5.5←INDEX→7

犯人確定。

第6話です。

第5話のラストが

『真犯人は必ず俺が見つけ出す!ジッチ(略)』

そして、第6話のラストが

『「あいつ」がなぜ…あの三人を殺さねばならなかったのか――』

これはつまり、「第6話には犯人特定できる手がかりがありますよ」と
書かれているのと同意義です。

どこでしょう。


考えます。


見つけました。

「いやいくらたくさん」「お面が」神社の中にあることを知っている、
ということで犯人は神小路陸です

金田一達から気づかれずに抜け出して、
死体の裏で手を振って、
気づかれずに再び合流する。
そんな芸当は可能か?

そんな疑問はこの時点でナンセンスになりました。
やったんです、彼が。
彼が犯人だから。
金田一が障子の違和感に気づいたから。


そんなわけで、第6話における金田一の気づき事項、犯人の正体は解決。
問題はもう一つの気づき事項、光太郎殺しのアリバイトリックです。

ゴムボートが流れそうな用水路と水門が登場すれば
それっぽいアイディアは思いつくわけですが、
ピタっと正解にハマる解答が出せるかというと悩みます。

まず、金田一がサッカーボールを手にとって「もしかしたら」と
ひらめいたのは、第6話で拾い上げたサッカーボールが、
一日前に金田一が蹴り上げて田んぼに入ってしまった
ボールと同じものという可能性、と思えました。

そうであるとするならば、
それは田んぼに入ったボールが
川に入って流し場近くの川岸まで流れ着いたことを意味します。

この仮定から組み立てられる一番シンプルな解答は、
水門を閉じて、用水路(と田んぼ?)に水を溜めておき、
灯篭流しの最中に水門を開けてゴムボートを流して川に合流させた、
という解答になります。

ロウソクの長さに関する伏線が読み取れなかったので、
短くしたロウソクを使ったというアイディアを用いずに考えて、
「用水路⇒川⇒流し場」を経路にしたときのボートが流れる時間が
15分(「釣り場⇒流し場」をボートが流れる時間)になるように
水門の開け具合で水流を調節した、
というトリックに思い至りましたがどうでしょうか。

水路トリック

用水路と川の合流地点は、地図で言うグランドの上(北)、
下流側の橋の左(西)あたりを想定しています。


問題は、水路に水を流した痕跡について触れられていないこと、
そしてろうそくが2本あったことの理由付け。

前者はパスしつつ、後者はロウソクが燃え尽きる前に
ゴムボートを発見されるように目立たせた、という理由が一応は思いつきます。

仮に橋の下を流れるボートが目撃されても、
釣り場からボートが流されたと思わせる工作は崩れません。
光太郎殺しの推理はこんな感じです。


金田一の考える残る謎は3つ。

1.凜殺害時のアリバイ
2.殺害時の見立ての理由
3.事件の動機

1は多分解決済みで、ポイントは2の理由が
光太郎の死体の仮面と合わせて
1における仮面の重要性から目を背けさせるためにあるのか、
3の動機に繋がってくるものなのか。

がんばれ、がんばれ、スズメバチ。

真相当てクイズの出題される第7話に続きます。

5.5←INDEX→7

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意


スポンサードリンク


  
コメント

今回の金田一の発言で
凜はまりかに
スネ夫のように、仲良くつるんでいたことが判明しました

やはり、こういった背景に
凜は殺された動機が見えてきそうですよね…

凜の性格からまりかに、陸になにかいたずらしようかなどと言われてやった感じともとれますし
---------- チャーシュー工房です [ 編集] URL . 09/03, 07:48 -----

水路からゴムボートを流したのはほぼ間違いないでしょう。
しかし水路の幅がゴムボートが流れるほど大きく見えないのがちょっと引っかかります。
川との合流地点にとどめておき、水門が開かれたら動き出すような仕掛けとかでしょうか。
その動き出しのきっかけとして灯篭が2つ必要だったとか。

あとは凛殺害時のアリバイですが、凛がいつ殺されたのかって確定してましたっけ?
金田一たちに手を振った時には死んでいたと思い込んでいましたが、
現時点で死亡推定時刻がはっきりしてないんですよね。
凛と別れたときに陸だけ残って凛を殺害、姿勢を整えて合流…
…これも大概無茶な芸当ですね。
うーん、すっきりとした解答が欲しい。
---------- [ 編集] URL . 09/04, 02:49 -----

>チャーシュー工房ですさん

「栞莉香とずっと一緒にいるイメージ」の台詞ですか。
言われてみれば過去の時点では栞莉香と凛の
繋がりが出ていなかったので
なるほどさりげなく重要な手がかりかもしれないですね。


>名無しさん

>川との合流地点にとどめておき、
>水門が開かれたら動き出すような仕掛けとかでしょうか。

具体的なイメージがわかなくて何とも言えないところです。
ただ、その方向だと離れたところから灯篭に火をつける
仕掛けが必要になってくるんですよね。
仕掛け(想像で補うパーツ)が増えるほど正解から遠ざかる気がします。
でも灯篭が2つは「ゴムボートを発見されるように目立たせた」でも
弱い感じがして、微ハズレフラグなんですよね。

>凛がいつ殺されたのかって確定してましたっけ?

