 香山聖子

  •   香山三郎の妻
      声:折笠愛(魎呼/天地無用!)[wiki]

  • いつき陽介

  •   フリーライター
      声:平田広明(サンジ/ONE PIECE)[wiki]
      後の事件とのギャップが大きい極悪人ぶりに変更はないが、
      ロリコン容疑のみ回避

    <事件関係者>

  • 小泉螢子

  •   遠野英治の妹



    <レギュラー>

  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]


    前の事件INDEX次の事件


    スポンサードリンク


    アニメ版金田一少年の事件簿・登場人物のネタバレを含むデータベースです。
    声優キャスト、原作との相違点中心。
    犯人・被害者にも言及しているのでご注意ください

    1.学園七不思議殺人事件
    2.悲恋湖伝説殺人事件
    3.蝋人形城殺人事件
    4.怪盗紳士の殺人
    5.悲報島殺人事件
    6.悪魔組曲殺人事件
    7.飛騨からくり屋敷殺人事件
    8.オペラ座館殺人事件
    9.死神病院殺人事件
    10.金田一少年の殺人
    11.幽霊客船殺人事件
    12.氷点下15度の殺意
    13.魔術列車殺人事件
    14.雪夜叉伝説殺人事件
    15.タロット山荘殺人事件
    16.黒死蝶殺人事件
    17.速水玲香誘拐殺人事件
    18.仏蘭西銀貨殺人事件


    スポンサードリンク


    <前の事件|INDEX次の事件

    原作:漫画長編/学園七不思議殺人事件

    <犯人>

  • 的場勇一郎

  •   不動高校物理教師でミステリー研究会顧問
      声:肝付兼太(ドラえもんのスネ夫)[wiki]
      スネ夫、というよりイヤミ。
      ベテランの声が入って死に際が生々しくなった。


    <被害者>

  • 桜樹るい子

  •   不動高校3年でミステリー研究会会長
      声:篠原恵美(セーラームーンのセーラージュピター)[wiki]
      パンツ見せはカット。
      死体の描写は迫力あり。
      この事件が最初に持ってこられたため、
      金田一の才能を見抜いた最初の人になる。
      また初めて「ジッチャンの名にかけて」を言わせた。

  • 尾ノ上貴裕

  •   不動高校2年でミステリー研究会に所属
      声:飛田展男(Zガンダムのカミーユ)[wiki]
      色を塗られて、若干気持ち悪さがリアルに。
      キレるシーンはカット。
      代わりに桜樹がフロッピーに遺した暗号を解いて真壁を出し抜こうとする
      エピソードが追加され、いやらしさはアップ。
      七不思議の変更に伴い、首吊りから
      「手首が這い回る印刷室」への放置に変更。


    <容疑者>

  • 真壁誠

  •   人気絶頂の不動高校3年でミステリー研究会に所属
      声:山崎たくみ[wiki]

  • 鷹島友代

  •   不動高校2年でミステリー研究会に所属
      声:三浦七緒子[wiki]

  • 佐木竜太

  •   不動高校1年でミステリー研究会に所属
      声:難波圭一(タッチの上杉和也)[wiki]

  • 立花良造(本名:青山)

  •   不動高校の警備員
      声:藤城裕士[wiki]

    <事件関係者>

  • 青山ちひろ

  •   10年前に行方不明になった不動高校生徒で推理部部員
      声:天神有海[wiki]


  •   教師
      神保博士より変更。


    <レギュラー>


  • 七瀬美雪

  •   声:中川亜紀子[wiki]

  • 剣持勇
      声:小杉十郎太[wiki]
      登場時、金田一とはすでに知り合い。
      何かの事件で金田一の助けを借りた様子で、
      この事件から協力的。


