6←INDEX→7.5

「謎はすべて解けた!!」が出ました。

第7話です。

何と言えば良いのでしょうか。
ここ最近の「謎はすべて解けた」宣言の後に訪れる、
解けたけど解けていない少し解けた金田一状態と言うべきか。

いや、犯人もメイントリックも間違いないと言える、
85%くらいわかっている状態だとは思えるんですが、
そこまで晴れやかでもないこの気持ち。
「すべて解けた」と言ってはいるものの、
先週謎に掲げていた事件の動機を
いったい何時解いたというのか、小一時間問い詰めたいところです。

考えるべきところは残っていますが、
まず真相当てクイズに解答してしまいます。

----------------------------------------------------
【問題1】
犯人は次の6人の内、誰?

神小路陸

【問題2】
P.259で一が白狐稲荷の中で気づいた「違和感」の正体とは?

中から見て障子戸の中央と右が入れ替わっている
----------------------------------------------------

手振りトリック自体は、頂いたコメントを当たりかハズレか判断するだけの極簡単な
お仕事に終わってしまいましたが、
クイズ部分に限っては何とかはや解きした気分を味わうことができました。


さて、ここからが本題で、残った謎について考えます。
ですがその前に、第7話で明らかになった前提条件を確認します。


「すべて解けた」の後で黒い人(陸)を呼び出した金田一は
命を落とした人に向けて「狐火流し」を行うことを提案し、
三つは事件の被害者のために、
そしてもう一つは「お前(陸)のよく知っている人」のために灯篭を用意しました。

「お前(陸)のよく知っている人」。
手がかり(前フリ)が出ていると考えたら、
素直に陸の母親ぐらいしか出てきませんね。

前提1:陸の母親の死が事件の動機につながる


次は、金田一の台詞。
「お前が殺した三人の仲間の魂を送るためだ!」

前提2:栞莉香も陸に殺された



まずは

前提1:陸の母親の死が事件の動機につながる


から動機を当てに行きます。
とは言うものの、動機部分に関する収穫は上記の前提条件1以外には多分0。
大体これまで予想した範囲の真相になると思われます。

おさらいすると、第5話で亮と美咲が話してくれた金田一と陸が
不在の遭難時のエピソードに動機に関する重大な手がかりが入っていないはずがない。

二人の話では、被害者確定の栞莉香が犯人確定の陸に腹を立てていて、被害者の光太郎がそれに同調。
また被害者の凜がスズメバチに遭遇し、被害者の光太郎が
「スズメバチをペットボトルで捕らえられる罠を作れる」と言った。

これが、陸の母親の死に繋がる。
くりかえしになりますが、スズメバチですよね。

陸のリュックにスズメバチが仕込まれ、
それが原因で陸の母親が命を落とした、
という感じにしておきましょうか。
ストレートにアナフィラキシーショックかもしれませんし、
運転中にハチにビックリして事故を起こした、
なんて可能性もありますし。

そうすると引っかかるのが罪の分担で、
栞莉香と光太郎は直接的に関わっていて不思議ではありませんが、
凜は殺される何をしたのか。

「凛がハチを発見しなかったらこんなことにはならなかった」

という八つ当たり的な動機も考えましたが、
栞莉香の二ヵ月後に大胆なトリックで殺される人物として、
もっとガッツリ恨みを買うことをしているはず、と思いたくもなります。
栞莉香の命令でリュックにハチを仕込んだ、
または陸に話しかけて時間稼ぎをするなど、
他の人がリュックにハチを仕込む隙を作った、あたりで考えておきます。


そして提示されている謎は残り1つ。
栞莉香の殺害がなぜ「狐の嫁入り」に見立てられたか。
前号の時点で「殺害」という言葉が既に使われていましたが、

前提2:栞莉香も陸に殺された

これが事実として明確化されました。
金田一が栞莉香見立ての謎の答えに気づいたのが稲荷の社の中で、

●普通社の中で掃除はしない
  ⇒陸が社の掃除をした
●社に「狐の嫁入り」の絵が飾られていた

とすると、まず栞莉香は社の中で殺害されて、
「狐の嫁入り」の絵を目にした陸が、
何かをごまかすための「苦肉の策」で見立てを行って
凜の家の土蔵に栞莉香を運んだ、
というシチュエーションが思い浮かびます。

