第7話追記3INDEX第9話

解答編がはじまりました。

第8話です。

「ドアに向かって血が点々とついていたことから(アーカイブに新情報が記録されました)」

これはわからんですね。

とりあえず追記3の最後の最後で、
誰の指紋ならブザーから出てくるかという
メタ的な考えかたがピタっとハマって
冬部の自殺だけ当たったので良しとしておきます。

後は、殺人自体は真犯人の行き当たりばったりで
冬部が偽装工作をしていたという事件の構造からして、
敷島を犯人とするより所の1年前に動機が生まれたという
推理の雲行きがいきなり怪しくなってきたしまった感が
あります。

1年間の猶予を持って用意周到な殺人計画を
冷徹に実行する犯人像は頭の中から消えうせて、
「黒い人」は金田一史上でもっともアホの子に見える始末。
悲しいかな、目を閉じても初のバイト先で憎き3人を見つけて
無計画に殺しまくる栞ちゃんの姿しか思い浮かびません。
頭の中では「血吸い桜」栞ちゃんwです。

というか読んでいて出たのは、
桜の枝と自分の命を使い棄ててまで
トリックを仕掛けた冬部さん(こちらはさん付け)こそが
「血吸い桜」と呼ばれるにふさわしいのではないかという感想。
自分で自分に枝を突き刺す根性も中々ですが、
心の中の「すまん斧田・・・・!!」という声が結構ポイントの高いところです。
生きていたら、ここ最近の金田一の中で一番レギュラー化しそうな
キャラだったんではないでしょうか、ちょっと強面弁護士キャラ。

合掌。


あとは、第8話で気になったのは、
無口なポエムマスク老人虎元が
鬼方桜柳の伏線回収に向けて、
唐突に医者っぽい知識を披露したところでしょうか。

第9話に続きます。

第7話追記3INDEX第9話

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

コメント投稿の際の注意

スポンサードリンク


  
コメント

更新お疲れ様です。
うん、こりゃ分からんですね。
「ドアに向かって血が点々」も「傷口から考えて自殺ではありえない」も解答編での後出し情報なので、冬部殺しの真相はロジックで解けるとは言いがたい作りだと思います。

そして「金田一史上でもっともアホの子」というフレーズに噴きました。
衝動的に殺してろくに証拠隠滅も行わないまま逃げ出す無計画さもそうですが、自分が殺した人間の死体が何故か猟奇殺人めいた装飾をされて密室に出現するという異常事態にもかかわらず、何も考えずに次のターゲットを殺しに行ってる辺りの残念な子っぷりが凄いです。
まさか冬部と全くコンタクトとってないとは思わなかったよ…!

しかしだとすると、「絵東が一泊キャンセルして帰ろうとしていたことを知っていた」という条件が、もう一つ犯人に必要になります。
(冬部とがっつり共謀していたなら彼から聞いたで済むのですが)
車の手配を頼むにしてもフロントで応対した葉崎にそのまま頼むのが自然でしょうから、ちょっと敷島には厳しそうですね。
あるいはこれが5話の事情聴取における「重要なヒント」でしょうか。

といいつつまだ出席番号の下りは得心がいってないのですが。
---------- えっくん [ 編集] URL . 06/17, 16:19 -----

真犯人も桜の突き刺さった死体を見たときは、速水オーナーみたいな気持ちになったんですかね…
---------- [ 編集] URL . 06/17, 22:24 -----
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
---------- [ 編集] . 06/18, 07:36 -----

冬部が密室を作る意味がよくわからない事件ですね。
---------- m [ 編集] URL . 06/19, 07:26 -----

謎自体はあっさり説明されましたね。
佐木ビデオの意味はフワフワしていましたが
防犯ブザーはなるほど!と思いました。

ところで真犯人さん(この段階でも葉崎か敷島が絞れません)が
動機語りでちゃんと読者に見応えを感じさせてくれるかどうかが気懸かりです。

今回の事件の事実上のゲームマスターは冬部さん(しかも良心の呵責と命懸けの行動力アリ)ということで
「恐ろしい復讐計画を立てて実行する犯人」としての魅力が今一つです。
これでは高遠物件よりは遥かに良いにしても“ただ殺しただけの人”。