    <前の事件|INDEX次の事件


  • スポンサードリンク


    データベースINDEX

    「金田一少年の事件簿」漫画および小説の作品発表時期をまとめたデータです。
    発行日を基準にしており、実質の発売日とは前後している可能性があります。

    表記:
     [ML]-漫画長編
     [MS]-漫画短編
     [MB] -漫画番外編
     [NL]-小説長編
     [NS]-小説短編


    1992年

    [ML] オペラ座館殺人事件   1992年10月28日~1992年12月2日
    [ML] 異人館村殺人事件    1992年12月9日~1993年3月10日

    1993年

    [ML] 雪夜叉伝説殺人事件  1993年3月17日~1993年5月26日
    [ML] 学園七不思議殺人事件 1993年6月2日~1993年8月4日
    [ML] 秘宝島殺人事件    1993年8月11日~1993年10月20日
    [ML] 悲恋湖伝説殺人事件  1993年10月27日~1994年1月19日

    1994年

    [ML] 異人館ホテル殺人事件   1994年1月26日~1994年4月13日
    [ML] 首吊り学園殺人事件    1994年4月27日~1994年7月20日
    [ML] 飛騨からくり屋敷殺人事件 1994年8月3日~1994年10月26日
    [NL] オペラ座館・新たなる殺人 1994年9月22日初版発行
    [ML] 金田一少年の殺人     1994年11月9日~1995年3月1日

    1995年

    [ML] タロット山荘殺人事件   1995年3月8日~1995年6月14日
    [NL] 幽霊客船殺人事件     1995年4月17日初版発行
    [ML] 蝋人形城殺人事件     1995年6月28日~1995年9月27日
    [ML] 怪盗紳士の殺人      1995年10月18日~1996年1月18日

    1996年

    [ML] 墓場島殺人事件     1996年1月31日~1996年4月17日
    [ML] 魔術列車殺人事件    1996年4月24日~1996年7月31日
    [NL] 電脳山荘殺人事件    1996年4月15日初版発行
    [ML] 黒死蝶殺人事件     1996年8月7日~1996年11月13日
    [ML] 仏蘭西銀貨殺人事件   1996年11月20日~1997年3月12日

    1997年

    [ML] 魔神遺跡殺人事件    1997年3月19日~1997年6月18日
    [NL] 鬼火島殺人事件     1997年5月20日初版発行
    [MS] 氷点下15度の殺意    1997年6月25日~1997年7月9日
    [MS] 誰が女神を殺したか?  1997年7月16日~1997年7月30日
    [MS] 明智警視の事件簿    1997年8月13日~1997年8月20日
    [ML] 速水玲香誘拐殺人事件  1997年9月3日~1997年11月5日
    [NL] 上海魚人伝説殺人事件  1997年11月5日初版発行
    [NS] 共犯者X         1997年11月17日(短編集1収録)
    [MS] 1/2の殺人者       1997年12月3日~1997年12月10日

    1998年

    [MS] 聖なる夜の殺人      1998年1月1日~1998年1月22日
    [ML] 魔犬の森の殺人      1998年1月29日~1998年4月1日
    [NS] 迷い込んできた悪魔     1998年3月17日(短編集2収録)
    [MS] 鏡迷宮の殺人       1998年5月13日~1998年5月27日
    [MS] 金田一フミ誘拐事件    1998年6月3日~1998年6月10日
    [NL] 雷祭殺人事件       1998年6月24日初版発行
    [ML] 銀幕の殺人鬼       1998年6月24日~1998年8月19日
    [MS] 明智少年の華麗なる事件簿21998年9月9日~1998年9月23日
    [NS] 金田一少年の悪夢     1998年8月17日(短編集3収録)
    [MS] 金田一フミの冒険     1998年9月30日~1998年10月7日
    [ML] 天草財宝伝説殺人事件   1998年10月14日~1999年1月29日

