第3回追記INDEX第5回

第4話です。

第3話に関しては、新たに新規ページを設けて考察を追加しているので
未読の方はそちらをご覧ください。

さて、今回は冒頭で佐木ビデオチェックが入り、
重要な情報が提示されました。

●決まっていたのは誰がどのテーブルに座るかだけ(by金田一)
●どの席に誰が座るかわからない(byロンドン)

席に指定はなかったというとがわかり、
蝶皿交換トリックの難易度は若干上がりました。
ではどうすればチャンに花柄の毒皿を割り振ることができるのか。

それではまず図で誰がどの席に来たか見てみましょう。

table8.jpg

名前の上にある数字は席に座った順。
そしてその数字じゃそのまま席の場所の説明として使います。
(厳密にはチャンは7のところで座っておりませんが)

最初に言っておくと、描写的に図のシンとチャンは逆かもしれませんが、
そこは細かいこととして大まかな流れを追ってみたいと思います。
もちろんランが犯行を行ったと仮定して。

まず、事前準備として4の席には毒の塗られた花柄の皿、
6,7の席には蝶の皿を配置しておきます。

そして本番。

まず、ランはいち早く1の席に着きます。
おそらく会場への入り口は3の方向あたりにあって、
入ってきた金田一を1の席から声をかけることによって、
金田一は2、お供の佐木は3に座ります。

一方、シンは金田一やラン(偽美雪)に後ろめたい思いがあり、
同じテーブルでもなるべく離れた4の席につきます。

また、滝川は美雪のフォローをしなくてはいけない立場であり
5へ、そしてお供をしていたアイビーは6へ。

そしてチャンはシンの隣で空いた席7へ向かうも、
皿には嫌いな蝶が描かれていたため4のシンと席を交換して…
と大体こんな流れになっていると予想します。

空いた8は佐久間の席か。

シンが7に座ってチャンが直接8に座った可能性もあったかもしれません。

色々と不確定要素で失敗するパターンは多分思いつけますが、
ランが最初に席について皆の席順を誘導したことは
間違いないと言ってしまえると思えます。

これは外れないですね、言ってしまいましょう。
香港九龍財宝殺人事件、連続殺人犯「毒龍」、
その正体は美雪そっくりのモデル、楊欄(ヤンラン)です。


と言いたいことを言って、あと第4話で判明したことやポイントをまとめると

●滝川は元香港出身の中国人で九龍城出身
●リーも九龍城出身
●ロンドンはワン・ロンの息子で九龍城出身
●ロンドンには生き別れの兄がいる
●「毒龍が全てを焼き尽くしてしまう」
●ラン、アイビーのかまかけに引っかかる

ということで、情報の上ではみんながみんな怪しい風になってきました。

そして第4話のラストでは、なんとホテルに戻ったランを
恐ろしい何かが襲いかかろうとしています。
逃げてーーー!!アイビーさーーーーーん!!!!

と今後の展開を考えるとやはり、
アイビー殺しがメイントリックになってくると思われます。


ちょっと流れを思いつきました。

ランから金田一の携帯にさらわれた的なSOS
⇒監禁先を特定(廃ビルの高層的なところ)
⇒そこには気を失ったランの姿が
⇒「大丈夫か」と抱えこむ金田一
⇒そこを襲い掛かる覆面の怪人、毒龍
⇒逃げる毒龍、追う金田一
⇒追った先で消えたと思ったら転落して死亡していた毒龍
⇒覆面の下にはアイビーが…


と妄想しつつ、第4話はここまで。
でも妄想がちょっぴり役立つ展開がくればいいななどと
ちょっぴり期待しつつ、事件は第5話に続きます。

第3回追記INDEX第5回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意


スポンサードリンク


  
コメント

うーん残念。1話からずっと犯人じゃなきゃいいなと思っていたんですが。

ランの行動を追っていくと、いろいろ気になる描写がありました。コメントで指摘されていたことですが、2話で金田一にメールが届いた直後、ランがバッグに手を入れています。メールする隙をうかがっていたのではないでしょうか。犯人が遠くにいると見せかけて実は身近にいた、という手法は手を変え品を変え金田一で何度も行われてきました。

それと、ほんの少し気になったことがあります。同じく2話で、黒い人が毒を仕込んでいるシーンのわずか2コマあとでランが出てきています。なんだかこれが、ランは黒い人ではないと植え付けるためのさりげない工夫に見えました。気のせいでしょうか。

第3の事件の流れ予想にとても共感しました。その入れ替わりトリックでもう用はなくなった美雪が解放され、金田一が安心して本格的に推理を始めるんだと思います。








---------- ウィザード [ 編集] URL . 08/01, 11:16 -----

蘭が犯人、ていうのは同意ですね。
根拠は蘭が金田一にかけた電話の内容が、人喰い研究所で、鰐部の自殺を仄めかす中神と被って見えた(→自演による嘘)から、という物凄く弱いうえに曖昧なものなんですが、キョウタローさんの記事を読んですっきりしました。

