第3回INDEX第5回

第4話です。

鰐部に続き、麻木根も犯人の手にかかりました。
今回は、風呂場にて手首を切った自殺に見せかけた殺人。
カラオケを始める流れから金田一が人を呼びに行く流れで
登場人物が次々と顔を出して、その順番にいかにも重要な意味が含まれていそうであり、
細かくキャラの動向をまとめておこうかと思いもしましたが、
思った以上に面倒な作業になりそうなので、もっと簡単なアプローチを取ります。

描かれている出来事の順番が偽り無く時系列で並んでいたとして、
犯人だったときに一番意外性を演出できるのは誰か。
事が起こっている最中、一人だけ研究室(別棟)にいて、ずっと電話で中神と話していた緑川ですね。

犯人が電話中に怪人コスプレしていたことを嘘をつかないコマ割りで描写していたオペラ座館3、
犯人が電話で遠くにいたはずのQ・神隠し村。

電話をしているときの背景は黒で、体の描かれ方はバストアップか顔だけ、
そして描かれた手は受話器を持つ右手だけ。
そういう引っ掛けも可能だなとは思いつつ、
最終的には誰が犯人でも修正できるから先走っとけということで、
とりあえず9割5分緑川繭と思って推理を進めていきます

緑川が犯人で電話中に犯行に及ぶのが一番難しい筋書きとして、
それをどう行ったか組み立てると、
まず、どうやってをすっとばして、3階の空室にある黒電話で受ける。
そして「研究棟で電話している」というアリバイを作りつつ、
電話線が延長されているか何やかんやで持ち歩ける黒電話を持って
電話をしながらバスタブに眠らせた麻木根の部屋に行く、もしくは
電話用ハンズフリーアダプター(←リンク先の機能を参照)
に通話を切り替えて両手の空いた状態で麻木根の部屋に行く。
そして麻木根の手首を切り、空室に戻る。
もちろんバスタブには、ドアからの水漏れですぐ人が気づくように湯を満たしておいてある、
という流れ。

3階には麻木根しか配置していないため、犯行がしやすいといった感じ。

すっとばした、どうやって3階の空室に電話をかけさせたかの部分は、
例えばすぐいじれる場所にある、昭和っぽい都合のいい電話交換機が存在していて、
ちょっと繋ぎを変えるだけで研究棟に繋がる電話線を宿泊棟3階に繋げることができる、
または地味に目立たなく電話線を延長して研究棟の電話を宿泊棟3階まで
持ってきている、などなど。他には電話線を一部無線にしているなども考えましたが、
それを実現するのは意外と難しいようです。

電話のタイミングなど、ものすごく緑川の都合のいいように事が起こらないと
難しいと思いますが、盗聴器で状況を把握していたとか、
葉島の見回りで見つけさせようとしていたとか、もうちょっと上手いことやっているかもしれません。


と、残り5分の可能性と言う感じに、一応弟が死んでいて
動機を作れそうな葉島を犯人とした場合の筋書きも考えておくと、
注射器で麻木根の血を抜いて、それを浴槽にぶちまけておく。
誰かが発見したのを見計らって部屋を追い出し、
そこで麻木根の手首を切って殺す、
次号以降で、さも自室にいて偶然来たかのように装うも、
第4話の(人の移動の)状況を整理したときに、それが嘘だと発覚する、
なんてことも考えたりしました。

というところまで組み立てたので、後は手掛かりを待ちます。


動機についても何となく提示された感があります。
2年前に起こった、自殺と自殺未遂の事件の概要ですが、
自殺者は緑川父と葉島弟。
そして自殺未遂の3名は、鰐部・麻木根・谷瀬の三人。
普通に2名が殺害されており、
他3名がそれをカモフラージュするために
自身の未遂事件を起こしてるように見えますが果たして。


そして、恒例の見取り図も4話にして公開されました。
コメントを頂いて組み立てた鰐部殺しのトリックが簡単にはまってくれる感じではなさそうです。
まず、1階の部屋に空きはなく、3階を1階と錯覚させるトリックは使用不可。
そして2階に1つの空き部屋。ここのシャワーを出なくして、
3階に移動させた可能性が高くなってきました。
3階に部屋を移動させた上で無い渡り廊下を歩かせる方法を考えなくてはならなそうです。
コメントで頂いている、