しかも大まかな動機を読者は知っていますし、意外性が欲しいです。
これは一家全滅の実情がどれだけ酷いかにかかってきそうですね。

やはり葉崎栞は何らかの方法で生き延びた青桐夏美で一家は心中ではなく、無理心中。
親に殺されそうになるトラウマを負わされ、その後も不自由な人生を歩んできたみたいなエピソードを丁寧に描くのかな?と想像しています。

どのみち冬部さんに関しては何らかのフォローがあるでしょうね。
金田一は椿原紅湖へのお土産に彼の爪の垢を少し貰って帰ればいいと思います。
---------- たまき [ 編集] URL . 06/19, 12:28 -----

トリックの仕掛け人が冬部というのは、かなり予想外でした。
それと、以前書き込んだ敷島犯人説の欠陥に気づきました。
自分が昔青桐姓であったことを隠すために出席番号を忘れたと言ったのに、同じ文の中で先生の真正面(ここでは窓際にある担任用のデスクの真正面という意味)であったと言うのは、アホな犯人としても不自然だと思います。
かといって葉崎の21番発言も、それが嘘にしろ本当にしろ金田一の違和感に繋がるようには思えません。
今回は、犯人確定は無しでしょうか。
---------- ウィザード [ 編集] URL . 06/20, 00:47 -----

おはようございます。

以前の私の思いつきを追記で掲載していただいてありがとうございました。

せっかくですので、私は葉崎が犯人だと思って水曜を待ちたいと思います。

でも金田一史上では犯人が解答編に入っても絞り込めないパターンは記憶にないので、トリックや動機などのできのうんぬん以前に新鮮な事件のように感じます。
あとは提示された問題編の手がかりの中から、「~っていう根拠で犯人は葉崎、敷島、あるいはそれ以外の人物しかありえない」っていう納得のいく論理をはじめちゃんが展開してくれたら私はそれだけで満足です。

あとみなさん取り上げていませんので、敷島に関してひとつ思いつきです。

敷島の発言より

①男女1列づつ交互に名前の順に並んでいた
②隣の席は同じ「し」で始まる「柴田」って娘だった
③出席番号までは忘れたけど先生の真正面だった

仮に、彼の発言がまん中の列の一番前の「真正面」だったことを指しているのだとしても、敷島の席の逆隣に座っていた女の子が「青桐夏美」であった可能性も十分あるのではないのかと思いました。

ただ小学一年生の頃の出来事ですので、恋愛関係になることも少ないですし、逆隣に青桐夏美が座っていたからといって、動機に結び付く可能性は少ないと思いますので、雑談として聞いておいていただければ幸いです。
---------- きせ [ 編集] URL . 06/20, 05:50 -----

こんにちは。
真犯人と見立てをした人物が別々にいてかつ両者が接触を図らない、という事件は金田一少年では初めてだと思いますが確かおじい様の方の事件にあった事を思い出しました。
真犯人の動機はともかくとして気になるのは冬部の動機ですね。
単に贖罪の気持ちがあったにしても既に社会的に裁かれてはいるはずなので、本来なら黙って殺されるどころか死に際に犯人をかばって偽装まで施す義理はないはずです。
つまり冬部と真犯人(青桐家)にはいじめの加害者と被害者以上の関係があったと思われます。ひょっとしたら冬部と青桐岳人は小学校或いはそれ以前からの友人だったのではないでしょうか。
以下、深読み・妄想を含んだ考察です。

冬部少年は元々いじめられやすかった友人の青桐少年を度々かばってきました。しかしその役目に嫌気がさしてきていた彼は中学で青桐をいじめる斧田・江東を止めるどころか彼らに乗っかってしまいそのまま死なせてしまいます。
そして現在、斧田殺害現場から立ち去った人物が青桐家の生き残りだと気付いた彼は、罪悪感からとっさに偽装を施しました。
当初は自首を勧めるために自分だけは残ろうと考え、帰ろうとした江東も引き留めようとしませんでした。しかし予想に反し江東が殺されてしまい、青桐家にとって一番憎いであろう自分だけが生き残る訳にはいかないと考え、黙って自分も殺される覚悟を決めたのでした。

