上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


第6話INDEX第8話

犯人確定。

第7話です。

第3の?殺人のトリックの推理はコメントでいただいていて、
覗き穴から生首と首なし人形の体が一つになって見えるというもの。
過去に覗き穴から錯覚を見せるトリックは、
小柄な体を大きく見せるもの、写真の生首を本物に見せるものなど、
どちらも片目で見せるようにして
距離感をごまかしていたことがトリック成立の要因となっていることから、
今回覗き窓からは両目が見えそうであったためこの手のトリックは
予想もしていませんでしたが、
剣持警部が覗き穴から室内を覗きこんだシーンを見てみると、
格子が半透明で顔に重なるように描かれていて、
片目が塞がっているですね。
そして、窓から見えている死体らしきものは元々人形のような体つき。

これですね。


そうすると、このトリックの成立にはおそらく、容疑者の中で素早く
部屋に入ってきた人物が重要になってくる可能性が高くなります。

「きゃあああ せ・・・先生!!」失言ありがとうございます。

「ガタガタ(首なし人形もバタン)」証拠隠滅ありがとうございます。

犯人は星坂花梨です。

読み返してみて、その台詞の多さからも彼女が犯人であるのは妥当。
そうすると見つけていただいている、
ペルソナドールの記事の写真で左手に見える紅小路と星坂の左利きをも使われる見込みとなり、
ペルソナドールとべったりの関係にある星坂は、
ペルソナドールの中に入っていたこともあったのかもしれません。
きっと動機はそこらへんに繋がっていて、
金田一の「朱鷲田先生が悪人だったとは思えない」という主観は
流れ的に後で逆転する類のものではないと予想され、
復讐とは違ってくる気がしています。

では動機がなんであるのか、そのポイントとなりそうなのが
今回誰が殺されたかという謎。
予想されている1人を殺して2人、もしくは3人が
殺されていると見せかける偽装を成立させるには
証拠隠滅が不可欠で、今回の事件では証拠隠滅をやろうとすると
あからさまになってしまいそうということが展開予想をする上で
引っかかっていたんですが、
第7話でまさかの納屋(死体安置場所)ダイレクトファイヤー。

もう金成さんも都丸さんもいないのです(しんみり)

というわけでリアルに騙しきれるものなのかは別として
(物語上は)死体の偽装に問題がなくなったわけで、
色々すっとばして推測だけ書くと、
星坂はペルソナドールの生み出す金を手に入れる目的で
他のペルソナドール2人と結託して
朱鷲田先生を殺して「ペルソナドールという存在」を葬った
的なものになると組み立ててみました。

もしくはペルソナドールの核は朱鷲田先生ただ一人で、
キャラ付けのための3人コスプレであり、
他の2人は誰でもない、ということもあり得るか…。

そうすると、
「仮丘さん」も「仮小路さん」も旅館の外、島内に潜伏しているのか、
既に出ている誰かがペルソナドールの中に入れた可能性を探るべきか、
ここが今一番気持ち悪いところです。

第8話に続きます。

第6話INDEX第8話

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。

スポンサードリンク


11.18 (Wed) 05:39 [ 未分類 ] CM12. TB0. TOP▲
  
コメント

こんばんは。

せっかく人形供養にはお焚き上げという定番があるのだからそれに見立てた感じで納屋を燃やせばいいのに、
それらしき表向きの理由も用意せずにただ焼いただけの展開には違和感しか感じません。
というか蟻塚さんは呪いの内容と何の関係も無さそうな火災のどの辺に祟りの要素を感じたのかのほうが気になります。

とりあえず広間に全員が揃っていた以上、朱鷲田先生以外に人形の中に入れた人は今のところはいないですね。
---------- 意子案 [ 編集] URL . 11/19, 00:02 -----

星坂「朱鷲田先生には昔、家庭教師をしてもらっていたことがあるのよ。『先生』と呼ぶのも不自然じゃないわ。」
---------- う [ 編集] URL . 11/19, 02:36 -----

過去の事件(異人館村殺人事件)との関連
・朱鷺田忍=トキタ=時田若葉
・漢田切裏子=キリコ=兜霧子
そして今回の犯人の有力候補
・”星”坂花梨=”星が共通する”=ニセ小田切進(本当は六”星”竜一)。
これは偶然でしょうかねえ?

