上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


4.5←INDEX→5.5

第5話です。

想像で遊べる余地も少なくなって、
正解を出す時が近づいてきたようです。

まず、今話では凜が延髄を刺されて即死、
そして死体が後ろの障子によりかかるように
座らせてあったということがわかり、
さらに社の後ろにはすんなり中に入れる
入り口があることも提示されました。
死体を座らせた上で後ろから手を振る、もしくは振らせる、
手振りトリックが確定されたといったところです。

しかし、それよりも注目すべき点が、
金田一達が流し場に向かう状況を振り返ったシーンにあります。

みなさんが一目見て「あれ?」と感じた瞬間が目に浮かびますが、
社に金田一一行が向かうひとコマの中で亮が消えていて、
あかりだけでなく亮も先に来ていたことになりました


第2話の同じコマには、亮が消される修正が入ると思われます。

あかりと亮が確実に先に来ていた、これが重要で、
亮とあかりが一緒に歩いて流し場に来たとはどこにも書いていないものの、
一緒に来た可能性も発生してしまいました。
そうすると、金田一の疑いの目から外れた二人のうちの一人であり、
「意外な犯人」の可能性が上がったあかりが
流し場に一人で向かって「手振りトリック」を行ったという推理の
根拠が薄弱になってしまいます。
そして、代わりにもう一つの可能性が浮かび上がってきます…
が、もうひとつの可能性の前に、動機の部分を攻めておきます。


動機の鍵となりそうな手掛かりはもちろん、
亮と美咲によって語られた川下りをせずに残った7人の体験の中にあります。

リアルに組み立てられた自信のあった
携帯電話的な何かにはかすりもしなかったのは残念ですが、
よりダイレクトに不幸を呼びそうなアイテムが登場しました。

スズメバチです。

おそらく、川下りの最中、光太郎はペットボトルで罠を作って
スズメバチを手に入れました。

光太郎は栞莉香に好意を持っていました。
栞莉香は陸の行為を誤解して非常に怒っていました。
光太郎はそれに同調していました。
光太郎はスズメバチを持っていました。

陸は家庭内事情がキビシイ状況でキャンプに参加させてくれた母に感謝し、
誕生日プレゼントの靴も大切にする、母思いの男の子でした。

例えば、陸へ罰を与えるために、陸のリュックに
スズメバチが仕込まれていたとします。

「靴紐を貸さなかった酷い奴をちょっと脅かしてやれ!」

そんな軽い気持ちだったかもしれません。
さて、金田一世界で何が起こるでしょうか。

困りました。
陸だとあかりより動機が容易に想像できてしまいます

ということで、浮かび上がってきた陸が犯人である可能性を考えて
「手振りトリック」のシーンを振り返ってみたいと思います。

流し場に向かう途中、神社の明かりを見付けたときに
金田一と一緒にいたのは心平、美咲、
そして亮はいなかったことになり、少し離れて陸。
そこから神社に着いたとき、顔が出て会話をしているのは
金田一、心平、美咲の3人。
このとき、前のシーンから間もない描写ということもあって
亮と陸は近くにいたと頭の中で勝手に
補間してしまっていたわけですが、
亮がこの場にいないことになった時点で、
陸ただ一人が凜に絡むことなくぽつんと浮きます。

陸が凜の後ろにいた臭いです

頭の中の犯人像が二転三転して混乱してしまいますが、
四転せずにそろそろスパっと決めたいところです。

第6話第5話追記に続きます。

4.5←INDEX→5.5

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意


スポンサードリンク


  
コメント

うーん…わざわざ修正されたとなると、やはりあかり犯人の線は薄くなりますね…
陸にはタコ焼きだの親だのいろいろありますし
---------- のなめ [ 編集] URL . 08/20, 02:56 -----

ええ、私は陸が犯人臭いと感じてましたよ!!
しんでしまったまりかを
なお
あんな奴のどこがよかった!?など言ってますし

殺されそうな奴が生きてた時点で犯人臭いと感じてましたよ
---------- [ 編集] URL . 08/20, 04:03 -----

今回の事件はどいつも怪しく思える。金田一では珍しいパターンです。
一通り怪しい人をまとめてみます。

①あかり
→金田一と同行していないし、陸とともに「意外な犯人」グループ。
亮と一緒に同行したかは不明。
美咲と亮の交際は、亮とあかりの同行を否定する伏線かも?

②陸
→あかりとともに「意外な犯人」。右手を隠し気味なのがさらに怪しい。
凜に手を振る前後に突然消えたことを金田一達に不自然に思われないかは疑問。障子を入替えるためには、「3人が陸の不在に気づく前に立ち去ること」が前提となってしまうのが、この説の弱いところ。

③忍
→障子の穴トリックで、最も犯行が簡単になるのが彼。そして、今回ちゃんと犯行が不可能だと金田一に証言してもらえてました。6年前に凛と何かがあった模様。

④亮
あかりに犯行が可能なら、彼も同条件で犯行が可能。突如金田一との同行の設定が消えたのは、犯人だから?

