第5回INDEX第7回

第6話です。

龍の刺青は大澳によりそう川の形と一致していたんですね、なるほど。

ということで、東涌に置き去りにされたというランからの電話から
ヒントを得て大澳に着いた金田一一行は、
本当にナイスなタイミングでランが襲われたらしき
「赤いコートの女」を目撃して追跡し、
潰れた薬屋に入ると、そこには赤いコートを着て死に絶えたアイビーを発見。
そして囚われていた美雪を救出した…。


香港

A:香港 B:東涌 C:大澳


さて、犯人は誰でしょう?
なんて段階はとうの昔に終えている認識でいきます。
頭を働かせるべきことはただ1点。

「・・は・・じめ・・・・・・」
と言った「美雪」は美雪かランか。

第6話コメントでいただいた
「「はじめちゃん」というワードが一度も使われていない」
という情報に対して、

>今後ボロを出すであろう犯人との会話として考えると
>ものすごく伏線の匂いが

とお返ししたのが昨日。
現在そういう思考状態にあるわけで、
「美雪」から漏れた言葉に「ちゃん」がついていなかったのは、
衰弱していたからなんて思えなくなっているのが今のところです。

物語の演出方向から考えてみても、
これを本物の「金田一と美雪の感動の再会シーン」として描くならば、
「ちゃん」を付けないことで美雪の衰弱ぶりを表現するよりも、
「・・は・・じめ・・・・・・ちゃん」と最後まで言わせた方が
より感動色が強まる…とこれは好みの問題かもしれませんね。

入れ替わっている場合の問題点は、
いつどうやって本物の美雪と再び入れ替わるのか。
眠らせている美雪と入れ替わって、
「美雪には軽い記憶障害で救出前後の記憶があいまい」なんて
流れは予測できますが、再入れ替わりは言うほど簡単ではなさそうで…。

入れ替わってない場合、メイントリックがスープ皿トリックになりそうで、
それはそれでないと思われます。

2階ですでに殺していたと思われるアイビーの代わりに
「悲鳴」を出した犯人があそこから消えることができるかという点、
いつ美雪とランが顔を合わせるかなどを注意して、
後は残り2話の猛烈な真相前ヒントを悠然と
待つことにします。


第7話に続きます。



【追記】

>「・・は・・じめ・・・・・・」
>と言った「美雪」は美雪かランか。

というトリックの根幹。
これは第2話を読み返してみるに、
もうランで間違いないのではないかという考えに思い至りました。

第2話での金田一とランの会話は

金田一「あのさ 頼むから「金田一君」はやめて欲しいんだけど」
ラン『え?じゃあ何て呼べばいいの?』
金田一「あの・・名前で・・」
金田一「はじめ・・・・おおうっ!!」
佐木「センパイあれ!!」

と佐木の肘鉄で遮られる形にはなっていますが、
普段、金田一が「はじめ」と呼ばれていると間違えることが出来るように
会話が成立しているんですね。
これを伏線と呼ばずして何と言うか。

あいつはランだ。


第5回INDEX第7回


-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意






スポンサードリンク


  
コメント

違和感を持った点は管理人さんとぴったり同じでした。
美雪なら「はじめちゃん」と呼ぶはずだし、もしかしたら伏線かな…と。

となると、愛柳の死体が発見された時の悲鳴の正体もたぶん蘭(レコーダーで悲鳴だけ録音してあとから再生の可能性も考えてます)でしょうね。
彼女が保護された東涌は太澳の途中にあると白竜が言ってましたし、先回りして彼女、それから愛柳のふりをするのも可能ですし。

美雪?(…の、ふりをした蘭)はワンピースにレギンスを重ねた服装で発見されましたから、その上からコートとパンツを重ね着すれば薬局の中でコートとズボンを脱いでどこかに捨ててそのまま美雪にもなりすませるんじゃないかな、簡単なことではないですが。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 08/29, 17:10 -----