●鰐部だけ3階に渡り廊下が残っていると思い込ませる
●非常口ピクトグラムなどの掲示で誘導する

のどちらも難しいかなと感じていますが、例えば実は研究棟から落とした等も思いついたものの
落下時の絵的にそれもなさそうで、上記2案がとっかかりになりそうな気もします。
そして恐らく、見取り図と実際の建物の窓の有無については矛盾だらけになっていそうです。
もうちょっと考えてみようと思いますが、とりあえずここで一区切りしておきます…

という感じで、第4話の推理はここまで。

第5話に続きます。


【追記 2012/03/28】

>とりあえず9割5分緑川繭と思って推理を進めていきます

と言っておきながら、中神を疑うコメントをお二方からいただき、
さっそく心が揺らぎました。

全然気にしていませんでしたが、
確かに通話中の中神の背景も金田一が出て行ってから黒、
そして受話器描写なし。
さらに3階までの独自ルートあり。

ここで、リンクを貼っていた電話用ハンズフリーアダプターを
ワイヤレスと思ってましたが、勘違いでしたので
もうちょっと適切なアイテムを探しました。

携帯電話用Bluetoothヘッドセットが家庭用電話で使えるPrinceton PTM-TA1
携帯も固定も“これ1つ”でワイヤレス──「Voyager 510SL」を試す

通話中に固定電話で受けた電話を、
ワイヤレスのヘッドセットで受けることができる素敵アイテムです。
これで電話をしながら3階に行き、帰ってくることが可能になります。
しかし、誰にも見つからずにどうやって3階まで行き、そして戻ってくるのか。
見取り図を見てみると、階段は2つあり、カラオケルーム近くの
真ん中にある方が金田一が移動するにも近そうなのですが、
あえて遠い方の階段を使っているように見えます。
これは見取り図の1階部分を良く見ると外からも上がれるようになっていて、
さらにドアが付いていることから
屋外についている階段ということが読み取れます。
例えば普段は施錠されているとすれば、
他の人が真ん中の階段を使えず、
中神はカラオケルームの窓から外に出て、屋外の階段で人知れず3階に行き、
帰ってくることができます。

hitokui.jpg

さらに、電話をかけた時間に無尽蔵のチェックをすることが決まっており
確実に研究棟にいて電話が確実に繋がる緑川は、アリバイを証明させるのにも最適。

金田一達にみんなを呼びに行かせ、最後に麻木根にたどり着かせる、
確かに緑川に犯行を行わせるよりしっくりきてしまいました。
思わぬ人が思わぬ場所にいる、また思わぬ方に行ってしまう
現実的な問題点と時間管理のシビアさは置いておいて、
組み立ててみるとそうとしか思えなくなってきました。

出ないシャワーの件についても、これが鰐部の部屋を移動させることが目的として、
3階以外に変える部屋がない状態で、
2階の鰐部の部屋のシャワーに細工をして3階に移動させるという
ことをわざわざしなくてはいけなかったことと
中神が犯人であるという説と馴染みます。

とりあえず9割6分中神深志と思って推理を進めていきます
最近こんな感じに適当に論を転じてばかりな気がしますが、
毒島が100%とか言って恥ずかしい思いをした上での9割表現
(犯人確定という表現は本当に100%確信のときにしか用いたことはありませんが)。
また目星が変わったら1分づつ増やしていっても10割までには
きちんと犯人確定できるでしょう。

としたときに一番のネックが、呼んだらすぐに
カラオケルームに着いてしまう距離の谷瀬をどうするか。
財前を呼んで行くというのが当然の流れですが、財前を呼ぶ、または待たせるという
行為をさせて二人のカラオケBOX到着を遅らせるにはどうしたらよいか。
例えば、財前に下剤を仕込んでいてトイレに行ったタイミングで事を起こしているとか、
はたまた別の場所に誘導しているか・・・
谷瀬が操られて死ぬ共犯関係という筋書きが手っ取り早いですが、
もうちょっと考えてみます。

