上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


2←INDEX→3.5

「これはうちの裏の物置にしまってあったはずだが・・・・
 どうして・・・・(迫真)」


デスヨネーーーーー。

第3話です。

推理講座で書いたと思っていたけど書いていない記事がありました。
タイトルは『「黒い人」には情報がいっぱい』。
要するに「黒い人」や怪人の描写には手がかりが描き込まれている
んではないか的な内容にする予定でした。

物を持っているため手が塞がっているときにはそれが後から
読み取れるように書いてあったり、太った犯人が変装した怪人
はふくよかだったり、伸長も矛盾なし、等など…。

そこで先週のラストの「黒い人」ですが、
送り火に照らされて顔の陰影がくっきりと出ています。
目じりのしわやほうれい線など、
正体が高い年齢の人物ということを意識して描かれているように見えませんか?


「黒い人」と言えば、
金田一少年の決死行では、

>2週目に子供が出てきて、
>1週目の黒い人が小さい人にも見えるよう
>書き込まれていると感じる。
>年齢なしで名前が登場したら怪しいと予想を立てる。

という流れでスムーズに犯人のめぼしが付きました。

一方、今回の事件で怪しいと見た凛父は、
第3話で「霧谷さん」としてちょくちょく話に入ってきていますが、
名前紹介枠の登場はいまだ無し。

名前がきちんと登場したら、もうちょっと疑わしくなります。


さて、灯篭と共にゴムボートで川を流れてきた光太郎の死体が発見されて、
(月江は飛ばして)第1の殺人の謎が提示されました。

ろうそくの燃え具合と川を流れる「狐火」の速さを計算すると、
死体が流されたのは450メートル上流、
しかし凛を除いた「遭難十人組」全員にアリバイがあり、
450メートル上流に行く時間はなし。

途中まで燃えているロウソクを使って、もっと近くから死体を流していた、
というのが一番簡単な解答。この場合、
犯人は事前に灯篭を手に入れられる人物に絞られます。

もっと近くから死体を流していたという点は同じで、
例えばゴムボートをヒモで川岸に固定しつつ、ロウソクであぶって時間差で
ヒモが焼ききれた時点でボートが川に流されはじめる、という方法でも
(その他、止まっていたゴムボートが途中で
流れ始める仕掛けがあれば何でも)実現できそうです。

あるいは、何やかんやで途中の川の流速を遅くしている、とか…。

凛が入るのを止めたグランド脇の田んぼが灯篭流し場にあるので
何か関係があるのかもしれませんし、作中で実際に何が行われたかは
ゆっくりすり合わせていきたいと思います。

と言う感じで今週はここまで。
金田一の脳裏に浮かんだアリバイが無いかもしれないたった一人とは、
いったい誰なんでしょうか。

第3話追記に続きます。

2←INDEX→3.5

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント

>金田一の脳裏に浮かんだアリバイが無いかもしれないたった一人とは、
>いったい誰なんでしょうか。

早い段階で一旦金田一君に疑われておくことで逆に犯人っぽくないように見える、
という手段で「意外な犯人」としての資格を手に入れた、凛ちゃんですね。

来週号あたり、警察に事情を聞かれて
「ええ、あのゴムボートは確かにうちの物置にあったやつで…
 と言っても普段は鍵をかけていないので、持ち出そうと思えば誰でも出来たと思いますが」
と証言する凛パパ(名前キャプション付き)というコマが想像できます。

使われたロウソクがもともと他のものとは長さが違っていた、
というトリックはよその某ミステリ漫画でも読んだことがあるので私も思い浮かびました。
確かに簡単ではありますが、ボート自体にあれこれ仕掛けをするよりは盲点を突いた的な印象で
スマートな気がします。
まあメイントリックとしてはちょっと軽すぎるので、おそらく今後狙われるであろう
次の犠牲者が今回の謎解きのメインになるのかな?と勝手な予想。
今回はターゲット側に自覚がないようなので、誰がやられるのか予測がつきませんね。

ところでゴムボートにくっついていた灯篭はなぜ「2個」だったんでしょう?
あんまり深い意味は無いのかな…
より人目をひき発見させやすくするため?とも思いましたが、
どのみちあんなモノが流れてきたら見落とす人はいないはずですが…
---------- sally [ 編集] URL . 07/30, 21:49 -----

こんばんは。
ロウソク系のアリバイトリックは基本的にロウソクそのものに細工されていたパターン多数ですからね。
私も長さの違うロウソクを使ったのではと思います。
最後の一の台詞はアリバイが現在完璧そうで完璧ではなくなった凛のことを指している…と思います。

