第7話INDEX第9話

今回はなかなか面白い事件なので,ブログでやれることはやったということで久々に、
某掲示版ではどんな推理が出ているのか見に行ったら、
まさかの冬部共犯説盛況状態。しかも説得力あり。

ツーチャンに関しては別のブログでアップした『僕だけ』の推理が作品スレに
貼られて、そして名探偵達に自演扱いされて「氏ねハゲ」とまで言われる恐怖体験をしたのが
わりと最近のことですが、やっぱり情報が集まってい読むと楽しいと再確認しました。

ということで、第6話のコメントで共犯説(正確には冬部自殺説)
をちぎってなげてしまってしまっていますが、現状85点どころか30点
とれていないかぐらいの状態になっている気がするので、
451さん、やっぱり追記して共犯説を検討してみます。



まず、とっかかりは

「冬部は警察まで信用せずこっそり部屋を出る用心深い男。
 そんな奴がホイホイ外から来た誰かを部屋に招き入れるか?」

という金田一の台詞。そこからベッドの上の花びらは、
布団の下に入っていることをきっかけに冬部殺しの密室の謎を解いた様子を見せています。

もとの推理では、「絵東がいたときに窓から入った」的な理由付けをしていましたが、

ちぎって投げてしまった共犯説コメントの

>布団の桜の花びらも予め槍のように尖らせておいた枝を隠しておいたせいだと思いますし

こちらの方が圧倒的にしっくりきます。
そこで冬部が犯人を部屋に招き入れるか疑問に思っていた金田一が気づいたのは、


●犯人はあらかじめ空部屋で枝を隠していた
 ⇒空部屋を選んだのは犯人
 ⇒犯人が先に空部屋にいて、冬部を招き入れた

ということになると思われます。
では、招き入れた空部屋の様子はどうだったかというと、
どういう流れで金田一が気づいたかいまいち掴めていませんが、

「絨毯に残っている血液を残らず調べ上げてくれ」

という台詞から、この空き部屋が絵東の殺害現場であることを
思い立ったと考えられ、冬部が空き部屋に入ったときには
絨毯に血痕が残っていたと思われます。
加えて、冬部の出欠の具合から、冬部はきちんと部屋の中に入った後で
殺されていると考えられます。
合わせると、用心深い冬部が血痕の残った部屋に招かれているということになり、
冬部は犯行に関わっている、つまり共犯ということになるのでしょう。


これは確かに共犯っぽい。


次にブザー。これに関しては

>ブザーを鳴らして空き部屋で冬部の死体を発見させたのも、
>死んで間もない冬部の死体と乾ききっていない血溜まりを大音量のブザーと共に見せ付けて、
>冬部が空き部屋で殺されたことだけを印象付けようとしたという感じでしょうか。

と理由付けしてみたものはしっくりきていなくて、
冬部が自殺していたという説にしても、すぐに人を駆けつけさせる目的が不明瞭になりますが、
金田一の口ぶりからすると、明らかにブザーはマストアイテムです。

そこで一番納得したのが、いただいたコメント


>最初の斧田の殺人が「敷島の鍵すり替え」で確定として、
>冬部の場合は、「犯人は密室の中におり、誰かを呼びすぐに脱出するためあえてブザーを鳴らした」と考えました。
>この事件では地図が出てこなかったため部屋のつくりが本館と西棟で同じかはわかりませんが、もし一緒なら
>・トイレ
>・天井の換気扇
>など一時的に隠れられる場所は結構あり、冬部の死体発見現場をじっくり見直したら
>机もないのに部屋のど真ん中に椅子があるんですよね。
>…となると、換気扇の羽根さえ外してしまえば、天井裏に隠れることは可能だと思っています。