    1999年

    [MS] 白銀に消えた身代金     1999年2月3日~1999年2月10日
    [MS] 明智少年の華麗なる事件簿3 1999年2月17日~1999年3月3日
    [MS] フィルムの中のアリバイ   1999年3月17日~1999年3月24日
    [MS] 殺人レストラン       1999年3月31日~1999年4月14日
    [ML] 雪影村殺人事件       1999年4月21日~1999年6月30日
    [MS] 明智警視の事件簿3     1999年7月7日~1999年7月21日
    [NL] 殺戮のディープブルー    1999年7月26日初版発行
    [MS] 血染めプールの殺人     1999年7月28日~1999年8月11日
    [MS] 亡霊学校殺人事件      1999年8月25日~1999年9月29日
    [MS] 瞬間消失の謎        1999年10月6日~1999年10月13日
    [ML] 露西亜人形殺人事件     1999年10月20日~2000年2月16日

    2000年

    [MS] 妖刀毒蜂殺人事件    2000年3月1日~2000年3月15日
    [MS] 明智警視の事件簿4   2000年3月22日~2000年4月5日
    [ML] 怪奇サーカスの殺人   2000年4月12日~2000年6月21日
    [MS] 怪盗紳士からの挑戦状  2000年6月28日~2000年7月12日
    [MS] 午前04:40の銃声     2000年7月19日~2000年7月26日
    [MS] 女医の奇妙な企み    2000年8月2日~2000年8月9日
    [ML] 金田一少年の決死行   2000年8月23日~2001年1月1日

    2001年

    [NL] 邪宗館殺人事件  2001年4月20日初版発行
     

    2004年

    [ML] 吸血鬼伝説殺人事件 2004年8月18日~2004年10月13日

    2005年

    [ML] オペラ座館・第三の殺人 2005年9月14日~2005年12月15日

    2006年

    [ML] 獄門塾殺人事件 2006年4月12日~2006年8月9日

    2007年

    [ML] 雪霊伝説殺人事件    2007年1月17日~2007年4月18日
    [MS] 速水玲香と招かれざる客 2007年4月25日~2007年5月9日
    [MS] 不動高校学園祭殺人事件 2007年11月7日~2007年11月28日

    2008年

    [MS] 「血溜之間」殺人事件 2008年4月2日~2008年4月23日
    [ML] 黒魔術殺人事件    2008年5月21日~2008年7月9日

    2009年

    [ML] 剣持警部の殺人   2009年4月22日~2008年7月22日
    [MB] 飛込プールの悪霊  2009年2009年6月4日(少年ライバル)


    データベースINDEX


    スポンサードリンク


    第8回INDEX|>

    週刊少年マガジン50周年、そして「コナン&金田一」刊行記念に贈られた、
    久々の長編は笑いあり怒りありの全1巻。
    同じくマガジンに連載されている「シバトラ」のドラマ化で両手塞がりの天樹征丸氏が
    左足で書いたシナリオの勘当ものな出来に、
    長年のファンは涙を見せること間違いなし。
    金田一史上最高欠作、黒魔術殺人事件は2008年8月12日に、
    短編と同時発売です。

    金田一少年の事件簿黒魔術殺人事件 (少年マガジンコミックス)
    <amazon>
    金田一少年の事件簿血溜之間殺人事件不動高校学園祭殺人事件 (少年マガジンコミックス)
    <amazon>


    <あらすじ>
    幼馴染井沢研太郎の頼みで金田一は、不審な死を遂げた火祀コポーレーション社長の
    死の真相を解明に、軽井沢の火祀家別荘「葡萄の館」へ赴く。
    屋敷で行われた黒魔術の儀式をきっかけに、被害者が一人、また一人。
    金田一は、実働時間を考慮しない無茶な論理で
    井沢が好意を寄せる火祀星子が犯人ではないかと疑うが、事件の真相は果たして…

