<|INDEX第2回

「金田一少年の事件簿R」とタイトルを変えて2番目の長編が始まりました。
その名も「亡霊校舎の殺人」。

このブログ、前回の事件で犯人が判明した後に更新していないという、
投げっぱなしにも程がある状態になっているわけですが、今回も何食わぬ顔で
新しい事件の推理を開始します。
(今からでも雪鬼の総括をしようかなとも思っていますが、
多分やらずに終わってしまうんですよね)

早速ですが、
今回の事件の容疑者は、現時点で出揃っているならば9名。

●赤熊猛(30)ツアーコンダクター
●巴荘十郎(30) トレジャハンター
●矢森雪雄(21) 廃墟探索部3年
●鬼城歩夢(21) 廃墟探索部3年
●花泉響成(21) 廃墟探索部3年
●鶴野冬華(20) 廃墟探索部2年
●遠間もえぎ(19) 廃墟探索部1年
●室ノ井蘭(21) 廃墟探索部3年
●首木友郎(38) 心霊研究家

そして、事件の舞台は伊豆の軍艦島「黄金島」。
企画の代理参加パターンであり、宝探しパターンでもあります。

とりあえず気になっているのが廃墟探索部員が多すぎるということ。
廃墟探索部自体に何らかの物語を仕込んでいると予想ができます。
さらに、廃墟探索部の誰かが死ぬと、
一見接点がなくて怪しく見えないため怪しくなるのが大人3人。
また、高遠が今回の怪人を「亡霊教頭」と言っていますが、
怪人名と一番ギャップが生まれるのが最年少の遠間もえぎになります。
人物で気になるのはそんなところで、
ちょっと人物の分布がアンバランスすぎてイマイチ予想がしづらい
状況にあります。

本当に、なぜ非常に価値のある黄金島へのツアー参加権獲得者になぜ
同じ廃墟探索部員が集中しているのでしょうか。
企画した会社がどこかという話題も出ているので、
その辺の合理的な理由やお金のかかりそうな
ツアー企画(殺人)の準備がどうやって行われたか、その辺の真相は
解明されるとは思いますが、何となくスルーしたほうがいい気もします。

あとは、さとうふみや先生の好きなふくろうが
登場しましたが、これはただの趣味か、伏線か。
人形と思っていたら本物だったというシチュエーションが使われる、
180度回るふくろうの体の特製が何かを連想させる、
と何かに繋がってくるかもしれません。

それと、高遠が誰かに変装しているという
特に好きではない可能性については可能な限りスルーしたいと思います。

推理や予想はここまで。


最近の宝探し系や謎探索系の話には途中の探索感や冒険感が薄く、
殺人の謎解きに重きが置かれて、その他の謎が終盤の少しの伏線で
さらっと解決することが多いです。その辺がどうなるのかが、
今回の事件が最終的に面白いかどうかにかかってくると思われます。


また最近はまともにお話を練りこんでいない、
もしくは説明すべきと思う範囲について製作側と自分に隔たりがあって
大体の事件に気持ち悪さが残っています。

例えば雪鬼伝説ではインターホン周りの状況は
作中で言及される必要が無かったものとは思えません。

雪鬼伝説だけでなく、

薔薇十字館殺人事件
 ●犯人の名前がまったくの偶然で他の容疑者達の名前に共通する
  ミッシングリンクに入っていて、それが犯人特定のヒントにされる。
  そして真相にはまったく関わってこない。
人喰い研究所殺人事件
 ●カラオケルームにずっといたと思わせるアリバイトリックは、
  犯人が殺害現場に向かっている最中に
  谷瀬がカラオケルームに到着するはずなので確実に破綻する
錬金術殺人事件
 ●剣が消えて現れる謎は、鉛製の「剣を溶かして隠す」+「剣は複数ある」が正解だった。
  「剣は複数ある」は、天樹先生のツイッターで判明した。

このようなモヤモヤポイントが累積して、
言いたいことが事件ごとにたまりつつ、
次の事件が始まるときにはそういうことが無くなって
余計なことを言わなくてもいいかもしれないという期待が高まり、
解答編が始まる頃にはまた変わらなかったことに気づき、
溜まりに溜まった言いたいことを一気にまとめようと思う、
そして思うだけで終わる、
という負のスパイラルに最近陥っている気がします。


いや、最後に小言を言いたくなるのはきっと前回で最後ですよ(希望)

<|INDEX第2回



-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント

初めまして。オペラ座館第三の殺人の時からこのサイトを覗かせてもらってます。金田一少年の楽しい読み方、推理の仕方、犯人のあて方のアドバイスは全てここから影響を受けたと言ってもいいくらいのファンの1人です(笑) 