前回は知らずに横レス失礼しました。
32号辺りを読み返してみたのですが、美雪、髪留めつけてましたよね?
今回救出された「美雪」の頭にはそれがないようなのですが…。
頭を何かで殴られたようですし、その拍子に吹っ飛んだだけ?それともやっぱり…。
---------- あいうえお [ 編集] URL . 08/29, 17:48 -----

お久しぶりです。

少し突飛な視点から考えてみます。

愛碧殺害現場の建物で発見されたのは美雪でなく、蘭だとは私も思います。

しかし今後はどうするのでしょうか。

美雪のふりをして保護された蘭は警察の保護下に入ることになりそうで簡単に脱走できそうにはありません。

仮に東涌で保護されたのも蘭であったとするなら、東涌警察署から蘭がまたいなくなっていることになり、かなり不都合が生じます。

そこで私は毎度のことですが、共犯説を考えてみました。

共犯者は今回初登場の東涌警察署のあの名のない警察官と推測してみました。

そう考えると結構いろいろな点でつながってくるのも事実であるというためです。

まず東涌警察署で保護(監禁?)されているのは蘭でなく美雪と仮定します。

すると美雪が監禁されていた場所も東涌警察署となります。

そして今回金田一にかけた電話ですが、「金田一たちを殺されたくなかったら指示に従え」というように脅され、犯人側が用意した原稿みたいなものを金田一と電話で話している際に一字一句読まされていると推定することが可能です。

そして東涌警察署で保護されている蘭のふりをした美雪は依然犯人の支配下にあり、美雪のふりをした蘭は事件については全く記憶にないとシラを切り通す。

可能性としては0に等しいかもしれませんが、今回の事件では殺害する側と美雪を監禁する側の犯人がいた方が明らかにスムーズな流れになるという点と、ドラマ化された際の大どんでん返しのネタとしてとしてこういう展開も面白いかなと思い推測してみました。
---------- きせ [ 編集] URL . 08/29, 18:04 -----

美雪(仮)がまた消えたりしたらほぼ(仮)=蘭が確定しますがそんなわかりやすい行動はしないでしょうね

あと(仮)が犯人だとするとどうやって自分を縛ったのかが問題になるんでしょうか
来週まで待たないと何とも言えないですね
---------- [ 編集] URL . 08/29, 19:10 -----

6話の時点でアイビーは犯人ではないと言及している時点で、今回の
話のメイントリックは

 いかにして犯人は第三の殺人現場から消え去ったのか

でしょうね。まあ、そのトリックに関してはいわずもがなですが。

今後の展開ですが、あくまでも邪推ですが、ヤンランは美雪を装った
まま解決編にいくと思います。で、金田一も最初の犯人指摘は七瀬
美雪名義で行うのではないでしょうか。
美雪救出はすべてが終わったあとで一コマで済まされるか、あるいは
犯人の指摘を受けて逃げ場がなくなったヤンランが「美雪のいた場所に
爆弾しかけたわ。あはは」と豹変するかになりそう。
落ちで、美雪がなんちゃって中国語を使って金田一をどっきりさせて
終わりそうな気がします

……って、妄想が過ぎましたね。堪忍堪忍
---------- ちみかな [ 編集] URL . 08/29, 20:22 -----

って、いろいろ書きこんだあとで再読してぽかやらかしたのに気づいた
んですがヤンランって保護されているんですね。だとすると、瀕死で
見つかったのはやっぱり美雪確定?

(金田一ワールドには姿形そっくりになる人がいますが、その人の可能性は除外して)
---------- ちみかな [ 編集] URL . 08/29, 20:36 -----