第3回INDEX第5回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

読んでなさそうなコメントはさくっと削除する可能性がありますのでご了承ください。

スポンサードリンク


第2回INDEX第4回

第3話です。

第2話の終わりから若干作中の時間が遡ったのか、第3話の途中で転落したっぽい感じに
鰐部がはっきりと第1の被害者になりました。
すでに錯覚を利用した具体的なトリック予想のコメントをいただいており、
枝葉はどうあれ、鰐部落ちるつもりもないのに落ちたことは間違いないと思われますが、
鰐部が声を出して転落したと思われる時間には管理人を除いて
全員がカラオケルームに集合中ということで、
第1の殺人にはアリバイトリックの要素も含まれるようです。

最初のオペラ座館の事件のように、ある条件で音が漏れないことを利用し、
録音した悲鳴や物音を後で流して、先に殺しておいた鰐部をアリバイがあるときに
死んだように見せかける…という筋書きもあるかもしれませんが、
第3話最後の黒い人の独り言から「上手く行き過ぎて後に引けない」
というニュアンスを汲み取って、
「綺麗に発動してくれた遠隔的な殺人トリック」を予想しておきます。

ベースはコメントいただいている、追記に載せた
「1階で眠らせて3階で起こして錯覚させる」という方向で組み立てると、
人を死に追いやっているであろう鰐部に自責の念でも残っているならば、
自動でフラスコを割って、加えて自動で「緑川父風の恐ろしい声」でも流してあげれば
錯乱して部屋を飛び出すのではないでしょうか。
フラスコを割る方法は、何やかんやの化学反応で密閉されたフラスコが
破裂…といった感じで、実は元から床に置かれていたりして、
入れ歯洗浄剤の使いどころはここらへんかと予想しておきます。

そうした流れで考えると…というかそうした流れで考えなくても
第3話で怪しく見えてくるのが中神です。
カラオケに鰐部を誘うも不穏な様子で
断られたことを証言し、回想っぽい描写もありましたが、あくまでこれは証言。
麻木根もうっかり誘い忘れ。
タイミングよく物音を察知し、鰐部のもとに駆けつける自然な流れを作り、
死体発見後には一人別行動をしていました。
アリバイのあやふやな感じがまず犯人たりえない管理人を除き
一応全員疑えるなか、犯人確率が頭一つ上がりました。


さて、第1の殺人以外では、
緑川が中学生の時に出した暗号クイズについて言及がありましたが、
こちらも気になります。

「いつかどこかで、ありがと」

果たしてこれは正解か否か。
現状そうと思われるこれが、第3話で若干不安になってしまいました。
「解けた」けれど違和感があるという金田一に対して
『「答え」にたどり着いていない』ことを察した緑川。
さらに、「金田一に特に解けないような仕掛けが入っている」
というヒントまで出されました。

思えば第1話でも、解けているけれど答え合わせで確かめたい
というニュアンスが台詞に入っていたんですよね。
金田一の違和感次第では、現状正解と思っているものが
ひっくり返る可能性があるわけですが、
果たして金田一の違和感とは何か。

これが例えば数字部分の「ありがと」しか解けていないとすれば、
意味ありげな苗字部分にもなにかありそうでしっくりきてないという
ことで違和感を説明できそうな気がします。

しかし、苗字の後ろを拾っていったときに

「いつがとこかで」

が濁点で素直に

「いつかどこかで」

と、ならないことへの違和感だと、
まだ何か隠されている可能性もありそうです。
後ろが「か」になっている苗字も「ど」になっている苗字も
普通に思いつけるはずなので(例えば前者は「友近」「大塚」、後者は「寺門」「宍戸」など)
ちょっと今正解しているのか、気をつけた方がよさそうです。
(最も、金田一はモールス信号を解いて出た完璧な文章まで、
 意外な内容だったため「俺の解き方が間違っているのか?」
 的に頭を悩ませていたこともあったので考えすぎも注意した方が良いですが)