確かに冬部の部屋に椅子がぽつんとありました(全然目にはいっていなかった)。
さらに、換気扇の情報も出ています。

「犯人が密室の中にいて、開けさせた後で脱出する系トリック」これが
ブザーの使い方で一番しっくりきました。

「もう二ヶ所指紋を調べてほしいところがある!」もトイレと換気扇かもしれません。


これらのことを気づいたと思われる金田一は、
絵東が殺害されたときの証言で絵東の死亡推定時刻に「お客さんの部屋の掃除」をしていた敷島が
犯人であることも同時に気づいたと考えられ、
佐木ビデオで斧田殺しの状況を確認した際、敷島と冬部に何が出来たかという観点で
映像を見ていたと思われます。

自分は敷島単独犯として考えていたため、
大雑把に部屋の中で鍵を摩り替えたとしていましたが、
この予想は、それらしい気づきがないのに飛躍したトリックになってしまっていること、
映像が生きてこないことが弱点になってしまいます。
一方、冬部に着目した場合、簡単に「窓は実は開いていた」という推理ができて、
さらに窓の鍵を切り替える際には「カチン」と音が鳴ること、
映像には冬部が窓を開ける前に金田一が窓を開けたときの「ガタン」という音が入っていることから、
この「ガタン」と音を立てている隙に窓を「カチン」と締め、
その後もう一回開いたとすれば、
ビデオが解答編で有効活用できることになります。
また、この程度の作業であれば、金田一のコメントがなかったこともなんとなく納得できます。

第7話のピックアップされた出席番号順の証言で、1対1で「青桐」と結びつくのは
先生の真正面⇒教卓でなく先生の机の前⇒教室の左上⇒出席番号1⇒「青桐」。
ここで敷島の殺人の動機を確信。こんな感じでしょうか。


冬部共犯説で考えると、敷島単独犯で無理やり理由付けしてたところが
綺麗に解消されるので、そうなんだと思えます。


この説をとる場合は斧田殺しの密室トリックが非常に小さいものになってしまうことが
気がかりなポイントになりますが、あくまで共犯関係がポイントということであれば、
墓場島の監視トリック自体はシンプルであるのと同様と考えることもでき、
さらに冬部殺しで「犯人が密室の中にいて、開けさせた後で脱出する系トリック」
を使っていたとすれば同じ状況の違う(斧田殺しのときに否定された)トリックを使う
前フリとなっているということで面白くしようと構成された話(少なくとも自分は今回好きです)
と考えれば納得できます。


そんな感じで答えを見てそれに同意したようなものですが、
位置づけ的には墓場島、怪奇サーカスの対等な共犯関係ではなく、
首狩り武者、雪霊伝説の裏切って殺す系として冬部を利用した敷島犯人説を信じて
解答編を楽しみたいと思います。


第7話INDEX第9話

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意



スポンサードリンク


  
コメント

初めまして。
いつも精度の高い推理を感心しながら拝見しております。
今回の事件、大枠は自分も冬部共犯で密室トリックの説明がつくと考えているのですが、
肝心の主犯については今一つ確信を持てないでおります。

キョータローさんが指摘しておられる敷島犯人説のロジックの主軸である
>絵東が殺害されたときの証言で絵東の死亡推定時刻に「お客さんの部屋の掃除」をしていた敷島が
>犯人であることも同時に気づいたと考えられ、
の部分ですが、敷島が掃除をしていたのはあくまで「お客さんの部屋」であり、普通に考えて「ろくに手入れもしていない」らしい西棟の空き部屋の掃除はしていないでしょう。
その空き部屋で同時刻に絵東が殺されていたのだとしても、「敷島が知らないのはおかしい」ということにはならないように思います。
出席番号の下りで違和感として一番しっくりくるのは仰る通り「先生の真正面」ですので、彼が一番怪しいのは確かなのですが。

