上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


第8話INDEX第10話

葉崎栞=青桐夏美かよ!

第9話です。

年齢的に2人はイコールで結ばれないと考えていたんですが、
その時点で大きくボタンを掛け違っていたのかもしれません。


第4話時点では以下のように考えていました。

墓石に刻まれた青桐一家の死亡日に年が抜けているのは
長期連載作品の漫画時空的にはっきりさせたくないための処置と解釈して
出てこないものととりあえず仮定して、

●少年が死んだのが15年前
●ターゲット3人の少年院収容期間を2年以内とする
 (一般的な期間は11ヶ月~12ヶ月程度とのこと)
●少年の死亡日は9月2日
●家族の死亡日は4月5日
●夜桜郷(東京内)の桜の開花日を3月下旬くらいとする
●ターゲット出所時、青桐一家への墓参りの形跡なし

とすると、少年が死んだ7ヵ月後に家族が死亡し、
ターゲットの出所は少年の死亡日から1年7ヵ月後くらいになるんでしょうか。

何を考えているのかというと、
過去の猟奇殺人の時点でオーナー+医師二人と重要人物がいて、
さらに青桐少年が今回の殺人の動機に絡むと思われていたところに
青桐一家まで絡んできそうでキーマンが多くなってきたため、
謎をすんなり解明しやすい(解答編をスムーズにまとめる)構成という観点で

「写真の医師=虎元」

と予想したように、容疑者の中に
死んだとされている青桐一家の誰かを入れる余地はないか、ということです。

年齢的に近くなるのが青桐夏美と葉崎栞(22) なんですが、
青桐夏美が生きていたとして23歳以上になりそうなんですよね。



実際は、青桐岳人が死んで二年後(正確には1年七ヵ月後)の春に青桐家の一家心中が起り、
夏美は13年前に9歳※で今は22歳、これで辻褄は合います。(※第9話では8歳になっている)

そして、冬部達はやんちゃのしすぎで2年以上院に入っていたというところでしょうか。
(物語に優しいつじつま合わせ)


出席番号のくだりについては、最終的には敷島説を取りつつも、
第7話追記2の時点で

> 第6話 ハリーさんコメント
>
> >今回の違和感ですがずばり分かりました。
> >葉崎栞の出席番号がおかしいです。
>
> >彼女は21番といっていますが男子、女子の順、
> >クラスの人数を30から40人と仮定すると
> >30番台になるのが妥当です。
>
> >となると、彼女は小学生時代苗字が異なり、かつ
> >早い番号の苗字だったと推測されます。
>
> ⇒青桐
>
>
> 第6話 きせさんコメント
>
> >私なりに考えてみたのですが、
> >出席番号のくだりで違和感を感じた人物が一人いました。
>
> >それは葉崎栞です。
>
> >根拠は小学校1年入学時の出席番号を
> >何の迷いもなく答えたためです。
>
> >佐木くんですら、半分うろ覚えのような形で
> >答えたのに。
>
> >出席番号は普通、
> >昔の記憶であればあるほど
> >一番最初とか一番最後など特徴的な順番でない限り
> >はっきりと覚えてないと思います。
>
> ⇒男女混合で21番である可能性が低い
>
> 【ニュース】 小学1年の35人学級 法改正が成立 今年度から (2011年4月15日15時1分)
>
> 公立小学校1年生の1クラスあたりの上限人数を40人から35人に
> 引き下げる義務教育標準法改正が15日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。
> 近く施行され、今年度から適用される。
>
> ⇒男子20人で1~20、
> 女子20人で21~40で、
> 21番(女子の一番最初)⇒青桐栞
>
> こっちですかね。

と色々目をつぶりつつ正解にはなりそうだと一度は思っているため、
「そうでない状況は色々ある」はそんなに深彫りしなくてもいいかという心境です。
(関係ないですが、中学校1年のときは「お」で12番でした)

そしていつものごとく更新のエネルギーもそろそろ尽きてきたので、
決定的な証拠は思いつかないまま第10話に続きます。

第8話INDEX第10話


スポンサードリンク


  
コメント

青桐家の生き残りが犯人とは思ってましたけど、
まさか奇跡的に助かった一人だったとは思いませんでした。
てっきり青桐一家の母と父は再婚とかで、
その前に引き離された弟妹がいるとばかり思ってたので。