何かをごまかしていたかというと、
栞莉香が社の中で殺害されたこと。
例えば何の見立ても無しく、社の掃除も無い状態で
栞莉香が土蔵の中で見つかると、
彼女の服にホコリがついていたり、
社に血痕や争った形跡などが残っていて、
本当の殺害現場が特定されてしまう。

ここから一気に推理から想像に変わってきますが、
何故本当の殺害現場が特定されてしまうと
犯人に不都合が生じるのか。
そういえば、栞莉香の死体は裸だった。
ひょっとすると、陸と栞莉香は社で逢引してたのではないでしょうか。
なんやかんやで栞莉香が裸になっているときに
陸の母親の死に関する上のイタズラ的なものを明かされ、
気づいたら殺してしまった。
こんな状況で栞莉香が見つかったら、
関係的に自分が犯人と判明してしまう。

つまり、陸と栞莉香は交際していた。

まあ想像です。


最後にこれまで推理した事件のトリックをまとめておきます。


【光太郎殺し】

殺害した光太郎を載せたゴムボートを田んぼの水門付近に隠しておき、
水門を閉じて水路には水をためておく。
流し場到着後に2分でに水門に向かい、水門を開放して水路に火をつけた
灯篭と一緒にゴムボートを浮かべ、水路経由でゴムボートを
川に流した。水門の開け具合で水路の水流を調節することで
流し場までボートを15分で到着させ、また
釣り場に光太郎のスマートフォンや使用済のマッチを捨てておくことで
川下りで流し場まで15分かかる釣り場からボートが流されたと思うように仕向けた。
灯篭は、ロウソクの長さでボートが15分間流れていたことを証明するために
使用され、またボートがロウソクが燃え尽きるまでに発見されるように、
灯篭は二個ボートに付けられて目立つようにしていた。


【凜殺し】

花嫁姿の凜を殺害し、社の障子に寄りかかる形で座らせる。
手に白粉を塗り、これをポケットに隠しつつ、
流し場に向かう金田一達に同行するも、
白狐到着時にこっそり一行を抜け出して
社の中で障子に空いた穴から白い手を出し、
凛がそうしているかのように金田一達に手を振って、
そのとき凜が生きているかのように偽装する。
金田一達がその場から離れると、
さりげなく金田一に合流して
ずっと一緒にいたかのように振舞い、
以後流し場を4分以上離れないことで、
凛が生きていたとされる時から凜を殺せる時間がない
という状況を作りアリバイを確保した。



以上。
第8話に続きます。第7話追記に続きます。

6←INDEX→7.5
-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意



スポンサードリンク


  
コメント

お久しぶりです…

今回という今回は一人で考えようとして第一話からこのブログへの足を止め、今答え合わせに来ました。白粉と面の失言、気付きませんでした。お見事です。

凛を疑いまくり、蝋燭トリックも見当がつき、障子の入れ替わりと穴の位置の意味に気付き、亮の作画ミスに首を捻り、凛が手を振っている時に陸が会話に加わっていないのに気付き、そして最終的な結論として忍を犯人と断定しました。
同行者の目を盗んで社に入れるかに自信が持てませんでした。チーン…

陸は明確に感情論的には怪しかったんですよ。席を外した描写がはっきり描いてありますし、忍を犯人だと思ってる前提で「よく知っている人」発言が出た時、身内の掘り下げのない忍よりも母親の伏線のある陸の方が深みがあるのにな…と。浅かったのは私の頭でした(笑)