一番怪しいのはキョウタローさん同様凛父ですね。
黒い人の演出、前作なんかも女風呂に黒い人が出ました→犯人女でしたみたいな感じでしたからあの演出に嘘無しと見たうえでも、今回の情報の整理っぷりでも彼が一番怪しく見えます。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 07/31, 00:10 -----

>sallyさん

>早い段階で一旦金田一君に疑われておくことで逆に犯人っぽくないように見える、
>という手段で「意外な犯人」としての資格を手に入れた、凛ちゃんですね。

ありがとうございます。
「記事で[しかし凛を除いた「遭難十人組」全員にアリバイがあり、]って自分で井言ってるじゃないですか」という突っ込みを待っていましたが、記事を読み返したらそんな思惑(ボケ)が伝わるように書けていないと気づきました(笑)
そしてまさに、「疑われて不可能が証明される」犯人パターンの前フリになっていそうなんですよね。

>今回はターゲット側に自覚がないようなので、誰がやられるのか予測がつきませんね。

殺されそうな人が殺される最近の風潮が崩されるように、
陸が普通に悪いヤツじゃない展開を全力で期待していますが、
誰が殺されるか賭けるとしたら全力で陸ですね(笑)

>ところでゴムボートにくっついていた灯篭はなぜ「2個」だったんでしょう?

仰るとおり、より人目につきやすいという理由を考えていますが、
トリックの1パターンで、

>どのみちあんなモノが流れてきたら見落とす人はいないはずですが…

という現実性には目をつぶりつつ、
実際にはボートがそんなに移動していなくて、
明るさで灯篭が一つだとボートが暗くて見えないが
二つだと見える(発見される)状態になっていて、
途中で片方のろうそくの火がもう片方のろうそくの火を
つけるように細工がしてある…というパターンも考えていました。


>ブレイブさん

>ロウソク系のアリバイトリックは基本的にロウソクそのものに細工されていたパターン多数ですからね。
>私も長さの違うロウソクを使ったのではと思います。

なるほど、ロウソク細工トリックが結構あるんですね。
そして、ロウソク細工の可能性が高いとなると、
祭りに近い人間の犯人確率がさらにさらにさらに高くなるわけですね。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 07/31, 02:05 -----

初めましてー。
毎週読ませていただいてます。
光太郎が殺される前の犯人との会話がタメ口なので、
犯人はやはり仲間の誰かなのではないでしょうか。
---------- ブラックキャット [ 編集] URL . 08/01, 08:40 -----

初めまして。毎週読ませて頂いております。

犯人はやはりブラックキャットさんのおっしゃっている通り、「遭難十人組」の誰かではないでしょうか?
ですが、キョウタローさんもおっしゃっているように、前回の黒い人が若干年配に見えるのも事実です。

自分なりに考えたのですが、凛父は凛が光太郎とこれから殺されるであろう奴ら(+月江?)に殺意を抱いていることをなんらかの形で知り、高遠の様に計画をたてたのではないでしょうか?

計画を建て、若干の補佐をするが、直接計画には加わらないとか...。

ってこんな展開金田一でありえるのでしょうか?(笑)

まあ、今後の展開待ちではありますが、
---------- Ve [ 編集] URL . 08/01, 22:30 -----

>ブラックキャットさん

はじめまして。

>光太郎が殺される前の犯人との会話がタメ口なので、
>犯人はやはり仲間の誰かなのではないでしょうか。

いい質問ですねぇ(一度言ってみたかったんです)
そこらへんの手がかりを追記でまとめて、
誰が疑わしいのかわかりやすくしてみたのでお読みください。


>Veさん

はじめまして。

>計画を建て、若干の補佐をするが、直接計画には加わらないとか...。

犯人が凛だったとする場合、
凛父は成人していない実の娘の手を汚させて
自分は安全圏で見守るという鬼畜親であることになってしまいます。
(直接関係はないですが、最近テレビで見た映画で
 子供にあまり意味なく手を汚させた大人がいて
 感動風に仕上がげていましたがなんともいえない後味がありました)
未だモブな雰囲気のあるお父さんですが、
良いお父さんではあってほしいです(笑)
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 08/02, 15:22 -----
ゴムボート
こんばんは。もし僕が犯人でしたら、実家のものなんて使いたくありあませんね。なので凛ちゃんは犯人ではないと思います。
ドラマ「銀幕の殺人鬼スコーピオン」でも原作にはなかった遺体に仮面を被せる話があるなど、話の時期が偶然重なっていましたね。
犯人は仮面を被せていることに、何らかの理由があるんでしょうね。
---------- 神風 [ 編集] URL . 08/05, 13:02 -----

>神風さん

凛が犯人でない説を推す場合、考察すべき部分は別のところにある気がします
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 08/05, 20:18 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/364-babd1c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。