ちなみに、前のときはトキタが殺されたと見せかけて、実際はキリコで、キリコは生首だけ後からできてましたが、今回はキリコが殺されたと見せかけて、実際はトキタで、トキタが後から生首で出てきました。
そして、トキタと”星”は共犯関係にあり、トキタは”星”に殺されました。両方のトキタは不動高校の関係者です。

こんな感じですかね。

ほかに共犯がいるとしたら、有力なのは詩村瞳でしょうか?なんせ六”星”竜一の母親は”詩織”ですから。
---------- セコナール [ 編集] URL . 11/19, 12:09 -----

星坂さん、露骨に自爆してましたね。
今回は特に、不自然さに気付いてくれと言わんばかりの回だったように思います。
犯人もトリックも、今まで推理されたものでほぼ当たりだと思ってもよさそうです。

未だに謎めいているのが動機や共犯の有無ですね。
動機らしい動機が見えてこないことは今回金田一が言及している通りですし、共犯についても仮丘さんや仮小路さんの中身が共犯者なのか、そして既に登場している容疑者なのかということも気になります。

自分が気になっていたパーツは一つくっつきました。
剣持警部の追っていた事件が田中くんの事件だったことが明らかになったけれど、これがどう影響して来るのか。
事件があったのと、劇中でペルソナドールが作品を出し始めたのが同じ「5年前」だったらしいところにヒントがあるのかもしれないと思いました。
---------- 肛太郎 [ 編集] URL . 11/19, 13:54 -----

星坂さんが一番怪しいですね。
驚いた振りをして現場を荒らして証拠隠滅したり、身代わり人形を見つけたと言って気づかせたりできる(隠し持っていて置いた?)のは彼女しかいないと思います。

ただ、決めてになっている星坂の「先生!」発言ですが、朱鷲田先生が紅小路だと言うことを知っていて口が滑ったとかなら犯人としても覆面作家の編集者としても、間抜け過ぎるんじゃないかなと。前の話で紅小路先生だけは素顔が分からないみたいなことを言っていたし。

それはそうと金田一に出てくる容疑者とか犯人の苗字って一発変換できない変わったのが多く、田中姓なんて逆に珍しいなーとか思っていたらそう言うことだったんですね。剣持警部も一発でわからなかったって言う所に説得力が産まれる気がします。
---------- マサ [ 編集] URL . 11/19, 16:38 -----

こんにちは。
・死体発見早々失言するわ首なし人形発見するわ活躍しまくる星坂
・納屋は燃えました
・ここ数話「首代胴玄の祟りじゃ」としか言ってない蟻塚

ギャグ回として捉えたほうがいいと思います。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 11/20, 09:35 -----

こんにちは。

蟻塚が星坂のこともペルソナドールズと一緒に胡散臭いと嫌っていたので、星坂も殺されるかもと思っていましたが、違いましたね。
金田一にとっての「先生」と星坂にとっての「先生」は意味が違うってことは一見盲点で面白いです。

星坂としては常連の剣持のオッサンが真っ先に覗くってことは考慮に入れず、片目に眼帯をしている赤神が一番に覗いてくれることを期待していたのかもしれませんね。
格子がうまくオッサンの片目を遮ってくれることに賭けるよりも確実です。
身代わり人形を作る関係で当日来る人間の衣装は事前に把握できますし、赤神は客の中であいうえお順で一番最初なことを考えても。

動機ですが、朱鷺田先生が事件に関わったきっかけはおばあちゃんの遺言。
先生でなくおばあちゃんが恨みを買ったのかとも思いました。
でも、自分が身代わりに助かるとかでもないのに、徒に孫を不幸にするようなことをするのはちょっと不自然。
手紙関連は自作自演と考えた方がいいのでしょうね。

今回のトリック、特に容疑者のアリバイ確保のメリットもない割には派手で、初登場時の高遠のように「見せびらかす」のが目的かもしれません。
リスクの割に効率悪いだけなら最近の金田一の悪いところの一例で済みますが、どうにも今回のトリックは被害者の朱鷺田先生の“協力”のようなものが必要と思えるんです。

怨恨の可能性は低いのに、金銭関連でも露骨すぎるという構図。
似た事例の露西亜人形では、恐ろしいオチが待っていました。
都合よく金田一を呼び出し、都合よく一人になる先生。
これは星坂には操れません。
いつもは出てくる直接の殺害描写もなしで、やけに綺麗な死に顔。