今回の事件はストーリー的に面白かったですね。動機を追うのも楽しかったですし、多少勾配の差はあれど、全員に思い出の見せ場があるところが、最近の事件と明らかに違うな、と思いました。
高校生になった金田一一行が汚れたゴムボールでサッカーをやるどこか無邪気な一時、昔の話よりも今夜は皆で楽しく遊ぼうよと笑顔で言おうとしていた光太郎の最期。こういうシーンがあって話に下味がついているからこそ、解答編はいい意味で悲しくなるんだと思います。

外れたとは言え、とりあえず自分一人で考えるのは面白かったですし、それを積み重ねてスイスイ謎を解いていくキョウタロー様はやっぱり凄いなあと改めて実感しました。今後の更新も楽しみにしています!
---------- たまき [ 編集] URL . 09/11, 00:42 -----

今回も興味深く読ませていただきました。
7話のヒントから、
大晦日以外掃除をしない社が慌てたように掃除されていた→茉莉香の死体には血が飛び散っていた、返り血をごまかすため
という推理を経て茉莉香の殺害場所は社だろうな~と検討はつきましたが、付き合っていた…その発想はなかったです。
まあでもそれだと裸体が血だらけな理由もしっくりくるから困る (笑) (血痕から見て、裸にされてから殺されたんだろうなと思ったので)

んで社を殺害現場と特定されたくなかった理由ですが、もしかして、社で死体が発見されたら祭りが中止になる可能性があり、狐火流しのトリックが行えなくなると踏んだからですかね?
狐火に見立てて死体を流す、小道を進まなければ見つからない用水路を使用したあたり、犯人はかなり土壌に慣れていると思われます。
となると、茉莉香と親しかったからこのあたりに詳しかったと思われ、彼女を(衝動的にしろ計画的にしろ)社で殺してしまったことにより、悪魔的な考えが頭に降りてきて、狐火流しを利用してアリバイを手に入れる方法を考えた…
すると社で発見された場合最悪祭りが中止になりトリックが行えなくなることを恐れたため、霧谷家に彼女の死体を運んだ、と考えています。

それから、キョウタローさんの言うとおり陸と茉莉香が付き合っていたことを考えると、凛が殺された理由、スズメバチ以外にあっても不思議ではないと感じました。
口封じです。
茉莉香と陸の接点を凛は知っていて、凛の性格からしてあかりや亮みたいに誰かと誰かの恋をばらすことはなさそうですが、もし知っていたら犯人にとって危険極まりない人物になりえそうな気がしました。
この繋がりを周囲に悟られないため、彼女を殺したのでは…?と。

今回は長文になりましたが、これにて失礼します。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 09/11, 09:15 -----

こんばんは。

陸と栞莉香は交際していたという仮定、恐らく間違っていないと思います。

事件編を読み返してみると陸は誰に対してもではなく、茉莉香に対してのみ辛辣です。
ひょっとしたらこれは自分と茉莉香の本当の関係を悟られないためにわざと批判的に振る舞っていたのではないでしょうか。
---------- 意子案 [ 編集] URL . 09/11, 23:11 -----

次回、ようやく解決編ですね。真相当てクイズに関する犯人と違和感は管理人さんと同意見で。

1、茉莉香事件
本当の殺害場所と思わしき社が掃除されているのに隅は残ってるとなると・・・やっぱり殺した時に服に埃が付いた=犯行場所特定になるからしか思い付きません(茉莉香の死因は不明のままですし)。凛殺害のトリックをひらめいてしまったからでしょうね・・・。
・・・やっぱり陸と茉莉香は交際していたことになるんでしょうか(とすると茉莉香から狐の伝説を聞かされた?)? とすると埃だらけの場所で密会ですか・・・?
2、凛事件
今までの推理から判断するとやっぱりあれは陸の手なんでしょうね。
3、灯篭のもう1人
散々言及されてる通り陸の母親で。むしろ他の人達は身内関係の話が出てないので、ホワイダニットな以上動機のヒントも出てるので一番しっくりくるのは言及されてた母親ですし。
4、電報の送り場所
どうしてここで最後のピースがそろったかについてはわかりません。・・・はじめちゃんの推理の方信用されてますし、県警アテにされてませんね。
5、何故凛は殺されたのか?
スズメバチに迷い込んだのはいかにも逆恨み臭いので恐らく凛が実行犯ってことなのでは・・・とすると忍はターゲットから外れることになりますね。

次回は解決編。楽しみに待ちます。
---------- あーちゃん [ 編集] URL . 09/12, 15:17 -----

>たまきさん

どうもお久しぶりです。

お一人推理お疲れ様です。
今回はちょうどストーリーが魅力的なので
途中でネットを見たくなったのではないでしょうか(笑

>同行者の目を盗んで社に入れるかに自信が持てませんでした。チーン…

リアルに想像してみると、
同行者が手振りのタイミングで気づかれなかったのが
犯人補正だよな~としか思えないトリックですし、
むしろ忍がトリックを実行しているほうが自然だと言えます。

恨みの力があれば、一晩で氷の橋も作れてしまうわけですから(笑
やはり金田一が犯人の正体に気づいたポイントを確定させるのが
最大の攻略法ですね。

>今回の事件はストーリー的に面白かったですね。(以下略)

解答編が始まってもいないのに締めくくりみたいな感想になってしまいますが、
まったくもって完全同意で、最近事件が終わった後
言おうとして言わない不満が解消された、まさしく読みたかったお話がようやく
出てきてくれた感じです。


>ブレイブさん

>裸体が血だらけな理由もしっくりくるから困る (笑)
> (血痕から見て、裸にされてから殺されたんだろうなと思ったので)

神視点の証拠にはなりますが、
言われてみるとピタッとはまる状況証拠ですね、裸体が血だらけ。


>すると社で発見された場合最悪祭りが中止になり
>トリックが行えなくなることを恐れたため、
>霧谷家に彼女の死体を運んだ、と考えています。

これ、可能性として記事に入れておくか迷っていた部分なんですよね。
「悪魔的なひらめき」がいつ訪れたという話になってくると思うんですけれど、
祭中止、または社閉鎖を防ぐ意図があった場合、
ひらめきは苦肉の策まで含まれた形で茉莉香殺害時に思いついたことになりますが、
「苦肉の策だったんだ、でもそこで」の文面から、
苦肉の策(死体を蔵に運んで見立てを行う)の後で
「悪魔的なひらめき」が訪れたという風に読めて、
祭中止を防ぐ意図はなかったのかな・・・と思っています。

>口封じです。

なるほど。凜殺害の動機については
「凜も悪いことに加担していた」というまったくの想像で組み立てたものでしたが、
その線のほうが与えられた材料で思いつけそうですね。
そうすると、さらに「苦肉の策」もこれに繋げられそうな気がします。


> 意子案さん

>事件編を読み返してみると陸は誰に対してもではなく、茉莉香に対してのみ辛辣です。

言われてみれば、茉莉香の訃報で駆けつけたわけですし、

>ひょっとしたらこれは自分と茉莉香の本当の関係を悟られないためにわざと批判的に振る舞っていたのではないでしょうか。

この意図は十分にありえますね!


>あーちゃんさん

>4、電報の送り場所
>どうしてここで最後のピースがそろったかについてはわかりません。

そうなんですよね。
言われた通り、電報の発信場所がわかった
以外の意図はないと思っていましたが、
それ以外に読み取れる何かが無くちゃ金田一じゃないですよね。
これについてちょっと思いついたことがあるので最後の追記をアップします。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 09/13, 12:07 -----
最後の狐火流し。
こんばんは。
久しぶりの感想です。
様々な謎が明らかにされる上で、なぜまりかの死体だけは細工しなければならなかったのかが、明らかにされるみたいですね。
犯人は、社の狐絵で思いついたみたいですが、すべてはマリカによって知らされた事が、真実か知りたいですね・・。
犯人の正体は、陸との結論の中で、あかりも犯人と狙っていると僕は思います。
---------- 神風 [ 編集] URL . 09/16, 23:31 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/371-e77533a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)