それがわかる手がかりは出ていないと思われます。

>金田一たちに手を振った時には死んでいたと思い込んでいましたが、

これはむしろ、「金田一たちに手を振った」からこそ
あのとき凜が生きていたと金田一達は思っているわけで、
忍が殺して追いかけてきた可能性さえも否定されています。
こちらのトリックは概ね間違いの無いところまで出せていると思います。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 09/04, 07:00 -----

はじめまして。いつも楽しく拝見させてもらっています。
今回思うところがあったのではじめて投稿させていただきます。
ゴムボートについて、ロウソクはやっぱり意図的に短くされていたんじゃないかと思うのです。
昔の金田一が蛇を簡易火炎放射器で追っ払うシーンがありますよね。あれがロウソクの長さの伏線になってるんじゃないかとずっと思ってたんです。ロウソクを燃え上がらせて短くしたのさ!ボートを流した位置を錯覚させるために!!みたいな展開があるものと信じてたんですが、どうでしょう。
見取り図が出てくるトリックを考えるのはどうにも苦手で、具体的なルートなどはまだ思いつかないんですが・・・・

それと動機についてですが、本当は陸ママが凛パパと結婚するはずだったんじゃないでしょうか。なのに6年前の出来事がきっかけで結局破談になり、凛パパは茉莉香ママと結婚。そして陸と陸ママは不幸のどん底に突き落とされて・・・と予想します。
---------- ちょびマン [ 編集] URL . 09/04, 22:09 -----

それともう一つ。第二話を読み返してみてですが、黒い人は左利きでしょうか。それとも右手が使えなかっただけなのか。
---------- ちょびマン [ 編集] URL . 09/05, 00:45 -----

>ちょびマンさん

どうもはじめまして。

ロウソクを短くしていたかどうか、悩ましいところです。
水路を使った場合でもロウソクを短くしておくアイディアは
組み合わせることができて、その時は水量の調節はスルーして
釣り場から流すよりも早く着く分だけ短くしておけばいいわけですが、
やはり伏線がネックだと思っています。

>昔の金田一が蛇を簡易火炎放射器で追っ払うシーンがありますよね。

仮に何かを焼いて短くしているエピソードであったらまだ分かるんですが、
「蛇を追っ払った」を「ロウソクを短くしていた」の前フリにするのは
すごい飛躍があるように思います。
加えて、仮に伏線だった場合、
こういうトリックのヒントになるようなエピソード的な伏線を
過去に貼っていたら、それを思い出したり連想させるシーンが再び出てきて
そこでトリックを思いつくのが通例です。
(具体的には「胃の痛み」とか「食べられたパスポート」とか)
しかし、今回その役目を担ったと思われるのはサッカーボールで、
金田一はボールを手にした時点でトリックや、トリックを実行するために
必要かつ近くにあるであろう何かの存在まで検討をつけていて、
実際に現場を調べたら思いついたことは間違いではなかった、
というような描写になっています。
(1日目にも出ていた)サッカーボールで連想できるものが
トリックの核になっていると予想できます。
後は、簡易火炎放射器で狙った時間分ロウソクを短くするのは
とても難しいそう、しかも2本ある、という点も無視できません。

>本当は陸ママが凛パパと結婚するはずだったんじゃないでしょうか。

意外性のある面白い予想ですね!
ただ、こちらも伏線がネックで、
亮が話してくれた川下り時に残っていたメンバーの出来事で
引っかかってきそうなのが茉莉香が怒っていたことぐらいになるのが1点目。
後はそれを正解とするために後1話で伏線が貼れるかというのが2点目。
今回は解ける謎として設定されているようですし。
例えば陸と凜が仲がよかったとか、そういうありそうな描写も
なかったというのが3点目。
光太郎がどうからんでくるのかというのが4点目。

後は、その動機で「取り返しのつかない罪を犯した連中」として
しまうのは自己中すぎやしないか?というのが5点目になります(笑)

>黒い人は左利きでしょうか。

凶器を両手で持っていた、ともとれるかもしれません。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 09/05, 00:45 -----