動機となりそうな王龍ですが、九龍城の取り壊し開始が1993年(同年に王龍が殺されたと仮定)で今金田一がいる世界を2012年だとすれば、
蘭の年齢は19歳で1993年生まれになりますから王龍がその直前に蘭の母親に妊娠させて生まれたとしてもおかしくないんですよね。

余談ですが、龍東の兄2人は瀧川と白龍であるかなとも考えています。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 08/01, 13:25 -----

8番目の席に座っていたのは3話目の2ページ目の台詞から察するにリー刑事ですね

チャン殺害に使われたトリックは蝶皿交換トリックで間違いないと思います、ただひとつ思ったのがシンは自らの意思で7番の席に座ったのではなく「毒龍」の指示で7番の席に座ったのではないかという事

毒が塗られた皿のある7番目の席が早々に決まっていれば、少なくともその後来たメンバーが7番目以外の席に座り、ターゲット以外が毒殺される可能性が低くなります
また、2話目の瀧川とアイビーがテーブルに来た時のコマのランの手元を見ると、ランの席の皿の柄は花柄であると思います
あのテーブルにいくつの花柄の皿があるのかはまだはっきりしてませんが、あのテーブルには蝶柄が6つ、花柄が2つの皿があると考えると
最初のランが金田一と佐木を毒が塗られてない席に誘導した上で自分が2つの花柄の皿の席のうちの1つに座り、その後「毒龍」の指示で来たシンがもう1つの花柄(毒)の席に座れば、おのずと残るのは蝶柄の席のみ、後はチャンの時計の時間を遅らせるかなにかをしてチャンを一番最後に来るように仕向ければ割と高い確立で交換トリックが実行できるのではないかと思います。

シンが脅されていたというのも2話目でシンがテーブルに来た際に周りを気にしているような様子だったので、脅している犯人が近くにいると思い周囲を気にしているのではないか?そしてその後来たメールを見るときのシンの表情から脅されている可能性もあると思い推理に組み込んでみました。

前回、前々回コメントをし忘れたのでまだ続きますが
シン殺害のトリックは3話目の追記の内容で間違いないと思います。

美雪の誘拐の件に関しては誘拐犯と殺人犯(毒龍)は同じで、美雪を誘拐する事で今後のトリックに利用する(入れ替わりトリックetc…)ためで、手錠をかけられた美雪のメールも何らかのトリックの下準備ではないかと思います、ランが犯人であれば龍の目の在り処の刺青等を餌にすればシンを容易に操り誘拐できたのではないかと思います。

長々と失礼しました
---------- hina [ 編集] URL . 08/01, 14:01 -----

>ウィザードさん

>コメントで指摘されていたことですが、
>2話で金田一にメールが届いた直後、ランがバッグに手を入れています。

小さいコマでわざわざ中途半端な動作のタイミングを切り取ったような描写。
麻木根殺しのときに何かをポケットに入れたような中神の手、
シャンデリアを落とすときに下に手を伸ばしてたレオナなど、
犯人の動作は結構考えて描かれていることをふまえて
ランを犯人と決定させてこれを考えると、
これは確実にメールと繋げることができますね。

>ランは黒い人ではないと植え付けるためのさりげない工夫に見えました。

これも気のせいではありませんね。
この系の演出では、
怪盗紳士の海津を手にかけるシーンが最も上手で
かつ理にかなったものになっていると思っています。


>ブレイブさん

>自演による嘘

決定させる根拠としては心もとないものでも、
こういうキャラの信用出来なさは結構重要な違和感と思えます。
大柄な男に髪を切られた・・・など前例もあることですし。

>龍東の兄2人は瀧川と白龍であるかなとも考えています

集合しすぎですが、結構確率が高そうな気がしますw


>hinaさん

>8番目の席に座っていたのは3話目の2ページ目の台詞から察するに
>リー刑事ですね

見落としていました、ありがとうございます。

ランが別件でバッグに手を入れて携帯を駆使していたような描写と
シンの挙動を考慮すると、脅して特定の席に座らせたという
お考えは非常に理にかなっていると思えます。
テーブルにおける蝶と花の皿の配置や数には、
何らかの痕跡が残っていて、それが証拠になる…
なんて展開もあるかもしれないと想像しています。
例えば本来1テーブルに蝶4、花4が交互に配置されているはずが
変えられた形跡があるとか、テーブル間で柄が交換されているとか…。

誘拐犯と殺人犯の同一性は、どう仮定しても
現時点の想像だと辻褄合わせが結構上手くいかないので
はやく重要なデータが欲しいな~と思っています。

---------- キョウタロー [ 編集] URL . 08/07, 21:36 -----
こんばんわ。
明日発売マガジンは合併号なので大きな展開がありそうですね。
山田君主演スペシャルドラマの後は二十周年最後の目玉として連続ドラマが4月からってなりそうな気がしています。話も結構溜まりましたし。


僕も管理人さんの推理に賛成です。
---------- タクシー [ 編集] URL . 08/07, 23:58 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/314-dfadec6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)