上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


<前の事件|INDEX次の事件


<犯人>

  • 能条光三郎
  • 劇団「幻想」男優
    長身の力強い体格に似合わない整った目鼻立ちの美青年。
    口汚い言葉で他者を罵る自分本位の女たらしは仮の姿。
    恋人の黒沢美歌の死の真相を知ったその日から、
    彼女を自殺に追い込んだ3人に復讐を果たすために
    全てを敵にまわす終わらない悪役を演じ続けた気高い犯人。
    3人の殺害後、ビデオテープ隠滅のため訪れた
    滝沢のマンションで逮捕された。



    <被害者>

  • 能条聖子
  • 劇団「幻想」女優で、能条光三郎の妻。
    劇団の理事長で財閥の当主でもある人物を父に持ち、
    高圧的でワカガマでカンシャク持ち。
    能条光三郎と黒沢美歌の仲を引き裂くために、
    滝沢と緑川に彼女を襲わせ、
    能条の性を手に入れる。
    絞殺
    死体の上にはオペラ座の怪人の「カルカロッタ」のように
    シャンデリアが落とされ、血肉のかたまりになった。


  • 緑川由紀夫
  • 劇団「幻想」男優
    痩せぎすで長髪の不健康顔のパシリ男。
    小心者だが権威主義。
    口数が多い。
    能条聖子の命で黒沢美歌を襲う。
    絞殺
    死亡後、刺し傷を付けられた状態で給水糟に放り込まれ、
    「フィリップ伯爵」として血の海を漂っていた。


  • 滝沢厚
  • 劇団「幻想」男優
    目鼻立ちは整っているが、デブ。
    ナルシストで、色と欲の塊のような男。
    能条聖子の命で黒沢美歌を襲い、
    その様子をビデオテープに収める。
    絞殺
    死体は「ジョセフ・ビュケ」として木に吊るされ、
    ワープロの遺書によって犯人に仕立て上げられた。



    <容疑者>

  • 黒沢和馬
  • リゾートホテル「オペラ座館」オーナー
    左頬に、愛娘を失った衝動による自傷の痕が残っている。
    実は、日本で5本の指に入ると言われた劇団『幻想』の演出家。


  • 加奈井理央
  • 劇団「幻想」女優
    幼い顔立ちをしたショートカットの女性。
    ノーブラタンクトップで人前に出るような軽い女
    を装っているが、人をよく見て行動している。
    黒沢オーナーの前では乙女チックな面を見せる。
    黒沢美歌の親友。


  • 間久部青次
  • 画家
    極度のアレルギー体質で、
    その素顔をゴーグルと大きなマスクで覆っている。
    黒沢和馬と昔から付き合いのあるオペラ座館の常連で、
    館の近くには彼のためにアトリエまで建てられている。
    人物の本質を見抜き、絵に表現する才能を持つ。


  • 江口六郎
  • W大学の学生
    普通に好青年。
    夏休みのたびにオペラ座館にアルバイトに来ている。
    黒沢美歌の高校時代の同級生で、彼女に憧れていた。



    <事件関係者>

  • 黒沢美歌
  • 劇団「幻想」女優で、黒沢和馬の娘。
    無垢で、それでいて華やかな、才気あふれる美貌の女性だった。
    能条光三郎と本気で愛し合い婚約までする仲となっていたが、
    滝沢と緑川に穢され、4年前に失意のうちに自ら命を絶った


  • 結城英作
  • 横浜で開業医をしている。
    前回の事件以来オペラ座館を気に入り、週末によく来ていた。
    相変わらずの不審者ぶりだが金田一に信用されている様子で、
    容疑者というよりは完全に検死役。



    <レギュラー>

  • 七瀬美雪


  • 剣持勇


  • <前の事件|INDEX次の事件


    スポンサードリンク


      
    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/173-eee575c5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


         
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。