ああ…また犯人の失言であっけなく犯人がわかってしまった…当初の予想とは全く違う方向いったけど…

お久しぶりです。

用水路が登場したことにより、時間短縮のトリックはうっすら見えてきました。
作中の時間を遡る限り、彼がタコヤキ買ってきた時に死体を流したと考えています。近くに田んぼあるなら死体隠せるでしょうし。まあ外れかもしれませんが、その時はその時で^^;


狐火流しの見立てと蝋燭2本がさっぱり見当つかなくて困ってますが…(苦笑)
蝋燭は死体をはっきり見せるためなのか、長さが短いのか、それとも用水路付近の温度を変えるためなのか、このあたりの可能性でもう少し考えておきます。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 09/05, 04:31 -----

いつも楽しくブログを拝見させてもらってます。
書き込みするのは相当前に1度行ったキリなのでお久しぶりです。

仮面がたくさん~は「前に神社にこっそり入って知ってたんだー」
といい訳できそうだなと思うので
物的証拠でトドメ刺す展開なのかなーと思います。

ロウソクが2本使われた理由ですが、
例えば用水路の出口に燃えやすく飛び火しないゴムやビニールヒモのようなものを張っておき、
長いロウソク2本で流れないようにしていたんじゃないでしょうか。
(ロウソクは倒れないように工夫済み)

ロウソクが燃えていくと上記の横に張っていたモノが熔けるなり燃え落ちるなりし、『オサエ』が効かなくなったことでどんぶらこーと川下りする感じで。

狐の仮面の謎ですが、まず2ヶ月前にマリカが死んで2ヵ月後に連続殺人が起こったのは、狐火流しに併せて行うためだと思います。

だとすると2ヶ月前にマリカが狐の仮面を被せられていたのは、実は殺されたのではなく、自殺だったのではないでしょうか。現場が現場なのでリクが犯人だとすると、舞台という方面でちょっときついところがあるかなーと。

いわゆる上海魚人伝説の『春』のパターンで、マリカとリクが実は付き合っていて、なんらかの理由でマリカがリクが連続殺人を起こす動機に関わっていたことを知り、自責の念で自殺してしまったと。

そしてその少し前かあとでリクがマリカが自殺をした原因となった『過去の事件』の真相を知ったと。

恐らくコウタロウが殺される少し前後でリンが殺されていますので、よっぽど決定的な殺意を抱かせる出来事だったんじゃないかなーと思います。
---------- トーリすがり [ 編集] URL . 09/05, 20:36 -----

キョウタローさん、ありがとうございます。
炎ボーッ!!火気厳禁!は、「蛇」を隠れ蓑にした何気に重要なヒントに違いない!と注目してたんですが・・・うーん、キョウタローさんのごもっともな意見に反論できない(笑)スマホが見つかった草むらでスプレー缶的なものが発見されると思ってたんですが、その可能性は極めて低いですね。
大体、ロウソクの長さで時間を誤魔化すって、すっごいベタであり得ないよなって自分でも思います(笑)

でも動機に関しては、当たってるかもしれない!と期待してます。この事件、動機がポイントになるのはほぼ間違いないでしょうから、動機がわかれば犯人もわかると思ってました。裏を返せばそんなにわかりやすくは書かれていないハズ。(でも、よーく考えてみたらわかる程度のヒントは出されているハズ。)
何故、凛パパと茉莉香ママが再婚した設定にする必要があったのか?
凛パパ、茉莉香ママの他にもう一人、陸ママというシングルマザーがいるじゃないか!と気付いた時に、これは何かありそうだと思いました。
例えば光太郎達のスズメバチに陸ママが刺されて亡くなったり、重傷を負って再婚不可能になってしまったとかだったら。
光太郎のボートが凛達の家から持ち出された物なのも、凛達一家への復讐のためかもしれません。

「実は付き合ってたのは、あっちじゃなくてこっち」
「本当のことなんてそうそう言わない」

っていうのもヒントになっているのでは?と思ってます。
6年も経ってから復讐する理由はまだ考え中です。
狐火流しに見立てているのは、もしかしたら茉莉香が亡くなった時に、「狐火流しに見立てたら警察もマトモに捜査しないぞ。」と味をしめたのかも。単純すぎるかもしれませんが。
---------- ちょびマン [ 編集] URL . 09/05, 21:49 -----

>ブレイブさん

どうもです。

5連続ぐらいで犯人が失言していますね。

>狐火流しの見立てと蝋燭2本がさっぱり見当つかなくて困ってますが…(苦笑)