警察にも相談しないなどツッコミ所が多いとは思いますが、少なくとも現在まで続く友人である斧田・江東を名字で呼びながら回想では青桐を岳人と名前呼びしていた事から、冬部にとって青桐岳人は斧田・江東より古くからの関係なのは確かだと思います。
---------- 意子案 [ 編集] URL . 06/20, 11:05 -----

狐火流し以来お久しぶりです。冬部事件は冬部の今までの言動から言って犯人をかばって密室にしたは予想通りでしたが(そう言えば感想サイトでカーペットの痕跡は冬部自身がカギを掛けた血の跡ってあったような・・・)、斧田は絞り切れずに外してしまいました。


1、血吸い桜は誰?
4話時点ではじめちゃんが違和感を感じてた時点で気に掛かってたのは当時の管理人さん同様「年齢に似合わないワイン」と言っていた三夜沢で、6話で敷島か葉崎のどっちか?と絞り切れない情報に(三夜沢はとりたててありませでした)。最新話までは「血吸い桜は冬部の犯行現場に用意されていた」ことから「部屋の掃除をしていた」のに桜に言及しなかった敷島の方に軍配を上げていたのですが・・・(正直な所先生の真正面は教室の真ん中だと思うので違和感を感じていなかったのはさておき)。
・・・なんか犯人が無計画だと明らかになった時点で常連の三夜沢、以前からバイト経験のある敷島より葉崎の方が怪しくなって来ました。斧田の態度が明らかに悪いので「反省してない。許せない。」と思ってやった可能性が・・・(絵東も酒の効果か久々の再会のせいなのかテンション高めでしたし)。冬部の隠蔽工作どう思ったんでしょう?

2、葉崎の気になる証言は?
出席番号21番=女子1番=青桐夏美説でしょうが(葉崎の場合それか、静岡出身しかない)、わたし自身の経験で言うなら小中は男女区分けで、高校と専門学校は男女混合でした。席順は小学校時代の話と言うニュアンスっぽいしそれなら・・・?
また、敷島も千葉県出身のローカルネタは実は事件とは関係ない。と言う恐らくネット使いのファン達に対する一時的なひっかけだと思われます。

3、関係者いないんですけど?
・・・ここが一番引っ掛かってるところですがおそらく、青桐一家の死んだ際に巻き込まれて死んだ人が自分として死んだため成り代わってるとか(剣持さんの調べで青桐一家と一時期近所に住んでいたとか?)、実は養子幼女に出されていたとかしか思い浮かびません。・・・最初はたまたま死んでる人を見付けて成り代わったのを思い浮かべたのですが(そして桜の木の下に本物を埋めた、とか)。

4、マスクの老人は誰?
三夜沢が目撃したのは多分変装だと思います。マスクにメイクさえあれば変装は出来ると思いますし(マスクにばかり目がいくのではないでしょうか?)。犯人自身か冬部なのかでいえば遺体を移動させた疑惑のある冬部の方かと。

3、過去の事件はどうなの?
もはやはじめちゃん達は気にする素振りが欠片もありませんし、虎元さん自身も医者の知識を披露していますので大多数の予想通り鬼方桜柳の隣に写ってる医者でしょう。・・・問題は鬼方桜柳ですが現場で遺体の回収が終わった後改めて埋められた予感しかしません。・・・この場合はカンですが虎元さんというより(事後従犯かもしれない)オーナーが犯人のような気がします。

4、何故遺体は埋められた?
・・・被害者が結核で死んだから感染を防ぐために埋めた説。死んだ患者の望みで運びやすくするためにバラバラにしただけ説。身もふたもない言い方ですれば単なる異常者と可能性は多く絞り込めません。
---------- あーちゃん [ 編集] URL . 06/21, 01:38 -----

どんな展開になっていくのかとちょっと考えてみたのですが、葉崎が犯人であるとするより、敷島が犯人であるとする方がストーリーが進みやすくなるのかなと思えてきました。

以下は完全な私の今後のストーリー予想ですがお付き合いください笑


・小学一年入学時、敷島は逆隣の席に座っていた青桐夏美と仲良くなる。
・敷島はいじめに遭っていてそのとこが原因で自殺をはかる。
・その現場を青桐岳人と青桐夏美に発見され何とか命を救われる。
・そのあと、青桐一家死亡