亡霊校舎の殺人の所にもキョウタローさんは書いていましたが、あえて厳しい言い方をさせて下さい。


雪鬼伝説殺人事件(他にも中途半端で止めてしまってある事件もありました)だけではないのですが、可能な限りキョウタローさんの解答編の解釈も見てみたいのです。


時間は掛かっても構いません。このサイトを長年見てきたので・・・・


長文失礼しました、今回もファンの1人としてこの事件を見届けたいと思います。


ちなみにこのサイトを覗いてから、不思議と犯人当ての読み方も分かり、人喰いラボ殺人事件以降の犯人は全て的中しています

トリックはいまだに半信半疑ですが(笑)
---------- なむこっち [ 編集] URL . 04/03, 08:40 -----

こんばんは。
今回、当たるだけでもラッキーな割に、廃業探索部がいくら何でも多すぎるのは気になりました。
ので、被害者としては3年の4人に一応目を付けています。(と言うか、もう矢森に死相が出ているような…)
高遠は…どうなんでしょうねえ、本編にがっつり関わってくるんでしょうか…
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 04/03, 21:27 -----

途中で途絶えていたので何かあったのかと心配していましたが、無事で何よりです。個人的には雲沢殺害トリックに関する管理人さんの見解も聞きたいです(実はわたしも雪崩に凝り固まっていた口なので・・・雲沢の死体はインパクト抜群でしたね)。ただ奴らの悪行は結構ぼかしてあったので、確かに原因を作ったし罪悪感もてんで感じてない奴でしたがあんなやり方でされる必要あったの? と感じましたが(雪霊の瀬倉の件がえげつなかった分余計に)。



1、やけに多いぞ廃墟探索部
名探偵の孫に反応した廃墟探索部の矢森と鬼城、花泉の3年生に激しい死臭を感じます。・・・後ツアコンの赤熊さんまで反応してましたが。後、蘭って名前もう3度目・・・(犯人だったら山崎さんを中の人にするんですか?)。
2、相変わらずの高遠
・・・なんで教頭なんですか。と突っ込みたくて仕方ありません。
確実にはじめちゃんを誘ったのが見え見えなんですが、いったいどうやって・・・? あの喫茶店のマスターが高遠か(でもその直後ピエロの扮装してるからそれはない?)、先輩のメールが偽装とか・・・。後あの2人の辞書に懲りるという文字はないんでしょうね・・・(流石幼馴染?)。
3、で、あの黒い人は誰?
個人的には剣持さん、明智さん、いつきさんのレギュラーキャラを切に希望しております。折角の20周年に出番少なかったですしアニメもあるので出番をちゃんとやって欲しいです(何故アニメは最初にあれなんですか・・・まあ、犯人だと気付くポイント上仕方ないんでしょうけど)。

・・・管理人さんの見解を楽しみにしています(サイト巡りも楽しみのモチベーションとなっておりますので)。ただ、無理はしないでください。
後一応言及された事件のフォローをしておきます(無理にでもフォローしないとやってけませんし)。

4、薔薇十字館殺人事件
確かに犯人自身がたまたまそうだっただけで、メタ的な意味でのヒントと思っておけば・・・(正直な所わかっていてもそっちの謎の方が事件のトリックより魅力的だったんですよね)。
5、人喰い研究所殺人事件
・・・多分、そこまで考えてなかったか、谷瀬もターゲットだったからお構いなし。と思っておけば・・・いえ、無理ありますね。財前殺しも恐らく谷瀬用だったでしょうし無理が生じます。
6、錬金術殺人事件
・・・さ、最近のアニメとかはコミカライズやスピンオフとか、スタッフの解説とかで説明させるケースが多いですし。
---------- あーちゃん [ 編集] URL . 04/08, 21:03 -----

>なむこっちさん

はじめまして、ですが、

>オペラ座館第三の殺人の時からこのサイトを覗かせてもらってます。

いつもお世話になっています、と感謝したいです。
雪鬼伝説殺人事件の解答編の解釈、もしやる気が出たら…^^;


>ブレイブさん

矢森は「剣持警部の殺人」の魚崎と同じような
「適当で人相の悪い殺され顔」をしていますね(笑

高遠は、彼の出生に関わる事件の前フリぐらいじゃないかな…、
とぼやっと避けておいていいんではないでしょうか^^;


> あーちゃんさん

ご心配おかけしました。

>あんなやり方でされる必要あったの? と感じましたが

まったくの同意見で、
ターゲットが悪行をしていたのとは別に、
汚す必要のない手を汚しつつ美しく話が終わって、
すごくモヤモヤしています。

金田一が島に来たのも高遠の誘導
全然考えていませんでしたが、確かにありそうな線ですね…
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 04/13, 15:45 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/349-3caf0c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)