ここのところ、こういうしっくりした解答が出せていないところがヒントとなる意外な
答えが出てくる事件が続いているんですよね。
今回ばかりは大規模な工事が必要なトリックは仕込まれていないはずですが(笑)


>トーリすがりさん

2回目の書き込みありがとうございます。

「仮面たくさん」は犯人指摘で使われそうですね。
凜殺しがメイントリックと思われ、陸の手振りが映る写真でも
出てくれば物的証拠になるか、ポケットに白粉が残ってるというのもありですね。
また、今回は動機を最重要視しているので、
動機を解明して自白にもちこむかもしれません。

>ロウソクが2本使われた理由ですが、

これがはっきりしないのは、ロウソクを2本使って
解決すべき課題が見つからないからなんですよね。

例えば無記名の方が

>しかし水路の幅がゴムボートが流れるほど大きく見えないのがちょっと引っかかります。

と仰られていて、つまり「水路からゴムボートを流せない」ことを
課題に設定してそれを解決するためのロウソク2本使いを推理しておられます。
言われてみると水路が若干狭い気もしてきますが、水路自体は作中で言及も
されていない状態で、水路でゴムボートを流せないことを課題とするなら
もう少し分かりやすく水路の幅を狭めておくのではないかな・・・と思っています。
加えて、

>川との合流地点にとどめておき、
>水門が開かれたら動き出すような仕掛けとかでしょうか。
>その動き出しのきっかけとして灯篭が2つ必要だったとか。

トーリすがりさんも同じくロウソクが2本必要である理由を
仕掛けを仮定してその仕掛けに必要なロウソクの本数を2としているわけですが、
2案とも共通して、ノーヒントの仕掛けが登場しつつ、
その仕掛けを作動させるロウソク(の火力?)が1本ではダメで
2本でOK,もっと言うなら3本までは必要とないとするには
根拠が足りないと思います。

無記名の方の推理を参考に、仮に
「水路からゴムボートを流せない」として、
トーリすがりさんの仕掛けと合わせて
灯篭だけを水路に流して、ロウソクで合流地点でボートを引っ掛けていた
ヒモなりを燃やしてボートを川に流した、などと考えてみたりもしましたが、
ボートと灯篭をどうやってくっつけるか問題が発生するんですよね
(そもそも灯篭がボートにどうやってくっついていたかが謎ですが)。
加えてやはりロウソクが2本必要な理由にはなりません。

一応、灯篭が二つあったことで実際に目立ってボート自体に
繋がったわけですが、金田一は灯篭ではなく「ロウソクが2本あった」理由
とも言っており…。仕掛け説に惹かれたりもします^^;


>実は殺されたのではなく、自殺だったのではないでしょうか。

可能性としては未だ外せませんが、
その場合7話でどう伏線が貼られるかなんですよね。
上海魚人伝説は被害者が部屋を綺麗にしていたなどの手がかりから
自殺の線に繋げたとかだったと記憶していますが、

>なんらかの理由でマリカがリクが連続殺人を起こす動機に関わっていたことを知り、自責の念で自殺してしまったと。

例えばこれを匂わすヒントは、「連続殺人を起こす動機」と別に
提示される可能性が高く、そんなに盛り込めるのか気にしています。

>マリカとリクが実は付き合っていて

これがあると、色々整合がとれるんですが(第5話コメント参照)


>ちょびマンさん

動機をよく組み立てておられますね。
可能性としてはありですが、

>動機がわかれば犯人もわかると思ってました。
>裏を返せばそんなにわかりやすくは書かれていないハズ。

ここの部分は、そうではなかった事例ばかり思い出します。
朝顔(首吊り学園)、猟銃(首狩り武者)、蝶のあざ(怪盗紳士)、
コンタクトレンズ(黒死蝶)、苗字に月(天草財宝)、古い写真(決死行)等など。

いずれの事件もトリックと同じくらいに動機に重きが置かれていて、
ヒントの場所や謎のポイント自体は明確に提示されつつ、
それを動機に結びつける発想の方が求められました。

今回の動機の謎のポイントは、まず犯人が陸であることを前提としつつ、
金田一が見てきた範囲で、6年前に連続殺人を引き起こすような事件が
起こっていないこと。

>凛パパ、茉莉香ママの他にもう一人、陸ママというシングルマザーがいるじゃないか!

こういう部分も怪しく思えるポイントではありますが、まず第5話で6ページも使われた、金田一、そして犯人の陸がいない空白時間に残されたメンバーの中で起きた一見動機に何も関わってきそうにもない幾つかのエピソード、ここに事件の動機に迫るヒント(一番大切な部分)が隠されていると考えて推理したものが真相に迫れるのではないかと思っています。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 09/06, 20:05 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/370-16b503f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)