第6話INDEX第8話

「謎すべ」いただきました。
そして「ジッチャンの名にかけて!!」のコマは
今回くらいの大きさがちょうどいいですね。


第7話です。

第6話は考えさせられる内容だったこともあり種々のコメントをいただき、
幸いコメントの中から正解を見つけることに関しては得意としているため
(と言っておきながら「ぐお…ぐお…⇒次男?ないんじゃないかな~」
「犯人は美雪、おまえだ?言わせないんじゃないかな~」と取りこぼしも多々ありますが)


>部屋が傾いてるのか、冬部が殺される以前にここで絵東が殺され、
>その後でトランクと一緒に吸血桜の木の下に移動させることで、
>絵東が建物内で殺されたことを隠そうとしたのか…


>小中学校の教室だと、前方の窓際に先生の机がある場合があります。
>そこから推察して、敷島は窓際の1番前の席、つまり出席番号1番だったのかもしれません。
>もしそうなら、当時の苗字が青桐であったと考えられます。


お二方の上記2点を取り上げるだけで、何も言わなくても70点取れていると思えます。
一応85点くらいは目指します。


というわけでまず犯人は敷島大悟。
特定に至る手がかりの開示が後の方だったため、途中で三夜沢を疑ったりもしましたが、
最終的には他の犯人説も共犯説もどこでも出ていないだろうな、
というくらいには手がかりが揃いました。

ダイレクトに犯人特定に繋がるのが「謎はすべて解けた」のところ。
佐木ビデオを見た直後に3人のせいで死んだ人物の性が「青桐」であることを確認、
上でコメントを引用したそのままで敷島の当時の苗字が青桐であったと仮定を立て、
その後の剣持警部の報告で仮定が正しかったと立証されたと読めます。

天樹先生が手ごたえを得た会心の違和感ネタは、
「先生の真正面」という言い方が、その言葉と敷島という苗字から連想してしまう
「真ん中一番前」と微妙な齟齬があって、
そこに微妙な違和感が生まれてしまうところなんだと思います。
感覚的な話になりますが、「先生の真正面」を板書する先生を目の前にする「真ん中一番前」とするよりも
左前で先生の机を目の前にする「左前」と想像したときの方が先生との位置もより近く、
「先生の真正面」という言葉と「やりづらかった」という感想がぴたっと一致するんですよね。


敷島が犯人ということを確定させれば、
冬部が空部屋で殺されていたこと理由も説明がつく、というか

>絵東が建物内で殺されたことを隠そうとしたのか…

というコメントを事前いただいている状態で

「絨毯に残っている血液を残らずに調べてくれ」

という台詞が出れば、それか!となります。
絵東が殺された現場は冬部が殺された西棟の空き部屋と同じで、
想像になりますが、例えば絵東がチェックアウトしたとき、
タクシーの手配をしたと嘘を伝えながら、
「掃除の都合で、こちらの部屋で待っていてください」といった感じに
人気の少ない西棟の空き部屋に誘導したのではないでしょうか。
絵東が部屋にいるとき窓を開けた状態で布団を避けてベッドに
腰掛けていたりして、シーツの上の花びらはこのとき入ってきたのかもしてません。

上記のように絵東が空き部屋で殺されていたとなると、
絵東の死亡推定時刻に「お客さんの部屋の掃除」をしていた敷島が犯人とばれてしまうんですね、
と第5話の尋問に対する「重要なヒントがあるような気がしてならないんだ」もこれで回収です。

絵東がいたことを隠すために空き部屋のドアノブの指紋はふき取られており、
ブザーを鳴らして空き部屋で冬部の死体を発見させたのも、
死んで間もない冬部の死体と乾ききっていない血溜まりを大音量のブザーと共に見せ付けて、
冬部が空き部屋で殺されたことだけを印象付けようとしたという感じでしょうか。
(ブザーのくだりはちょっとしっくりきていません)


また、冬部を空き部屋に誘いこんだ方法は、

冬部が「――じゃあよろしく」と電話を切ったシーンと合わせて、

警察に監視されて苛立っている冬部に

「ご不便をおかけしております、別室をご用意しましょうか?」

などと言って、窓からこっそり西館に来るよう誘導した、と組み立ててみました。


青桐岳人が死んで十数年後に復讐が始まったことについては、

昨年のバイトで3人と会って一家を崩壊させた元凶と知りつつ、
酒に酔った絵東と斧田あたりが、
「私達がこうして成功できたのも、ある意味青桐のおかげよね、
 本当に感謝しなくちゃ」・・・的なことを言ったのを聞いたという感じに、
敷島に復讐を決意させる出来事があったと予想できます。


