第8回INDEX第10回

第9話で、解答編1回目です。

犯人告発はなく、矢森殺害の1要素である水に溶ける紙の用途、非常口から導き出される
廃墟の作為性が明らかになりました。

財宝は高遠が回収済で、この事件において宝探し要素は皆無、
そしてこの調子で行くともえぎちゃんの告白も薄く終わる気がしてきましたが、
一方で今回の解答編では高遠が金田一の真相解明を聞きながら、
舞台の意図などを理解していくといういつもと違った趣向が混じって
高遠のルーツをめぐる部分も進行していくようで、これが思いのほか楽しみになってきました。

高遠の父親らしき人物を、中村青司(仮)とでもしておきましょうか。
薔薇十字館、そして今回の亡霊校舎と、中村青司(仮)は
各所に「殺人事件の舞台」を用意している、そんな異常性がまず示唆されて、
これが今後どう展開していくのか。最終的に大きなことをやってくれるかもしれません。
そこらへんをきちんと追うために、今回の事件は最後まで更新、

できれば、

いい、ですね(不安)。

第10話に続きます。

第8回INDEX第10回

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/357-f31e74d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)