これが、緑川父が残した「暗号めいた内容のメッセージ」を解き明かす
重要なヒントになってきそうですが、
とりあえず、まず金田一が「解ける」タイミングでも待つことにします。

それにしても、緑川父、谷瀬を含めた5人が自殺をはかった2年前の真相とは何か、
きちんと答えを用意していてくれるなら面白いことになりそうです。


あとは、「毎日決まった時間に起こる停電」に注意、とい言いたいところですが、
ここまでくると伏線というより前フリなのであえて口に出すことに恥ずかしさすら覚えますが、
やっぱり注意しましょう!という感じに締めて、第3話の推理はここまで。

第4話に続きます。

第2回INDEX第4回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

読んでなさそうなコメントはさくっと削除する可能性がありますのでご了承ください。


スポンサードリンク


第1回INDEX第3回

第2話です。

まず、今号の推理を進める前に第1話の暗号について。
結論から言うと、正解を見てしまいました。

今回、20thということで金田一は内外の展開に力を入れていて、
その外の活動の一環としてニコニコ動画でも
特設ページを設けてヒントを出したり、コメントを寄せられるようにしたりと
独自企画を展開していました。

あえてリンクは貼りませんが、1番目のヒントとして暗号がピックアップされ、
そこにコメントできるようにしてりました。
安易な死亡フラグにやられるがごとく、そこをクリックしたら、
素早く全て気づいた方の答えが…orz
ということで単刀直入に知ってしまった答えを書いておくと、

A
たかR
I
とりもG
てらさA
ふじおT
とりO

濁点はさらっと都合よく変えて、
ありがと、いつかどこかで」。

解答された方は「強引ですが」と言っておられましたが、
これは正解ですね、すごいです。

orz

ということで、解けなかったところで非常にウエイトの大きい手がかりを
手に入れてしまった感は否めませんが、見てしまったことはしょうがない。
ニコニコの特設ページも、非常に凝っていて是非とも参加したい魅力がありますが、
1回しかできない推理を程よい難易度で楽しもうとしたときにバランス崩壊を起こしそうなので、
当ブログでは真相当てクイズに自分なりの答えを提示するまでは
封印しておきたいと思いますので、ブログの読者でコメント参加したい…という方は
縛りにお付き合いいただければ幸いです。


前号の話が長くなりましたが、ここからは第2話のおはなしです。
今回は、緑川達の行っている研究について触れられ、
そして被害者専用キャラの風格を持った宿泊客、
鰐部が順当にあの世への扉を開けてしまいました。


語られた研究内容、オイルをつくる藻類の「オーランチオキトリウム」、
「無尽藻」等の内容については
20thの記念サイトの今週の「気になることば」【リンク:オーランチオキトリウム
に任せて、研究関係で前フリめいたところをまとめておくと、

●緑川父は「緑川因子」という大きな研究成果を上げた直後に死亡している
●緑川父は鰐部、麻木根、谷瀬の前で焼身自殺した、とされている
●鰐部、麻木根はとある会社の命令で「宝探し」している

といったところ。
また、トリック方向では、「藻が広がった水槽」は
何かを隠すのに適しているようにも思われます。

さらに、観光客・谷瀬あやねが元研究員であることも明らかになり、
加えて彼女がつり橋を落とした張本人でもあったわけですが、
ポイントは

●谷瀬あやねと犯人の思惑は一致しているのか

共犯とか偶然とか、色々予想は広げられますが、
操られて殺される半共犯的な関係が一番多く簡単なパターン。
2個ある別の計画が動いている可能性だけ頭の隅に残しておきます。
また、谷瀬が関係者と判明したことで、立ち位置が逆に特別になるのが
彼女の同行者、財前乙彦。一人だけ無関係という、
ある意味最も犯人らしくない要素が意外な犯人要素になるので、一応注意した方が
いいかもしれません。
さっそく建物の特殊な事情を用いた殺人が起こったため、
あまりにも建物に関係なさそうな彼が犯人である可能性は低いと思われますが…。