    <みどころ>
    ノベルス「邪宗館殺人事件」の美形人気キャラ、井沢研太郎が登場!!
     そしてアゴ。
    金田一永遠のライバル、高遠遙一登場!!
     かなりアゴ。
    人気キャラ露出アップ大作戦!!
     容疑者、被害者の出番大幅カット。
    初心者でも安心して推理!!
     メイントリックはその場で解けるウォーミングアップクイズレベル。
    ページをめくるドキドキ!!
     「謎はすべて解けた」から話をまたがず真犯人指摘(長編史上初の試み)。
    新感覚!!
     怪人なし。真相当てクイズなし(雑誌掲載時)。
    想像力が試される玄人仕様!!
     動機解明のための伏線、前フリなし(これも長編史上初)。
    お笑い成分大幅増量!!
     解等編でのギャグ挿入で明るい告発。


    <単行本修正情報>

    ■全体的な修正
  • 一人称 オレ→俺(金田一、井沢他)

  • 火祀星子一人称 私→あたし

  • なに、なん→何

  • あと→後

  • たしか→確か

  • 奴→ヤツ

  • 儀式の間の表記―全箇所で「儀式の間」(カッコ付き)に統一

  • 台詞の改行箇所変更、スペース多数


  • ■各話の修正

    第1話
  • 井沢君の・・・・→井沢君の・・・・?(美雪)

  • 海崎年齢加筆(40)

  • 通り→とおり(海崎)

  • 一体→1体(井沢)

  • 同じ様に→同じように(井沢)

  • ボク→僕(井沢)


  • 第2話
  • ホント→本当(美雪)

  • 文様→模様(金田一)

  • あなた方→あなたがた(剣持)

  • 七瀬くん→七瀬君(剣持)

  • ご心配→御心配(黒瓜)


  • 第3話
  • 葡萄の館→「葡萄の館」(金田一)

  • ドアフック→壁フック(金田一)

  • サロン→儀式の間(金田一、井沢)

  • いそがないと→急がないと(井沢)

  • みちびきたまえ→導きたまえ(星子)


  • 第4話
  • こーみえて→こー見えて(金田一)

  • 8人全員→9人全員(金田一)

  • くれているので→くれているので・・・・・・・・(星子)

  • サロンにいなかった→居間にいなかった(金田一)

  • 4 5分→4~5分(井沢)

  • みせかける→見せかける(金田一)

  • 吊らせたあと→吊らせた後(金田一)

  • 皆さん→みなさん(黒瓜)

  • ご心配→御心配(黒瓜)

  • 一人→ひとり(黒瓜)


  • 第5話
  • 去って下さい→去ってください(高遠)

  • グッドラック→Good Luck(高遠)


  • 第6話
  • 研太郎君→井沢君(美雪)

  • 左巻き、右巻き、巻き方→左から、右から、巻く方向(金田一)


  • 第7話
  • 君は→キミは(剣持)

  • コンピューター→コンピュータ(井沢)


  • 第8話
  • エビフライを食べる井沢妹の作画修正

  • なんでもいい→なんでもいい!(星子)

  • 邪宗館の事件→「邪宗館の事件」(井沢)

  • 一体→いったい(美雪)


  • ■修正総括
    大きな修正はなく、ほとんどが台詞の表記の変更や、段組の変更。
    星子の一人称は私からあたしに変更され、若干印象が変化。
    作画修正は細かく探せばもっと見つかるかもしれない。


    第8回INDEX|>


    スポンサードリンク


    第7回INDEX単行本

    第8話です。

    井沢を止めに入ったのは金田一ということで、
    海崎は空気として終わりました。
    金田一が刺されたページにはそれなりの「魅せ」を感じましたが、
    その他のページの作画の違和感は目に余るものがあります。

    星子さんたちが井沢の家族を故意に殺していなかった
    ということ自体がそれほどの救いになるとも思いませんが、
    金田一と井沢の絆を軸にしたエピローグでそこそこ綺麗にまとまった感じはあります。


    さて、黒瓜先生の替え玉は不吉な前フリ通り消されてしまいました。
    獄門塾のときの約束破り、今回の不必要な人殺しに事件への直接介入と、
    高遠の陳腐化は留まることを知りません。

