第4回INDEX第6回

第5話です。

ついに死亡確率No1の鯨木がお亡くなりになりました。
彼の場合は、持ち物のテキストを破って
カンニングペーパーとして濡れ衣を着せて強制退場。
毒針に引っかかった彼は例のごとく失踪…


また先週死亡した海堂も同様に失踪。
彼女のテスト早解きぶりに明知警視も疑惑を感じます。

先週は「彼女だけ簡単な問題を渡して早く退室させる」と推理しましたが、
しっかり彼女の答案が残っていたことから

(1)海堂には今回の難問を解かせたことがあった
(2)答案は以前解いたものだった

といったトリックになりそうです。

ということで今回のポイントは

・トイレから草太
・藍野修治
・「コレ射たないと命に関わるからさ」
・カンニングペーパー
・近衛は『燃焼』

こんな感じ。


それと、前回のタイムテーブルを改良して今号の事件を追加。





海堂と鯨木の場合も同様に、彼らの死亡時には
別グループは自習や食事でそのアリバイは不確かになっています。

海堂が死んだ直後の5時25分には、厳島と草太が顔を出していますが
草太がトイレから出てきたことには一応注意…。

さて、草太の口から今回の事件の動機に関わるであろう人物の素性が語られました。
その名は「藍野修治」。
薬の時間に「コレ射たないと命に関わるからさ」という台詞から
彼が糖尿病でインスリンの注射を射っているであろうことが予想されます。
これで命を落としたというと、後味の悪そうな真実が飛び出してきそうです。。。

また今回表を見ると分かるように太陽荘、月光荘で
2階個室での自習の時間がが被っています。

これは完全に同一の建物であるという可能性が少し低くなったかな。
2階が2つに仕切れるような構造になっているかということで
この問題は今後の展開待ちで。


そして今週のハイライト。

「近衛は『燃焼』・・」

>そして、ずばり、次回のハイライトは『見立て』です! 

という天樹先生のブログからすると、
これから近衛を始めとして次々と「失踪者」達が
「見立てられた」姿で現れるのでしょうか。

予定外の状況から出た地獄の傀儡子の「知恵」とは一体…

第6話に続きます。


第4回INDEX第6回
 

スポンサードリンク


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/27-1fb8e395
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)