あと、小さなことですが、冬部の密室を開けるとき剣持警部は素手なんですよね(殺人が判明した後は手袋をつけてますが)。
その前に見回りの警官が開けようとしたという話もありますし、外側のドアノブに彼らの指紋が残っていないのは不自然、と言えば言えるかもしれません。
犯人が死体発見後に密室から逃げ出したのであれば、その際にドアノブの指紋を全部拭き取ってしまったという傍証にはなるかもしれません。
とはいえ今回は冬部の死体発見直後の関係者の描写が少なくミステリとしてフェアさに欠けること、事件発覚後警察関係者が絶え間なく出入りする殺人現場から誰にも気づかれずに抜け出すことの困難さを考えても
死体発見後の脱出というトリックは正直なところ個人的にはあまりしっくりとは来ていないのですが。

ぶっちゃけた話出席番号の下りさえなければ今回の事件、冬部の単独犯とした方が収まりがいいような気すらしています。
---------- えっくん [ 編集] URL . 06/14, 06:49 -----

>えっくんさん

どうもはじめまして。

>ぶっちゃけた話出席番号の下りさえなければ今回の事件、
>冬部の単独犯とした方が収まりがいいような気すらしています。

追記前は敷島の単独犯という固定観念でその辻褄あわせを行っていたため
理由付けが苦しいところがありましたが、
冬部の単独犯ですっきりしてしまうところもありそうで怖いです。

現時点でもやはり「先生の真正面」より敷島が犯人という意識はありますが、
その状態でとりあえずいただいたコメントに思うところを書いて
何か新しいものをひねり出せないか考えて見ます。



>「ろくに手入れもしていない」らしい西棟の空き部屋の掃除はしていないでしょう。

完全に読み飛ばしていました。
確かにそうすると

>その空き部屋で同時刻に絵東が殺されていたのだとしても、
>「敷島が知らないのはおかしい」ということにはならないように思います。

となってしまいますね。
では絵東殺害後の事情聴取で何が「重要なヒント」となっているのかが気になってきます。
三叉沢と虎元の証言の矛盾はとりあえず別問題(鬼方関連?)として、
アリバイを整理すると、誰にも一人になる時間があったというのが現状。

思いつくのは動機発生のタイミング示唆で、
証言を信じるならば、
ターゲット3人組と初めて顔を合わせたのは

敷島 一年前
葉崎 現在
その他 二年以上前※

 ※毎年を来るを今年で3回目以上ととる、
  北屋敷ははっきりしていない?

青桐家の事件が動機に繋がっていることは明白であり、

「15年前の事件が動機になって何故今頃になって復讐されるか」

という疑問も重要な(解ける)謎になっている可能性が高く、
この疑問を解く鍵として一連のシーンを入れたのではないでしょうか。
もちろん、敷島以外の従業員や常連が青桐家の縁者で、
昨年偶然三人組の過去を知る、または葉崎がどこかで3人組とばったり出くわして…
という筋書きだって書けないことはないですが、
疑問への解にはなり得ません。


>あと、小さなことですが、冬部の密室を開けるとき剣持警部は素手なんですよね
>(殺人が判明した後は手袋をつけてますが)。
>その前に見回りの警官が開けようとしたという話もありますし、
>外側のドアノブに彼らの指紋が残っていないのは不自然、と言えば言えるかもしれません。

ここは、そういう情報を入れていたと取りたいですね。

>とはいえ今回は冬部の死体発見直後の関係者の描写が少なくミステリとしてフェアさに欠けること、
>事件発覚後警察関係者が絶え間なく出入りする
>殺人現場から誰にも気づかれずに抜け出すことの困難さを考えても
>死体発見後の脱出というトリックは正直なところ個人的にはあまりしっくりとは来ていないのですが。

言われてみれば仰る通りで、
「それはそれこれはこれで脱出していたことを確定させる要素」が見あたらないため
(例えば狐火流しで無理があっても「さりげなく集団から抜けていた」ことを確定させるような手がかり)、
しっくりきてない感覚はわかります。

