2←INDEX→4

第3話です。

オッサンの若かりし頃がそれなりにオッサンで安心しました。

肝心のアリバイトリックは、
地震のことに触れた曲2と曲3の間のトークと曲紹介部分以外は録音、かつ
6曲目と7曲目の曲紹介は受けたリクエストをその場で喋って録音したものを
流した、なので曲5の終りから曲7までは事前の録音とその場の録音を組み合わせた
嘘生放送になっていたという感じでしょうか。

14時半に現場を抜け出すために、録音を使って時間配分を調節した結果1トークが
8分になったものの、、地震のリアクションをしておくために行った生放送部分だけ
7分半になってしまったため、曲を30秒伸ばして調節したんですね、多分。

第4話に続きます。

2←INDEX→4


スポンサードリンク


1←INDEX→3

学生明智健悟の事件簿、第2話です。

大事なのは「外はあいにく雨が降ってきたようですが」という失言ですが、
可愛いけどいかにもアシスタント絵の鶴丸子さんがの方が気になるところです。
実在のアーティストと曲名を出しつつ、歌詞は出さないことで、
「時には娼婦のように」の時のようにJASRACにお金を払うことなく
ラジオ番組の雰囲気だけつくっているのも見所でした。

最後には若かりし頃の剣持さん(警部補)も登場。

登場時に性格が悪いキャラは、次回登場時以降どころか
過去に遡ってまでいい人化、美形化してしまうというのは明智さんでお馴染みですが、
剣持のオッサンはどう描かれて、オペラ座館におけるオッサンがどれくらい浮くことになるのかが
次回のポイントになりそうです。

第3話に続きます。

1←INDEX→3

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク