上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


10←INDEX|>

狐火流し殺人事件、ラスト第11話です。

「――どんな理由であれ
 お前が6年前の友情を殺しに利用したことを俺は絶対に許さない」

陸にそう告げながらも遭難組に真相を明かすことをせず、
陸が自首することを友人として望んだ金田一。
そして図らずも、凜の父から茉莉香の本心を知ることになった陸は、
遭難メンバーがそれぞれの場所に帰るとき、一人
罪を認めて償う道を選択しました。

仇を討った人間がうまく逃げられたあとで晴れて人生をやり直せたか。
その答えはもうわかりませんが、
罪を認めた陸の感謝と別れの笑顔はきっと本物です。

他のメンバーが最後まで真相を知らされない
不思議な幕引きになりましたが、
遭難組が全てを受け止めるにはまだすこし時間が必要、
金田一はそう判断したのかもしれません。


とかなんとか、推理する部分も終わっているため
締めの部分について何かコメントしようとするとクサい感じになりますね。


凛がイタズラに関わっていたかどうかについては、茉莉香の

「あたしと凜と光太郎の三人でやったのよ!」

という台詞でしか判断できない状態でしたが、

「・・特に陸にはちゃんと言っておかないと」

と、陸に謝罪する意志を示した茉莉香に対する、凜の

「そうだね茉莉香」

という同意していた描写が、
凛もイタズラに関与していたことを間接的に示す役割を
果たしていると一応は考えられます。
また普通に光太郎も凜もイタズラに関わっていた、
それ以上もそれ以下もなく、それ以外の何かを読み取れるように
意図してか描かれている部分も特にないと思われます。

しかし、光太郎と凜を殺す動機が不確かな茉莉香の台詞に頼りすぎていて、
確信して殺すには根拠が弱いという印象を与える構成になっています。
おそらく、「光太郎と凜がイタズラに加担していたという設定」
を知っている作者側とそこを確信できない読者に
感覚のズレが起っているのではないでしょうか。
漫画的には3人がイタズラを行っている回想の1コマや、
誰かに謝りたい意志を見せる凜の描写、
光太郎殺害前のシーンで、
光太郎に心当たりや後ろめたさが見える描写等があれば、
そのへんのもやもやが少なくなったかもしれません。
上記例はあくまで神視点で読者を納得させるものであり、
陸が茉莉香の台詞だけで光太郎と凜を殺したことの
強引さを解消するには別のアプローチが必要になりますが。


「水筒に生きたスズメバチ」は
小学生のイタズラにしてもシャレになってなさすぎて
とても擁護できるレベルではありませんが、
今回事件が良かったので無理やりにでもフォローしておくと、
「陸がびっくりするだけ」という小学生らしい浅はかな見積もりと、
祭りの終わりを惜しむテンション、複数人でイタズラを決行するという
わくわくするシチュエーションによって、
本当に軽い気持ちで行ったイタズラだったのでしょう。
現実でも、大の大人が落とし穴のイタズラで人を死なせてしまったとか
あったじゃないですか。

全然フォローになっていませんね。

それはそれ、これはこれとして
茉莉香がイタズラを後悔していたことを踏まえて
第10話を読み返してみると、
茉莉香が甚だしい逆切れをしていたことに変わりはありませんが、
強い後悔の念もあったからこそ、
謝罪できるタイミングが唐突に訪れてしまった故の混乱で
口をついて出た言葉がアレだったとすれば、
少しは理解できる…ような気もします。


そんなこんなで雪影村に続き第2の美雪なし
長編となった狐火流し殺人事件は、
久しぶりに容疑者を丁寧に描きつつ、
これまでにない終わり方で独特の余韻を残して無事完結。
第II期の中で一番好きと言える事件となりました、
めでたしめでたし、終。


51号から始まる新シリーズであいましょう。

10←INDEX|>

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意


スポンサードリンク


  
コメント

こんにちは、いつも楽しくブログ拝読させて頂いております。

私も狐火流し、先週までは2期で一番好きな事件でした。
キャラ一人ひとりが立っており、雰囲気もよく、陸の心情も丁寧に描かれていて、本当に良いエピソードだなと思っていました。

それだけに、今週の展開にはがっかりさせられました。
茉莉香は陸に対して罪の意識を持ち謝るつもりだったのなら、いくらなんでもあの逆切れの描写は不自然だと思います。
思わせ振りな描写があった凛のフォローもなく、ただ「反省してたみたいよ」で終わってしまう、そしてその程度で陸は殺人を後悔するほど、短絡的な人物だったのでしょうか。
茉莉香を衝動的に殺してしまったのはわかるとしても、2ヵ月も経っても消えかった光太郎や凛への殺意は、「茉莉香は謝るつもりだった」、それだけで揺らぐようなものだったのでしょうか。

先週までとても良かっただけに、非常に期待はずれの最終回でした。
---------- ゆり [ 編集] URL . 10/08, 11:41 -----

素晴らしいお話でした。私的に、歴代金田一の中でNo.1かもしれません。正直言って、私は金田一の、犯人に対する薄っぺらい説教が大嫌いです。(そんな薄っぺらい説教で、大事件を起こした犯人がアッサリ反省しちゃったりするのも違和感があってシラけてしまいます。)
でも今回は違いました。自分自身の行動すらも反省して悔やみ、涙する金田一に感情移入できました。初めてかもしれません。金田一からの陸への問い掛け等含め、読者の気持ちを代弁してくれたような一話だったと思います。

茉莉香があんな態度をとったのは、自然な事だったとも思えます。大惨事を引き起こしていたと知らなかったんだから。自分の事を責め立てに来たと感じたのかもしれません。
陸がカッとなってなかったら、あの後きっと「でもさ、酷かったよね。ごめんね。」と続いていたと思います。
推理を外したショックが吹き飛ぶくらい、すごく良いお話でした。
---------- ちょびマン [ 編集] URL . 10/08, 14:56 -----

私はゆりさんの意見に賛成です。謝罪したいと言っていた茉莉香と「インケーン」と陸を罵る茉莉香、全く重なって見えません。というか悪い子ではないのは散々描写されていましたから、別に茉莉香の印象が変わるわけでもありません。
茉莉香や凛が謝罪するつもりだったと知って動揺するくらいなら、はっきり言ってこの2か月の間に考え直す機会はいくらでもあったのでは?
最終回でがくんと評価が落ちました。
---------- いろは [ 編集] URL . 10/08, 18:00 -----

こんにちは。
狐火流し、完結ですね。読後のやるせない余韻を楽しめるのも久しぶりです。
仮に茉莉香が素直に謝っていたとしても、陸の母の死を知った茉莉香は罪悪感を解消することなど永遠に出来なくなり、陸は陸で一人で恨みつらみを抱え続けることになると思うと救いがなくて悲しいですね。

被害者の悪行について何もどんでん返しがなかったのには、凛のらしくなさも踏まえて良くも悪くも驚きました。
ですが、個人的にはこれで良かったんだと思います。
異人館ホテルや黒死蝶を見れば分かりますが、もし大きな誤解があったとして、それを犯人が知れば大変混乱し、静かな情緒を醸して幕を引くことが難しくなります。

今回の幕引きはとても綺麗です。
最後に出てきた狐火が、さっき灯籠を流して茉莉香達の魂を見送ったことと繋がってきて。

陸が自分の意思で償いを選ぶプロセスもとても良く、人の良さそうな凛父が何も知らないまま陸を気にかける場面。一度罪を仲間に伏せられ、陸が罪から逃げ切った場合を擬似的に体感する機会。憎くも完全に憎みきることは出来なかった被害者の魂。
このままじゃいけないって後ろめたさが、群を抜いて説得力を持って描かれていた気がします。

惜しむらくは、やはりインケーンですね。
この態度が、やるせなさを出す為に必要となってくる“罪の分散”を邪魔していたと思います。凛父の回想に出てきた茉莉香の顔がごく普通の可愛らしい女の子のものだっただけ、余計に勿体ないなと。

最後にもう少し十人組の友情を描いて欲しかったなとか、雪影村と比べれば足りなかったものは色々あるとは思いましたが、本当に久しぶりに金田一らしい面白い話を読めた気がします。
私もこの作品が二期でダントツ一番ですね。是非、次回作も今回あった良いところが引き継がれていると期待したいです。
---------- たまき [ 編集] URL . 10/08, 19:44 -----

すいません。もう少しだけ感想です。
殺したい程恨んだとしても、かつて(多少の好き嫌いやイザコザはあったにせよ)大切な仲間、友人として共に過ごした時間が「無かったコト」になるわけではありません。陸は「アイツら、反省なんか全くしてない!悪いとすら思ってない!」と思っていたからこそ殺した(殺せた)のだと思います。
だから、陸が茉莉香と凛の本心を知って動揺する場面に今回物凄く納得できました。

唯一気になったのは凛パパの言動でした。ページの都合上仕方ないのでしょうが、「警察が捕まえてくれるだろう」っていう場面で暗い表情を見せるとか、拳や肩を震わせるとかがあったら良かったのかな、と思いました。

問題編は正直微妙だと私自身は思っていたのですが、完結編は金田一史上一番好きです(笑)
---------- ちょびマン [ 編集] URL . 10/08, 23:43 -----
終わりましたね
マリカについての勝手な考察第2段です。

マリカは自分が悪いと思って、自分から謝ったとして、謝った相手がその場で話を終わらせずマリカを追求した場合

なによ!人がせっかく謝ったのに、そんな言い方はないでしょ!それにあんただって悪いんじゃない!

と逆ギレして、また喧嘩をしてしまうような女の子だったんだと思います。

だから、謝ろうとしたのも本音だろうし、「インケーン」と言ったのも同じマリカなんだと思います。

こうしてみると、凛はマリカの腰巾着ではなく、マリカのブレーキ役を担っていたんだろうと思います。

なので、最終回に違和感は特に感じないです。

最終回の金田一に続けて、

もし2ヶ月前に会ったのが、マリカではなく凛だったら

こんなことには、、、

でしょうね。

めっちゃきれいなラストだと思います。惜しむらくは回答編から金田一と陸しか登場してなく、他のメンバーが完全に空気になったことですね。

真相を知らないまま、帰るのはよかったと思いますが、

例えば帰りの電車の中でメンバーで6年前の陸のことを思い起こすシーンがあったなら言うことなしだったと思います。
---------- ゆう [ 編集] URL . 10/09, 12:54 -----

二度目の投稿失礼します。
今回はすごく個人的に読みたかったお話に近いです。
「相手が悪いから。終了。」でなく、人の心のあり方の描写が丁寧なんですね。
しかも今回は犯人、被害者、金田一自身とスポットが当ります。

茉莉香達のやったことは到底許されることではありませんし、自分達の独善的な憤りをぶつける為には相手がどんな怖い目にあってもいいという無自覚な残酷さも感じます。
ですが、一方で非常に友達想いで人好きな側面も見せ、陸以外の人には生きる権利を否定されるような人達じゃないな、とも思いました。もし素直に謝罪をし、生きて自分達の悪行を本気で反省できていたとしたら、そうあって欲しいと思わせる程度には。
冒頭のシーンが前提の役割を果たしていて憎めないんですね。

犯人の陸についても同様で、一人だけ無愛想にしているなという第一印象を描いた上で途中でそれを覆し、キャラ付けの前提がしっかりしていましたので、動機編でスムーズに陸のドラマに入っていけました。
一話を思い返して陸が無邪気に皆とキャンプに行けると喜んでいるのが感慨深かったり、四話を思い返して母親を失ったのは“陸だからこそ”本当に辛かっただろうな、とか、天涯孤独の身で人知れず逮捕される救いのない状況で何とか笑ってみせるのが切ないな、とか。

金田一は金田一で茉莉香達の為にも陸の為にも一人の友人として涙を流し、“どんな理由であれ人を傷付けるってやってはいけないことなんだな”と、殺人を扱う作品としてとても大切であるべきものを思わせてくれました。

今回はキョウタロー様の言うように“人間”が描かれていたと思います。
---------- たまき [ 編集] URL . 10/10, 02:25 -----

エピソードとしては良いお話だったと思いますが、いろいろと残念というか納得のいかない部分も目立つ回だったように思います。

最も納得いかない二つが
①そもそも凛が泊まっていけと言わなければ殺人計画が成立しない
②最後尾の陸が居たり居なかったりしたことにすら気づかなかった金田一が「おまえずっと右手をポケットに入れていたよな」と指摘

①はもしかしたら凛が何も言わなかった場合にそなえて村から出られなくするような下準備でもあったのかもしれません。
②に関しては金田一視点(さりげなく抜けて戻ってきたのがわからなかった)と読者視点(ずっとポケットに手を入れている描写がわかる)が混ざってしまっているようで・・・
---------- かなた [ 編集] URL . 10/17, 12:44 -----

アニメで見ました後で原作チラ読みの
陸の母親が死んだシーン思い出して。あの時、お父さんが陸に雀蜂の事を言ってれば
後に、陸に雀蜂の件を詫びる葉書か手紙でも送ってれば。
親子関係は…
茉莉香の逆ギレの時、「お前等のシャレにならない悪戯で母さんは死んだ」と言ってれば
その時、刃物が無ければ人がすぐ駆けつけてれば
一番のもしは、茉莉香達があんな悪戯をしなければ。
親子関係は家庭は滅茶苦茶。陸は父親に責められ虐待受けて
最期まで陸がやったと思ったまま。陸は、はじめの説得に応じたが、私だったら
応じないと思う。アニメで「お前は満足したのか」と言ったけど
私なら後悔してないと答えるでしょうね。子供の悪戯?取り返しのつかない事に
陸のお母さんが助かってたら?茉莉香達の悪戯が明らかになって、
その場合は、彼等は親に怒られて。彼等の態度次第では修復も可能だったかも
現在陸の父親が生きていて事実が明らかになったら?
陸が犯罪を、犯さなくても親子関係はどうにもならない状態だったと思います。
陸の父親は誤解したまま死んだ。仮に生きて全てを知ったとしても
肉親だから、蟠りが解けるとは限らないのですから。
一番のもしは、茉莉香達の悪戯がなかったらですよ。
---------- ミント [ 編集] URL . 03/31, 11:11 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/376-2eac5acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。