誰かがランを襲って東涌などというところまでつれていったということがそもそも不自然ですね。ランのタトゥーを確認するだけならホテルの部屋の中でやってそこにランを置いておくのが普通ですから。東涌まで行った理由は、一たちより先に大澳に着くためでしょう。ランは警察署からいなくなってるはずです。そうでないとアイビーの死亡推定時刻が合わなくなりますしね。今回救出されたのが美雪本人かランか、というのは気になります。あれがランだとしてそもそも入れ替わる理由はなんだろう、と思いました。殺害現場の建物から犯人が消えることができなかった、というのなら分かりますが。あと、救出された美雪(?)は後ろ手に縛られているようにみえますが、手の部分が描かれていません。縄じゃなくて手錠でつながれていたんじゃないでしょうか。第3話で美雪(?)が手錠で拘束された写真が送られてきましたし。それなら簡単に自分でかけられますね。
---------- ウィザード [ 編集] URL . 08/29, 22:24 -----

>ブレイブさん

わざわざ目立つ厚手のコートを着てるぐらいですし、
仰るような早着替えを行っていると思えます。
「簡単なことではないですが」、いい言葉ですね、
金田一の推理で使い勝手がよさそうですw


>あいうえお さん

美雪には多分危害を加えられていないのではないかと思っていて、
そうするとやはり伏線の一つと考えます。


>きせさん

>毎度のことですが、共犯説を考えてみました

毎度のごとく、否定の立場を取らせていただきますw
根拠もいつも通りというか、基本犯人が二人いた方が
スムーズになる点が大小さまざまかなりの事件である気がしますし、
あとはそういった非常に練られたある種
いつもの本編よりスリリングな未来予想は大概当たらない気がしますw


>ちみかなさん

ランは保護はされましたが、
され続けていると書かれているわけではないですよね。
「赤いコートの女」がタイオウで出現したことから逆算して、
ランは電話の後きちんと手続きを経て
東涌から大澳へ向かったのではないでしょうか。

そして、ランの再入れ替わりの問題を考えていったときに、

>ヤンランは美雪を装ったまま解決編にいくと思います

自分もそんな感じになるかもと想像していたところでした。
効果的な犯人指摘のシーンを想像してみたときに、
美雪とランが一緒にいると少々まぎらわしい気がして、
雪影村のように最初犯人と一対一で対峙するやり方もあると
思ったわけです。
「犯人指摘は七瀬美雪名義」とは若干異なりますが、
病室で美雪に扮したランに美雪として接して事件の真相を語り始めつつ、
ボロを出させて「美雪、いやラン、おまえがこの事件の犯人毒龍だ」
という感じですね。同じく妄想ですが。


>ウィザードさん

>殺害現場の建物から犯人が消えることができなかった
>というのなら分かりますが

まさしくこれを行うためのトリックだと思っています。
「赤いコートの女」から早着替えで美雪以外の別人に扮して
あの場を切り抜けたなんて退屈な可能性は除外。
「赤いコートの女」が金田一到着まで
生きていたことを演出しつつ、警察も集まって来て
薬屋から脱出するのは困難、その困難解決のための
トリックという感じに演出されるのではないでしょうか。

>縄じゃなくて手錠でつながれていたんじゃないでしょうか

納得です。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 08/29, 23:03 -----

6話までを読んで、ランがあやしいなと思ってたら、言いたいこと全部指摘されてました・・・(汗
やはりここに集まる金田一フリークの皆さんはすごい!

で、今後の展開としては
ラン失踪の連絡→その他全員にアリバイがある→不可能犯罪!?
って展開なのかなーと思ってます。
「容疑者っぽい人間で犯罪できそうな人間はいない」という状況を作り上げて、実は・・・という話の持って行き方をすると予想します。

久々のコメントなのに、推理っぽいことは何一つ書いていなくて申し訳ないです。
---------- さだきち [ 編集] URL . 08/30, 02:33 -----

>さだきちさん

アイビーの死によって毒龍の連続殺人が収まったっぽい流れですし、
ランが失踪扱いになると注意がランのところにいってしまうので
そうならないような気がします。
また、その他全員のアリバイを完璧にしてしまうと、
ただでさえわかりやすくタイオウの近くいにたランが
さらに目立ってしまうため、アイビー殺しは
「薬屋の廃墟から犯人が逃げ出すのは不可能」という方向で
謎が強調されるのではないかと予想しております。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 09/04, 20:26 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/316-b6e76cdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)