朱鷺田先生は星坂のグルだったのかもしれません。
金田一という名探偵に挑戦状を仕掛けるという動機を共有し、命を捧げる者と手を汚す者に役割分担して。
後味の悪いことになりそうなのであくまで仮説留まりにして、来週の情報提示に期待します。
---------- たまき [ 編集] URL . 11/20, 23:55 -----

>意子案さん

納屋が直接焼かれたと勘違いしていたんですが、
首代胴玄を祀った首代堂が燃えて、
納屋に燃え移っていたんですね。
蟻塚さん的には、
首代胴玄を祀った首代堂が燃えた⇒胴玄様がお怒りじゃ~!!
という思考なんでしょう。
煽り役ですから。

>とりあえず広間に全員が揃っていた以上、
>朱鷲田先生以外に人形の中に入れた人は今のところはいないですね。

読み違えていたらやだなと思っていましたが、
やはりあのシーンで未知の2人は確実に存在していますよね。


>うさん

ないですかね。


>セコナールさん

容疑者の中に共犯者がいると
色々とっ散らかる気がしますし、
何より今回は手伝う要素がないように思えます。


>肛太郎さん

>自分が気になっていたパーツは一つくっつきました。

さらっと回収されましたね。


>マサさん

>前の話で紅小路先生だけは素顔が分からないみたいなことを言っていたし。

詳しい説明は省いていますが、
だからこそ「先生」発言が失言になっていると思われます。
仮面を外される前に社に入って、
「先生」と言って人形を倒す計画だったのかもしれません。

>田中姓なんて逆に珍しいなーとか思っていたらそう言うことだったんですね。

なるほどです。後の展開でありふれた苗字である必要があったんですね。


>ブレイブさん

>ここ数話「首代胴玄の祟りじゃ」としか言ってない蟻塚

むしろ古き良き金田一少年の伝統としてそこは
見逃してあげて欲しいです。
飛彈からくり屋敷のばあさんよりははるかに出番が多いですし(笑)


>たまきさん

>金田一にとっての「先生」と星坂にとっての「先生」は
>意味が違うってことは一見盲点で面白いです。

読者に同じ意味と誤解させる意図があったんですかね。
いずれにせよちょっと失言ムードが漂いすぎな感じはしました。

>片目に眼帯をしている赤神が一番に覗いてくれることを>
期待していたのかもしれませんね。

「計画通りにはいかなかったけれども
 偶然が味方してなんとかトリックが成立した」
のページを加えてもそんなに面白い部分ではなさそうで、
「格子が確実に片目をふさぐ」で描かれている気がしています。

>手紙関連は自作自演と考えた方がいいのでしょうね。

いつ島に行ってくれるかわからない暗号で書かれた遺言状を解いて、
島に行ったら遺言状を受け取った本人が殺される、
という状況が不自然以外の何物でもないですからね。

朱鷺田先生は、普通に騙されたパターンも思いつきます。
あくまでドッキリ的に名探偵に挑戦状を仕掛けて
小説のネタにするアイディアを、星坂が先生に吹き込む流れです。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 11/21, 13:27 -----

星坂タイプの犯人って珍しいね。
---------- ちんまん [ 編集] URL . 11/21, 18:32 -----

みなさんがいろいろ書いてくださってて、特にいうことがないのですが、
このままだとボロが多すぎてあんまりなので、星坂が殺されるという捻りがある展開ならなぁ、と思った次第です。
---------- さだきち [ 編集] URL . 11/21, 22:50 -----

犯人が星坂なのは間違いないと思います。ただ、星坂によるペルソナドールについての話は真相への重要なヒントになりそうで、星坂が犯人となると動機推理のためには何を信じたらよいのだろう、という疑問があります。
それと、事件中のペルソナドールの中の人は、星坂と利害が強く一致していて動機に深く関わる人たちだと思います。この事件では、足のつきにくいバイトを雇った展開は無さそうなので。
---------- ウィザード [ 編集] URL . 11/24, 17:24 -----

>ちんまんさん

そうですかね。


>さだきちさん

少し変わった構造の事件だと思うので、
星坂のボロはあんまりかもしれませんが
細かいところに整合が取られていて
全部きちんと説明されれば文句ないですね。


>ウィザードさん

>足のつきにくいバイトを雇った展開は無さそうなので

いやなフラグが立ちました(笑)
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 11/25, 01:22 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/418-33cece8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。