    「私の完全犯罪の前で「苦い現実」を噛み締めるがいい!!」
    という意味深な発言についても、金田一に解けない完璧な犯罪計画を立てた
    つもりだったのか、あえて金田一に真相を暴かせて、
    親友の犯罪という苦い現実を突きつけるつもりだったのか、
    今となってはわかりません。
    前者なら失笑物の犯罪計画ですし、後者だったら
    ライバルとしてあまりにもみみっちい目標設定に感じます。
    傀儡子の矮小化はまだまだ続きそうです。


    ということで、アゴ高遠のコマの下でまだ出ていなかった
    「ジッチャンの名にかけて」が発動して、黒魔術殺人事件はこれにて完結。
    黒死蝶や雪影を読み直してくださいと思うほど覇気のない
    「ジッチャンの名にかけて」でしたが、この台詞に1ページ使わなかったのは評価します。


    次の連載は年末くらいになるという予告がありましが、
    今回の事件が特殊だったのか、開発現場から
    以前のような金田一構築能力が失われてしまったのかを判断できるということで、
    次の長編の出来が金田一のターニングポイントとなりそうですが、
    果たして…

    年末にまたあいましょう。

    第7回INDEX単行本


    スポンサードリンク


    第6回INDEX第8回

    普通に誰もがイメージする展開となり、
    自分の仕組んだ罠を突きつけられたことで、
    井沢が罪を認めて自白を始めました。

    事前対策として、剣持警部に相談して星子さんの
    カップから毒を検出しておき、
    カップから毒を洗い流すかカップを摩り替えておくか
    しておけばいいと思うのですが、
    そんなことはもちろんしていない様子。

    自暴自棄になった井沢が飲んだらと思うとドキドキ。
    アニメ版で変更になったボーガンミス再びといった感じ。
    とんだ原点回帰です。


    さて肝心の動機は、被害者達が井沢の家族から金を奪い、
    車内で昏倒させたことと大雪が重なり、
    排ガス逆流事故を起こして家族を死なせたということでした。

    たしかにこれなら小説と矛盾しませんが、
    あらゆる意味で後付感が漂います。

    問題編で動機に繋がる伏線や前フリがまったく出ず、
    解答編を描く時点でどうとでもなりそうな構成は長編31回目で初めて。
    問題編で前社長の出し方が意味深だったのにも特に意味はなく、
    本当に第1の殺人の件には何も触れられることなく事件は終わりそうです。


    井沢に殺しを仕向けたのは高遠だったということで、
    彼は事件をわざと解けるようにしていたのか、
    解かれない自信があったのかは気になるところ。
    井沢が高遠の指示で嫌々金田一を呼んでいたために
    いつ真相を暴かれるかひやひやしていたというのは
    ちょっと新鮮な告白です。
    だったらトリックをもうちょっと練っとけとは思いますが。


    また、第2話高遠の「彼が現れて意外」的発言は矛盾かと思いましたが、
    しっかり発言を引用すると、

    「『彼』までがここに現れるとはいささか予想外でしたね」

    となっていました。
    金田一が来ることは知っていたことから、
    どうやら彼とは剣持のことと思われます。
    どちらが予想外になりそうかというと剣持の方が予想外になりそうな気もし、
    そう仮定すると金田一が来ることは予定通りとなり、
    井沢が犯人であることの早当て用伏線だったのかもしれません。


    さて、黒魔術殺人事件も来週で最終回。
    刃を星子さんに向けて走り出した井沢ですが、
    ムーディーな雰囲気を持って、
    このまま何もしないと本当にムーディーなだけに終わる
    海崎さんが止めに入るのではないかと予想。

    ラスト1話でグダグダな幕はどうおろされるのか。
    第8話に続きます。


    第6回INDEX第8回


    スポンサードリンク