その他、気になるところは、
悪夢を見た金田一と、寝不足の美雪。
中神によると、いわくつきという宿泊所ということで
何らかのオカルトエピソードが存在している流れですが、
同時に物理的に悪夢や寝不足を起こす人への不快要因が存在するか、
何か仕掛けられた可能性などがあったりと、
事件に関わってきそうな匂いも感じます。

また、「仁久井冬虫夏草」の解説をしてくれた小鷹さんは、
菌類アドバイザーとして活躍してくれるかもしれません。


最後に、第1の被害者(直前)の鰐部について。
宿泊棟に繋がる渡り廊下の無くなり、
研究棟3階に残ってしまった危険な扉から追い詰められて転落してしまった彼ですが、
「何故」転落してしまったのか。

という感じでまだまだ序盤。第2話の推理はここまで。

第3話に続きます。


【追記 2012/03/14】

頂いたコメントで、鰐部の殺害トリックについて言及があったため
掲載させていただきます。

>トリックが使われているとしたら「今いる階を錯覚させた」と思います。
>2,3階は途切れており1階は渡り廊下繋がっています
>(ここでは鰐部も知っていると仮定します)。
>鰐部は犯人に襲われた際、1階にいると思い込み
>渡り廊下へ逃げようとして3階から落下してしまったのでしょう。

>宿泊施設であり、階違いの同じ位置の部屋の間取りや家具などは
>ほとんど同じでしょう。現時点の推理では犯人は1階の部屋で
>寝ていた鰐部(眠らしたかもしれません)と荷物
>を3階の同じ位置の空き部屋に運び1階の部屋を再現する。
>その後、起した後にすぐに襲う。
>鰐部は窓の外などを確認する間もなく逃げ、
>結果落下してしまう。再び、荷物を1階に戻す。

お見事!2話時点では厳密には死んでもいない鰐部ですが、
鰐部殺害トリックはこれで正解と思われます。
さて、これで正解だと仮定した場合、
もう一歩仮定を重ねて遊べる気がしたので追記します。

これまでの経験から言って、部屋や舞台のセッティングができる人物
(ゲストを迎え入れる側)の犯人確率が圧倒的な金田一世界・

トリックを成功させる上で、
部屋割りの変更があったかはひとまず置いておいて、
鰐部に最終的に割り振られた部屋は1階である必要があり、
例えば2階や3階に割り振られる可能性もあるわけで、
今回も部屋割りできる人物が犯人になりそうな感じです。
また、1階の部屋に似た3階の部屋がないと実行できず、
そのとき例えば1階と3階の部屋の間取りは同じでも
どちらかの部屋が物置になっているということもあり得、
きちんと3階に移動させたときに騙せる1階の部屋に
入れておく必要があるかもしれません。

1階にしか人を泊めないという慣習的があるとか、
1階のどの部屋に泊められても容易に騙せる環境になっているとか
条件を加えれば、仮に部屋割りできない人物が犯人であったとしても、
トリックを実行することは可能になりますが、
部屋割りできない人間を犯人にしてややこしい条件を通す
(ために事細かに伏線や解説のページを設ける)より
単純に部屋割りできる人間を犯人にする可能性が高いかなと現時点では予想しています。

そうすると、有力な犯人候補は二人。
一人はもちろん研究所管理人・葉島秋也。

そしてもう一人外せないのが緑川繭です。
部屋割りなどは普通、管理人が決めそうに思いますが、
第2話では鰐部がシャワーが出ないという理由で
緑川に部屋替えを希望しています。
要望をダシに嫌なことを言いに来たとか秘密を探りに来たとか
管理人が部屋決めをしているけれども
わざわざ緑川に言いに来た可能性もありますが、
単純に緑川が部屋を割り振っているという可能性もあるため
やはり候補として有力です。

鰐部の最初の部屋にシャワーが出なかった理由も気になり、
コメントでは3階から1階に移して
1階にいることを印象付けるという推理をされておりますが、
他にはセッティング的にそのシャワーの出ない部屋のほうが都合よく、
その後理由をつけて部屋を変えてもらえなかったとか、
部屋割りを決める人物が誰かを作中に出しておくための伏線や前フリとか、
いくつか考えられる気がします。