・敷島は今回のバイトで偶然3人の会話を聞き、青桐一家のかたき討ちのために復讐を決意する。

・しかし青桐夏美は生きていた。
・葉崎栞が実は青桐夏美だった。

・斧田と絵東(この二人が青桐岳人を直接死に追いやった人物)と冬部は出所後、青桐一家死亡の事実を知る。
・冬部は後悔の念もあり、独自で当時のことを調べて行くうち、青桐夏美が葉崎栞と名前を変え生きている事実を突き止める。
・冬部は葉崎(夏美)の元へ何度も足を運び、謝罪をするうち、葉崎(夏美)に許してもらえるようになる。
・冬部が葉崎(夏美)に1年前斧田、絵東とともに夜桜亭に集まったときのことを語っていると、その話の中で敷島がバイトにき始めた事実を葉崎(夏美)は知り、何か計画しているのではと嫌な予感がしたため、今回葉崎(夏美)も自らバイトとして働くことにした。

ポイントは、葉崎=夏美≠犯人
と仮定したところです。

青桐家の人物が生き延びているのは確か。でもその人物が犯人とは限らない。少なくとも責任感の強い冬部のことについては心を許していたのではないか。

ということで、私も犯人予想がコロコロ変わって申し訳ないですが、敷島に修正します笑

長くなりましたが、今後どこまで樹林さんとストーリーのセンスを合わせることができたか、楽しみに待ちたいと思います。
---------- きせ [ 編集] URL . 06/21, 16:00 -----

>えっくんさん

「ドアに向かって血が点々」を事前に見つけて推理した方も確認したんですが、
読み返してみて、冬部の死体の右下に離れた血痕はあるものの、
自分では「ドアに向かって」と結び付けられそうにないです。

>まさか冬部と全くコンタクトとってないとは思わなかったよ…!

金田一にかなりエスパーが入っていますね。

>しかしだとすると、「絵東が一泊キャンセルして帰ろうとしていたことを知っていた」
>という条件が、もう一つ犯人に必要になります。

そこは重要視していなかったのですが、
帰る前の絶妙なタイミングで絵東が殺されたことは、
帰ってしまうことを知っていたのが葉崎(+オーナ)だけというのは
伏線の一つだったのかもしれないですね。

>といいつつまだ出席番号の下りは得心がいってないのですが。

最後まですっきりできない未来が見えます^^;


>名無しさん

>真犯人も桜の突き刺さった死体を見たときは、
>速水オーナーみたいな気持ちになったんですかね…

そういうのが一切見えないのが
今回の事件の難しいところというか(おそらく)雑なところで、
真相次第では、犯人が都合のよいすごいアホだから、
そんな気持ちになっていないことになるかもしれません。


>mさん

>冬部が密室を作る意味がよくわからない事件ですね。

この事件もそうですが、最近の金田一は、
自殺を偽装して罪を着せるための補助的な意味合いもなく、
「密室⇒解かないと犯人の罪を暴けない」的に
密室が目的になってしまっている感はありますね。


>たまきさん

葉崎にしても敷島にしても、
その他の容疑者にしても、
キャラ立ちは冬部さんの足元にも及んでいないの現状なので、
びっくりエピソードを披露して慟哭しても
そこまで破壊力を持つのか、難しい気がしています。


>ウィザードさん

どちらにせよ、
ロジカルな真相は出てこそうですね。


>意子案さん

>現在まで続く友人である斧田・江東を名字で呼びながら回想では
>青桐を岳人と名前呼びしていた事から、冬部にとって
>青桐岳人は斧田・江東より古くからの関係なのは確かだと思います。

ここが重要かもしれないですね。
考察は鬼火島殺人事件と重なるところもあって、
いい線をいっている気がします。


>あーちゃんさん

>4、マスクの老人は誰?

仰るように今回の事件に絡めてくる可能性もありますが、
「あの時外に出ていたのは…」と鬼方関係に繋がる気もしています。


>きせさん

>ポイントは、葉崎=夏美≠犯人
>と仮定したところです。

意外性を考慮した濃い予想ですね。
鬼方関係のフォローまで合わせると、
ページ数が足りなさそうな密度なのが一番の懸念材料と思いますw
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 06/23, 22:09 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/403-c8a9d2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)