上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


第8回INDEX第10回

「謎はすべて解けた!!」

第9話です。

何やらものすごい勢いで金田一が手がかりを見つけ出してついに真相へ。

とりあえず今回の伏線を登場順に並べていくと、

・鉄骨の上からところどころなくなっている埃
・不自然に長いワイヤー
・「こんな足でできるか!噛まれたらどうする!」
 「毒グモであることには違いないもの!」
・外に出て「そうか!」
・ダブル砂時計
・三鬼谷の手の「LEONA LOVE」
・電動リールを見て「ま・・・・まさか・・・」
・客席下の節穴を見て「やっぱりそうか・・」
・謎はすべて解けたのきっかけ

と盛りだくさん。
これらのピースが全部ピッタリ当てはまれば事件は解決。
逆にピースが余ってしまうとやっかいだったりします。

ということでこれらの手がかりから各事件を推理していきます。


まず1番簡単そうな第2の事件。
今回出た手がかりは

・ダブル砂時計
・三鬼谷の手の「LEONA LOVE」

もう偽左手とかの入り込む余地なしです。
さて、金田一が1分計と2分計の砂を同時に落として
第2の事件のアリバイトリックに気づきました。

つまり、屋敷にいてレオナの部屋の窓を割った犯人が
離れの塔まで行って三鬼谷を殺して屋敷に戻るのは無理でも、
道の半分まで三鬼谷が来てくれるなら往復の時間も半分になって、
殺人が可能というものですね。

左手をお持ち帰って塔で見つけたフリをすれば塔が殺害現場と
されてアリバイトリック完了。

特に足の怪我が演技であることの確証もなかったわけですが、
(そりゃ結城先生もお呼ばれされないわけです)
誰が三鬼谷に怪我の演技をさせて呼び出すことができたかというと


・三鬼谷の手の「LEONA LOVE」

ってそのまんまですがレオナですね。
レオナが「犯人を捕まえるために協力して」などといえば
すんなり納得しそうで、逆にそれ以外の人が
演技をさせて呼び出すのは難しそうです。


次に第1の事件。

シャンデリア落としのヒントは

・鉄骨の上からところどころなくなっている埃
・不自然に長いワイヤー
・電動リールを見て「ま・・・・まさか・・・」
・客席下の節穴を見て「やっぱりそうか・・」

これまたドライアイスがどうとかの入り込む余地なしでした。
一番の手がかりは「客席下の節穴」で、
トリックは大雑把に、ワイヤーを節穴から床下の空間を通して、
客席下の節穴まで引っ張って固定しておき、
ワイヤーを切って直接シャンデリアを落とした、という感じになると思います。

これだと、シャンデリア側のワイヤーはリールのところで切るよりも
長くなって「不自然に長いワイヤー」の説明がつき、
電動リールを見て「ま・・・・まさか・・・」と気づいたのは
電動リールには、シャンデリアを降ろしきっても余るほど、
余分にワイヤーがあるといったことだと考えられます。

さて、余ってしまいそうなピース
「鉄骨の上からところどころなくなっている埃」
このいかにもコナンチックな手がかり、いまいちどのように
埃がなくなっているかわからないのですが、
ワイヤーを節穴に通しているので本来リールから伸びている
場合には触らないところでワイヤーが鉄骨を触って
埃が落ちた、って感じでしょうか。

こう、いまいちしっくりこない場合どこかしら違うことが多い・・・。

あと、このトリックを行っているとすると問題なのはリール側のワイヤー。
客席下でワイヤーを切ると、リール側でもワイヤーが不自然に長くなってしまいそうです。
実際にはそのような痕跡は残っていません。

一番楽なのは、ワイヤーはリールにぎちぎちに巻かれているので、切られて
ワイヤーが短くなって節穴を出てくれること。
ちょっと無理がありますね。
果たしてシャンデリアを落とした後ワイヤーを巻き取る時間はあったのか。

「最初から切られていた」と言う可能性もあって、その場合
シャンデリアを落とした後ワイヤーを巻き取る必要は無くなりますが、
今度は事件前にワイヤーを見てばれる可能性と、
200キロのシャンデリアのワイヤーを一旦切って再び(客席下あたりで)固定できるかの問題が出てきます。

来週問題編がもう1話あってヒントもあるそうなので、最終的な予想はその時に。


第3の事件のトリックについてはほぼ7話目の推理のままです。
この事件への手がかりは

・「こんな足でできるか!噛まれたらどうする!」
 「毒グモであることには違いないもの!」
・外に出て「そうか!」

の2つ。1つめは言及済みで2つめ。
これさっぱりわからなかったんですが、DsDさんのところで
「煙突から鍵を投げ入れた」という意見があってなるほどピッタリ。

偽の鍵(可燃性)はタランチュラと一緒に暖炉へ、
本当の鍵は見張りのときに隙を見て、と考えていましたが、
そうだと火にあまり近づけなくてさらにもう一人いて
確実に暖炉に鍵を投げ込むのは難しそうで、
見張りではないときに煙突から入れるのはかなり確実そうです。


さて、「乾電池が落ちていた理由」と「決定的な証拠」。
「決定的な証拠」は前回の推理の通り懐中電灯のフタで、
「乾電池が落ちていた理由」はロウソクが怖くて使えなかったからでいいと思いますが、
まだちょっと決めかねているのが「いつ懐中電灯を落としたか」。

「謎はすべて解けたのきっかけ」が、オッサンに肩車された金田一が
動いてオッサンに落とされたことだと思うのですが、
これに上手く合致しそうなのがオッサン拉致時で
レオナがオッサンを(おんぶで?)運んでいる最中にオッサンが動いて
懐中電灯を落とした、という考えですがさすがにオッサンが拉致されてからの時間を考えると、
新しい懐中電灯を持って電池やフタを回収できていそう。

そうするともう1つ考えられるのが城殺害時。
劇場に閉じ込められた城が隠し扉を見つけて中に入ってしまい、
そこでレオナともみ合いになって懐中電灯を落としたという考え。

これだと悠長に電池を探す時間もなくなり放置された理由もできてこっちが正解でしょうか。


さて最後に共犯か否か。

多分単独犯です。
理由は、共犯の疑いがある白神に第2の殺人でアリバイがなく、
白神が共犯なら城犯人説のときの推理を白神が行えて
手を切る理由がなくなるからです。

さらにまた邪道ですが、
巻末のマガジン次号予告。

「容疑者は6人、事件は3つ。キミが真犯人と思う1人と、
3つの事件の中から1つを選んで、そのトリックを暴け!」

とのこと。


ということで今回はここまで。
次回の真相当てクイズを待ちます。


第8回INDEX第10回

 

スポンサードリンク


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/19-e689de19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。