ラストは斧田殺しの密室トリックで、
敷島が何かをやったという視点で部屋に入ったシーンを見てみると、
桜の枝に絡まっていたのは別の部屋の鍵で、
本当の斧田の部屋の鍵は敷島が持っていた、という答えしか思いつきません。

鍵に紐がどのように通してあるのかわからないので、葬送銀貨のように
枝にからまった紐に一瞬で鍵を付け替えたることができるのか判断できませんが、
枝にぶら下がっていた鍵と本物か確認したときの鍵が別物、と言っておけば
多分当たっている気がします。
鍵に変わったパーツがついているので先端部分が外れる、という機構になっていると
都合が良いんですが。

85点ぐらい取れたでしょうか。

第8話に続きます。

第6話INDEX第8話

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント

初めまして、いつも拝借しております。敷島犯人説、素晴らしい推理でした。
私は出席番号から葉崎を怪しいと睨んでいましたがまさかそこだったとは…見事に違和感の主点を騙されてしまいました^^;

個人的に冬部は自殺し、敷島と冬部は共犯関係にあったと考えます。
安直ですが検死がわざわざ死ぬまで10分猶予があったとか4分は意識があったとか言ってる所や金田一の桜を刺すのに暴れる云々の会話を聞いているとしっくりします。
布団の桜の花びらも予め槍のように尖らせておいた枝を隠しておいたせいだと思いますし、斧田と同じ状況の密室を作っておくことで敷島のトリックを隠す目的があったのではないかと…
また他の二人を殺害したのが冬部であるなら、斧田や絵東が正面から刺されていたのも納得できます。
絵東がタクシーに乗るという情報も冬部しか知らないはずですし…お互いに情報共有してたとしか思えません。

私は犯人二人の冬部(実行犯)、敷島(主犯、援助役)と予想してます。
---------- 腑抜けのナナフシ [ 編集] URL . 06/11, 13:03 -----

こんにちは。

え、もう謎が解けちゃったの…と困惑してたのですが、
客室の掃除と空き部屋が繋がってくるのは気付きませんでした。

密室はもう少し手がかりを掘り下げて欲しいですよね。

ところで以前、冬部に集中して疑っていた時、冬部に鍵をすり替えられないか考えたことがありました。
(佐木のビデオのアングルを見るに、
冬部が死体に近付いた時は鍵は彼の背中に隠れて見えませんので、チャンスがありそうだったんですね)

そして、興味深い手品のネタを見付けました。
組み紐のような筒状のロープを用意して一ヶ所切断し、紐と同じ色に塗った小さな磁石を紐の両端に埋め込んで再び繋げるというものです。
鍵が鉄製でないことが条件ですが、殆ど音を立てず、時間をかけずに
紐を桜の枝に絡めたまま鍵を取り外して付け替えることが可能です。
“色のついた組み紐”というアイテムととても相性の良いタネで、敷島にも可能です。
金田一がそれを匂わせる言及をしなかったのがネックですが…

あと、動機なのですが三人は一応罪を償ってるということで、もう少し許せないと思うに足る何かがないかな…と思っているのですが
三人がここに集まり始めた時期が5年前ということが気になります。
青桐岳人の墓参りに行って一家全滅を知った日と被らない気がするんですね。
そこに更に秘密があれば解答編は面白くなりそうです。

…虎元の件は何なんでしょうね…一番気になります。
藍染オーナーや鬼方桜柳と絡めて説明されると期待したいです。
---------- たまき [ 編集] URL . 06/11, 16:44 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 06/11, 22:58 -----

お久しぶりです。
僕もだいたい同意見です。キバヤシ先生のヒントはちとずれてる感じはするんですが(苦笑)

あとは、斧田の死体に刺さってた鍵をなぜ敷島が確認しようとしたのか、というのがはじめが感じた違和感なのかもしれないですね。
---------- さだきち [ 編集] URL . 06/12, 01:29 -----

本文にある
>桜の枝に絡まっていたのは別の部屋の鍵で、
>本当の斧田の部屋の鍵は敷島が持っていた
これ、一番最初に思いついたんですが冬部も同じ密室殺人になってしまったことでこの考えを外していたんですよね…あの時鍵確認したの剣持警部だし。