⑤凜父・茉莉香母
今回もさりげなく登場したり、「この中に犯人が」の時もこの2人のコマがあったり。
凜が手を振ったのは、茉莉香母の誘導だということもポイント。
この2人が再婚しているという意図が不明な設定が何か動機に絡む可能性も。

うーん。まだ条件が足りてないな。
---------- M [ 編集] URL . 08/20, 19:51 -----
殺意の罠
殺意の罠
こんばんは。先入観は危険ですが、犯人の意図はどこにあるかが手がかりではないでしょうか?
昔、光太郎がスズメバチのトラップを作っていたみたいですが、小学生の彼だって危険だとわかるはずですから、人に対してそうしたとは思いません・・・。
いくら悪口に同調したからっといて、光太郎に殴りかかることではないと思いましたが・・。
とにかく犠牲者はまだでると思います。
---------- 神風 [ 編集] URL . 08/20, 20:01 -----

こんばんは。
ついこのあいだまではナチュラルに凛が犯人で終了だと思っていましたが完全に予想を裏切られまして、
悔しい反面「ああこれぞミステリ…」と久々に期待が高まっています。

金田一くんによって「信用できる」とお墨付きを貰ったあかり・陸の二人が
今のところ「意外な犯人」としての資格十分ですが、
非常にメタなことを言ってしまうと、あかりは前作の犯人とややキャラがかぶっているような気がするので
違うといいな~なんて思っています。笑
一方で陸が「やなやつかと思ったら案外いいやつ、と思ったらやっぱ犯人」
というのは捻りがきいててイイかな、なんて…。
ずっと右手を隠しているのも確かに作為的なものを感じますね。
神社に向かうときも皆からやや離れて最後尾を歩いているので、
密かに抜けようと思ったら可能な気が(金田一ワールド的には)します。

村の住人でないとここまでいろいろとセッティングするのは難しい、という点に関しては
「犯人は事前にこっそり何度もこの村に来て入念な下調べをしておいたんだ!」
の一言で済まされてしまいそうな予感がしてきました。

凛がいち被害者として退場してしまったことで、
凛パパと栞莉香ママの再婚という意味ありげな設定が謎のままの状態ですね。
凛が殺された今になって見ても、やはり彼らの描写にはひっかかる部分が多いような。
犯行そのものに関わってはいないにせよ、動機の開示の場面で重要な発言をするとか…
なにかしら必要な役割を与えられたキャラのように思えるのですが。
---------- sally [ 編集] URL . 08/20, 21:04 -----

手振りトリックがなにかしら遠隔操作で行われていたとしたら陸でも十分に可能なんですよね。
一人だけ後ろの方にいましたし右手をずっとポケットにしまってましたし。
なにより同行していたからタイミングを計りやすい。
問題は死体流しの準備をいつ行ったかですが。
タコヤキ買いに離れていた時がありましたしその時でしょうか。
時間短縮手段は現段階では何とも言えませんね。
ルートに関しての情報が足りなすぎます。
---------- [ 編集] URL . 08/20, 21:21 -----

>のなめさん

>陸にはタコ焼きだの親だのいろいろありますし

前者は小時間流し場を離れていた証拠、
親も話が出てきているのは霧谷家と陸の家だけなんですよね。


>ノーネームさん

>あんな奴のどこがよかった!?など言ってますし

これ、単体だと否定材料っぽくなるんですよね。


>Mさん

右手の件、追記で考えてみました。

>①あかり
>亮と一緒に同行したかは不明。

最近の傾向だと、そこが明かされないまま解答編に突入するので、
その場合はよくわからないから犯人足り得ないの方向に行くんですよね。

>⑤凜父・茉莉香母
今回もさりげなく登場したり、
>「この中に犯人が」の時もこの2人のコマがあったり。

正確には「俺らの中に」ですね。
「犯人が悲しむ人を生んだ」という表現に見えます、
素直に読んだ場合ですが(笑


>神風さん

>とにかく犠牲者はまだでると思います。

打ち止めと思います。


>sallyさん

>密かに抜けようと思ったら可能な気が(金田一ワールド的には)します。

同意です。

>村の住人でないとここまでいろいろとセッティングするのは難しい、
>という点に関しては「犯人は事前にこっそり何度もこの村に来て
>入念な下調べをしておいたんだ!」
>の一言で済まされてしまいそうな予感がしてきました。

今回騙されたのは事件が複雑というわけではなく、
そこらへんの要因が非常に大きいんですよね。
手振りは正解だと思っていますが、
仮に犯人にとってはじめての祭であれをやってのけていたら、
村の人に気づかれることなくやってのけたのは
奇跡と言っていいと思います(笑)

例えば陸と栞莉香も実は付き合っていて、
色々村の情報を入れつつ、
栞莉香の罪(イタズラ)の告白を許せなくて
衝動的に殺してしまった、…みたいな流れがあったら
村や祭の情報を知っている理由として
少しは整合性が取れるかな…などと想像してみました。

凛パパと栞莉香ママの再婚は…霧谷家の事情が
絡む余地はありますよね。


>名無しさん

>手振りトリックがなにかしら遠隔操作で行われていたとしたら
>陸でも十分に可能なんですよね。

遠隔操作はトリック予想で思いついたりしますが、
共犯説とまではいかないものの、
だいたい実現しないんですよね。
なんらかの都合のよいアイテムを推理にいれるとよく外れます。

>問題は死体流しの準備をいつ行ったかですが。
>タコヤキ買いに離れていた時がありましたしその時でしょうか。

あとはロウソクに火をつけてボートを流すだけ、というところまで
準備されていて、タコヤキ買いのときに
ちょこっと、という線が妥当ですかね。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 08/20, 23:33 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/368-04021841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。