5←INDEX→6

第2話の亮の描写はミスということになるのか、
確認のため天樹先生のtwitterアカウントに@を飛ばしてみました(twitter用語)。

>@agitadashi 狐火流し殺人事件はいつも以上に引き込まれながら読んでいます。
>隠された動機を探るというのが金田一の原点に立ち返ったようです。
>第5話で亮はあかりと先に流し場に来ていたということで、
>第2話の亮は少し修正される感じでしょうか?

結果、リツイートされました(twitter用語)。
前半の前置きを書いたためのリツイートという気がしないでもないですが、
暗黙の「そうです」ということでいいんでしょうか。
と、これは前置き。

そしてここからが本題。
3人の方からとある共通の手がかりに関するご指摘を受けました。

>右手を隠し気味なのがさらに怪しい。

> ずっと右手を隠しているのも確かに作為的なものを感じますね。

>一人だけ後ろの方にいましたし右手をずっとポケットにしまってましたし。


そんなのあった?と第2話を読み返してみると、
めちゃめちゃ隠しているじゃないですか、
陸が右手をポケットの中に。

霧谷家を出るシーン、
亮が「消える」例のシーン、
そして亮とあかりを流し場で見つけるシーン。

それが、第3話では光太郎のスマホを見つけたシーンで
普通に右手を見せています。

言われるまで気づきませんでしたが、
言われてみると明らかな意図を感じるというか、
明らかな意図しか感じられません。

というか、これはトドメを刺せるのではないでしょうか。

だって、白粉しかないじゃない。

5←INDEX→6

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/369-d195c081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)