ということで緑川と葉島、
この二人に注意していきたいと思います。


【追記2 2012/03/15】

金田一達は睡眠薬を盛られていたかもというコメントをいただき、
返信にも書いていますが、
美雪が眠れないと言っていたため
睡眠薬ではないような気はしていましたが、
悪夢と頭痛で眠れてない気がしてしまった、というのもアリ
な気がしてきました。

何も起こっていない1日目に睡眠薬を飲まされていたと仮定して、
果たしてその意図は…。
起きないことのテストや分量調節のテストか…。

そんな感じに、
2日目の夜に鰐部に睡眠薬を盛って一時眠らせたことに
繋がっていく気もします。
(ちなみに睡眠薬を盛りやすいのは管理人ですが、
ここは誰でも盛れる程度の認識をしといた方がよさそうです)

さて、追記1で部屋割りを決めている可能性のある緑川と葉島が
怪しいと予想を立てていますが、シャワーの件を考えると、
逆もありえるという気がしてきました。

逆とは、部屋割りを行えない研究所メンバーの3人のうちの一人が犯人ということ。
錯覚による転落トリックを行うことを前提に部屋位置を決める場合、
最初から1階の都合の良い部屋に鰐部を割り振っておくだけで、
下準備は完了するかと思えるので、
(コメントでおっしゃられていた3階⇒1階に変更することでの
 印象付けは効果的ですが必ずしも必要ではないと考えています)
シャワーの件で鰐部の部屋を移動させたのだとすると、
寧ろ部屋を決める立場にない人物が鰐部を
移動させるために行った可能性もあるのかと思った次第です。
まだ2話なので想像を色々膨らますことは可能ですが、

●鰐部は実際に部屋を変えたのか
 ―犯人がわざわざシャワーを直した可能性もあり
●シャワーが出ない範囲
 ―鰐部の最初の部屋とか、下手したら2階全部とか
●部屋をどこに変えたか
 ―2・3⇒1なら予想に違わぬトリックが行われている可能性大
●何故シャワーは出なかったのか、現在出るのか

ここらへんを念頭に入れておけば
手がかりが出たときにすんなり思考を進めることができそうです。


第1回INDEX第3回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

読んでなさそうなコメントはさくっと削除する可能性がありますのでご了承ください。


スポンサードリンク


<|INDEX第2回

金田一少年の事件簿第II期9番目の長編、人喰い研究所殺人事件の第1話です。
まずは、金田一少年の事件簿 20周年おめでとうございます。
劇中で、ポケベルを使っていた金田一も、携帯で検索をかける時代になりました。
そんな作品を追いかけ続けているこのブログも、細く長く、
結構長く続けているもんだとしみじみ。
ジャンプ・マガジン感想や暗号コンテンツも載せていた
Tripodのフリースペース時代なんかはちょっと覚えているんですが、
獄門塾殺人事件まではてなダイアリーでやってたはずが、
記憶がすっぽりぬけてしまっています。
と言っても通じないブログの歴史を投げやりに振り返りつつ、
今年は20周年記念として、記念サイトが立ち上がったりして、
連載がなんと1年間続くようです。
事件が長編である限りは、なるべく気合を入れていこうと思います。

リンク:金田一少年の事件簿 20th

そんなわけで、情報はtwitterの天樹氏アカント、金田一少年20thアカウント、
20thサイトのみにしぼっていつものごとく推理していこうと思いますので
よろしくお付き合いください。


ではまず第1話です。
今回の始まりは、もう何度目かとなる旧友との再会ため、
昭和の古い町の面影を残す陸の孤島、仁久井村(ヒトクイ)村にやって来ました。

旧友の名前は「緑川繭」。
金田一達と同級生ながら研究所の所長を務める天才少女である彼女に案内され、
懐かしい景色の奥で向かい入れられたのが仁久井村・未来エネルギー開発研究所、
またの名を人喰い研究所。
そしてその夜、お馴染の橋ファイヤーで帰れない状態…
というのが大雑把な1話の流れでした。