なので、この辺は冬部の単独犯を取ると解決してしまいそうなポイントではありますが、
その場合はブザーの効果に疑問が出てきてしまいます。

教えられて納得しただけなので強くは主張できませんが、
ブザーの効果として思いつくのは

●死体の早期発見
●密室がすぐに開けられる
●小さな音を掻き消す

ぐらいです。
その中で納得できるのが「密室がすぐに開けられる⇒脱出」で、
逆に冬部の単独犯ではブザーの使いどころが思いつかないのが現状。
ブザーの推理への組み込みは、正解に近づく上での必須事項と思われますし。
(上手く組み込めなかった立場で言うのも恥ずかしいものですが)


後は、反論する人間、庇いそうな人間不在の状態で
「犯人は冬部で最後は自殺だ!」をやるかという話で、
敷島を解答編の主役(語り役)として想像してみると、意外と出来なくないとも思えますが、
やはり絵的にも構成的にも、長編で死んだ人を主犯にはしない気がします。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 06/14, 18:26 -----

前回のコメントで少しぼかしましたが出席番号のくだりは
葉崎が怪しいと思っています。

詳しい説明は前回のコメントで、結論を言うと葉崎の旧姓は青桐、
つまり、「葉崎=青桐夏美」だと思います。

事件の全体像は斧田は冬部に、絵東は葉崎に殺害された。
そして、葉崎の正体を知った冬部が協力し、自殺をしたと考えました。

第一の事件
冬部が犯人ならば密室は単純に冬部がはじめから開いていた窓を
開ける振りをしただけだと思います。

---------- ハリー [ 編集] URL . 06/15, 20:34 -----

すいません切れてしまいました。

第二の事件
冬部の意思とは関係なく葉崎が空き部屋で事件を起こし、
桜の木下に運んだのだと思います。金田一が気にしていたのは
絵東だと思います。

第三の事件
冬部は空き部屋に移動し、葉崎があらかじめ布団の中に
用意した桜の枝で自殺した。
---------- ハリー [ 編集] URL . 06/15, 20:36 -----

>ハリーさん

前回いただいたコメントの意図を読み違えていました。
例えば40人クラスなら、男子20人で1~20、
女子20人で21~40で、
21番(女子の一番最初)⇒青桐ということですね。

男女混合の可能性は?と考えたんですが、
きせさんがおっしゃっていた

>出席番号は普通、昔の記憶であればあるほど
>一番最初とか一番最後など特徴的な順番でない限り
>はっきりと覚えてないと思います。

と合わさると、女子の一番最初だから覚えていた、
という理屈がピタっと当てはまって、
「真正面」よりもスマートですね。
こちらの気がしてきました。

ただ、「葉崎栞=青桐夏美」については、
栞の年齢と生きていた場合の夏美の年齢に食い違いが出ると思われ、
しかも栞の年齢は情報枠、夏美の年齢は冬部の回想と、
金田一が今のところ知りえない神視点の情報として存在していて、
そこに触れられないで物語が終わる可能性が高く、
食い違いに意味がない⇒栞と夏美は別人、ということで
栞は夏美と別に存在する気がします。

また、第三の事件はやはり自殺の場合、
ブザーが必ず必要となる状況が思い浮かばないので
自殺の可能性は低いと思っています。

---------- キョウタロー [ 編集] URL . 06/16, 02:45 -----

僕的には冬部は聖なる夜の殺人をアニメ版にリメイクされた
聖バレンタインの殺人の方の京極優介に近い感じがします。
京極優介は殺害された被害者キャラですけど、
事件と動機になる件については深く負い目を感じていて、
犯人に殺される時も自らの死を受け入れてましたし
殺される前にも第1の殺人の件で自らが罪を被ろうという風に
犯人に疑いの目が向かないような行動もとってました。
自殺と他殺の違いは出るのかも知れないですけど、
犯人に疑いの眼がかからないようにしたいという共通点は出ると思います。
後は殺害されたにせよ、自殺にせよ
冬部はどっちにしても死を受け入れた可能性は高いと思うんです。
---------- 花月(かづき) [ 編集] URL . 06/16, 08:36 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/400-fadad02c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)