さて、後は証拠とどのタイミングで記憶が戻ったかですけど、
どう転んでも、今回は犯人に同情は出来ないと思います。
斧田の方はわかりませんけど、自分なりに罪の意識を持って
社会貢献で罪を償っていた絵東、
自分達が狙われてる事と犯人の素性を察して自ら殺されるのを受け入れ、
栞に容疑がかからない用に動いた冬部、
記憶が戻った栞にとって許せない相手なのはわかります。
だからと言ってその衝動に任せて殺人をした事が良いとはいえないです。
殺人自体駄目なのは当然の事ですけど、
冬部も絵東も自分達なりに罪を償おうとしていたのは間違いなく、
衝動に任せず、ちゃんと話していれば死以外で罪を償っていたと思うんです。
絵東は社会貢献してたから良いって流れだしてましたけど、
それでも、あの事件の被害者の家族が生きてたと知っていれば、
そんな事を言えない事はわかるはずですし、
剣持警部の加害者の家族云々の説教も重たい空気ながらも受け止めてた事から、
全く反省とかない最近の事件のターゲットの人達と比べると比較的に良い部類ですから。
---------- 花月(かづき) [ 編集] URL . 06/24, 18:52 -----

こんばんは☆

まさか、最初に気になった違和感が結構的を射てたとは……(^^;


1つ(最近の金田一はというべきかもしれませんが…)残念なことは、明確な根拠が示されないまま金田一の思い込みで推理が進んで行くことです。
今回で言えば、葉崎栞の小学校一年生の時のクラスの人数が「40人」だったという根拠はどこから出てきたのかということです。

もし葉崎栞が
「私の通ってた静岡の小学校は田舎で、生徒も少なくて男子12人、女子12人のクラスだったの。クラスも1つだけだったし、六年間ずっと同じ番号だったから21番って覚えてたのよ。それがそんなに変かしら。」
って反論したら金田一納得のいく応答ができたのかいささか疑問です…

---------- きせ [ 編集] URL . 06/24, 20:22 -----

第9話を読むまで自分の中の犯人度は敷島が75%で葉崎が15%といった具合だったので、少し驚きました。
私は静岡県出身で葉崎と同い年ですが、小学校と高校は男女混合の番号でした。中学は男子全員の後に女子でしたが。
そのため、今回の事件には犯人当ての点で不満が残りました。
とはいえ、敷島が犯人だったとしても発言の意図に整合性がとれないため、解決編で違和感はあったはずです。
読者が窓際の担任用机に思い至って敷島を犯人だと疑うことを、作者は見越していたのでしょうか?そこが疑問です。
---------- ウィザード [ 編集] URL . 06/27, 15:49 -----

>花月(かづき)さん

>てっきり青桐一家の母と父は再婚とかで、
>その前に引き離された弟妹がいるとばかり思ってたので。

そんな感じで、未提示の人物だと思っていました。

>だからと言ってその衝動に任せて殺人をした事が良いとはいえないです。

被害者に同情的なご意見をお持ちですね。
冬部の自己犠牲も明らかになってお気持ちはわかります。
忌まわしい記憶の扉がこの事件で開かれたのかもしれませんし、
可能性のないもしもの話にはなりますが、
これが最初から徹底した葉崎の視点で描かれていたら、
もうちょっと彼女に同情できていたかもしれません。


>きせさん

>まさか、最初に気になった違和感が結構的を射てたとは……(^^;

金田一は粗があって当たり前ところもあるのはご存知の通りで、
整合性をあまり考慮に入れないファーストインプレッションが
結構バカにならないんですよね。
全てすっきりする方向に修正することが必ずしも
正解に向かうわけでもないというか…^^;

>反論したら金田一納得のいく応答ができたのかいささか疑問です…

そういう反論で金田一を困らせるところも見てみたいですね。
冬部のサポートで奇跡的にターゲットを殲滅できた犯人の
キャラではないと思いますが(笑


>ウィザードさん

>私は静岡県出身で葉崎と同い年ですが、小学校と高校は男女混合の番号でした。

そうなんですか!
天樹先生が自信を持って出したそこの伏線は
あまりいいものでなかったと思います。
多少強引な推理でも、
決定できるための手がかりを2、3話目あたりに
紛れ込まれておくなどフォローの手段はありそうなんですが、
最近はとにかく裏づけなしに正解にたどり着くことが多くなったと感じます。

>読者が窓際の担任用机に思い至って敷島を犯人だと疑うことを、
>作者は見越していたのでしょうか?そこが疑問です。

断言できるものではないですが、
計算していなかったと思っています。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 06/28, 21:24 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/404-36934ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。