登場人物は、研究所の人間と、観光客に、
「宝探し」に来たという研究所の宿泊者が顔見せしました。

●緑川繭(17) 研究所所長
●中神深志(32) 副所長
●小鷹美苗(30) 研究員
●財前乙彦(28) 観光客
●谷瀬あやね(28) 観光客
●葉島秋也(42) 研究所管理人
●麻木根司(34) 宿泊者
●鰐部鋭介(33) 宿泊者

ほぼ登場人物紹介に終わり、
村には何か「宝」が眠っているようで、
亡くなっているという緑川の父、そして研究、
そこらへんが事件に関わってくるっぽい流れになっているようです。

順当に考えれば、
今後事件が起きる場所にもよりますが、
緑川を含めた研究所(村側)の人間が
トリックを練ることが自然にできるため
犯人である可能性が高い…
とパターンを言わなくても、観光客と宿泊者の顔が
殺され面をしています。
あと、葉島が若干コピペっぽい感じです。

さて、導入らしい1話目でポイントとなりそうなのがまず
金田一が購入するはめになった物品。
入れ歯洗浄剤ハブラシ、カロリーメイトとウィダー(インゼリー?)、
もろもろ計3200円。
入れ歯洗浄剤とハブラシから、非常に有効活躍してくれそうな
オーラが出ています。


そして、おそらく第1話のメイン、緑川が中学生時代に出題した暗号。


甲斐君は1、高津さんは18、
曽我さんが9で、鳥本さんは7、
寺迫君は1、藤岡君が20で
鳥手さんが15、


さてこの答えは。
こちらの暗号、さんざんややこしく考えてみて
1時間ぐらいあれこれ試しながら解けずに
ドツボに嵌ってしまいましたが、
そのヒントは20thの記念サイトにありました。

リンク:今週の「気になる言葉」【洞察問題】

毎週、作中の気になる言葉をピックアップして解説してくれるようで、
初回は緑川が発した「洞察問題」がその対象になっていました。

>「洞察問題」というのは、一見しただけでは
>どうやって解いたらいいか分からないけれど、
>分かってみればそっかあ!と声を上げたくなるような問題のことです。
>要するに発想の転換が必要になるような問題のことですね。

いかにも暗号がこの「洞察問題」に対応しそうな前フリ。
しかも、簡単に解そうな口ぶりです。

甲斐君は1、高津さんは18、
曽我さんが9で、鳥本さんは7、
寺迫君は1、藤岡君が20で
鳥手さんが15、

甲斐君-1
高津さん-18
曽我さん-9
鳥本さん-7
寺迫君-1
藤岡君-20
鳥手さん-15

甲斐君-A
高津さん-R
曽我さん-I
鳥本さん-G
寺迫君-A
藤岡君-T
鳥手さん-O

「アリガト」。

嫌らしいフェイクで頭の固い自分は小一時間悩み続けましたが、
わかれば一瞬という、なるほど身をもって理解した「洞察問題」。
他に何か隠れているかもしれませんが、
これを答えておけば現時点では意図通りといった感じでしょうか。

どういう意味の「アリガト」なのでしょうか。
金田一が答えるのをもったいぶったクイズというのは、
ナベアツが殺されることが第2話で予想できた「魔犬の森」のごとく、
緑川に暗号を残す機会が与えられてしまいそうで少々不安です。

「はじめちゃん、繭ちゃんが出した暗号の答えって何だったの?」
「ああ、あれはさ… …なんてこった、これも洞察問題だったんだ…」
「謎はすべて解けた!」

なんて想像してしまいます。
犯人として緑川が捕まった後に暗号の意味を教えてもらうなんて
未来もありそう、もちろん普通に犯人じゃなくても
エピローグで暗号が明らかになる展開もありそうですが。


さて、ラスト橋を燃やした黒い人は、
白衣を着ているようにも見えますが果たして…。
という感じで第1話の推理はここまで。

第2話に続きます。

<|INDEX第2回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

読んでなさそうなコメントはさくっと削除する可能性がありますのでご了承ください。


スポンサードリンク