今回の話を読んでて、一の「冬部は用心深い」発言と「意識を失うまで5分」という鑑識の発言から、冬部は半分自殺に近いように思えました。
言うなれば吸血鬼殺人事件の緋色みたいなもんなのかなと。

最初の斧田の殺人が「敷島の鍵すり替え」で確定として、冬部の場合は、「犯人は密室の中におり、誰かを呼びすぐに脱出するためあえてブザーを鳴らした」と考えました。
この事件では地図が出てこなかったため部屋のつくりが本館と西棟で同じかはわかりませんが、もし一緒なら
・トイレ
・天井の換気扇
など一時的に隠れられる場所は結構あり、冬部の死体発見現場をじっくり見直したら机もないのに部屋のど真ん中に椅子があるんですよね。
…となると、換気扇の羽根さえ外してしまえば、天井裏に隠れることは可能だと思っています。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 06/12, 20:04 -----

> 腑抜けのナナフシさん

はじめまして。

敷島と冬部の共犯説ですね。
面白いと思いましたが、
いつもコメントでいただく共犯説はだいたいちぎって投げているので
今回もちぎって投げさせていただきます。

冬部が自殺とすると、敷島への償いのために友人二人を殺害し、
自殺し、敷島が疑われないように工作したとお考えでしょうが、
それならばわざわざ夜桜亭にこないで敷島に疑いがかからないように
普通に二人を殺して普通に自殺して、
遺書で殺人と過去の罪の告白をしておけば済むと思いました。

>また他の二人を殺害したのが冬部であるなら、
>斧田や絵東が正面から刺されていたのも納得できます。
>絵東がタクシーに乗るという情報も冬部しか知らないはずですし…
>お互いに情報共有してたとしか思えません。

ここらへんは、伏線でない部分を伏線として
捉えてしまっているように感じました。
例えば、過去の事件で大柄の男が首つりで発見されたから、
犯人は力の弱い女性でない、と考えてしまうようなパターンです。
正面から指されていることへの重要性がほんの少しでも仄めかされていれば
話は変わってきますが…。

絵東がタクシーに乗るという情報を、
敷島が冬部と共有していたしていたことも情報としてないと思われますし、
スタッフとして聞いてもおかしくないとも思います。


>たまきさん

自分も「ジッチャンの名にかけて」と「謎はすべて」で
あと2話は問題編が残ってるだろうと思っていました。

仰られる鍵と紐のトリックは、非常に分かりやすくかつ
今回のシチュエーションにピッタリですね。
証拠として発見されやすそうなのが気になりますが。


動機については、過去の記事のコメントで考えを述べていますが、
絵東はイジメについて反省していても、
青桐家の一家心中に関しては自分たちのしたことと関係ない
という考えを持っていて、当事者でない剣持警部すら激高させているので、
敷島が青桐家の一員で、絵東達のそういう考えを知って、
かつ「色々あったけどその色々があって成功した私達がいる」なんて
苦労自慢しているみたいな顔をされたら復讐を決意しても
不自然じゃないと考えています。

5年前は、お金に余裕ができて夜桜亭に泊まれるようになった時期、
くらいで何も無い予感がします。

虎元、愛染オーナー、猟奇殺人はしっかり答えが欲しいですね。


>さだきちさん

どうもお久しぶりです。

>斧田の死体に刺さってた鍵をなぜ敷島が確認しようとしたのか、
>というのがはじめが感じた違和感なのかもしれないですね。

ビデオ確認シーンではすでに敷島にターゲットを絞って
何をしているか注目していたと思いますが、
「違和感」はそこのシーンにかかっていないと思われます。


>ブレイブさん

>言うなれば吸血鬼殺人事件の緋色みたいなもんなのかなと。

敷島の正体を知り、殺されることを受け入れたと。
ありえそうです。ちょっといいキャラしてますよね、冬部。

>最初の斧田の殺人が「敷島の鍵すり替え」で確定として、
>冬部の場合は、「犯人は密室の中におり、
>誰かを呼びすぐに脱出するためあえてブザーを鳴らした」と考えました。

そういえば最後も密室でしたね。
まったくそこを考えていなかったので

>(ブザーのくだりはちょっとしっくりきていません)

と言いたくなるブザーの効果を予想してしまいましたが、
それでドンピシャだと思います、しっくりきました!!
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 06/12, 20:57 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/399-7a62f818
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)