第7話INDEX第9話

第8話です。

詳しい考察は、おそらく情報が出揃って問題編が終わるであろう第9話に行うとして、
今回金田一が目を向けたポイントをさらっとまとめておきます。

●犯人の見当

このときアリバイは未解決
金田一は失言のみで判断。

●朱鷲田先生の死体にコンタクトが入っているか

入っていない流れ。
今回の「紅小路巴」の中に先生が入っていない可能性

●先生の死亡推定時刻

少なくとも最後に「紅小路巴」が生きていた時間より前に
死んでいたことがわかる流れがあり、
やはり今回の「紅小路巴」の中に先生が入っていないことになりそう

●田中君の証言

朱鷲田忍 = 時田朋江 = 紅小路

・朱鷲田先生は元々ベストセラー作家(美人)。
・第6話のペルソナドールの写真2枚で紅小路以外2人の体格が違う
・単独インタビュー時の鈴丘は饒舌
 ⇒ペルソナドールは3人ユニット設定で実質は朱鷲田先単独?

・時田朋江の写真左は星坂の後姿?
(回想シーン。ただしネット検索すれば金田一も確認できる情報)

●剣持警部の証言

女の子の小動物ぶりが可愛い(計4コマ)
 ⇒さとう先生の調子が良い(確信)

●小説が原因で無理心中?(田中君の証言)

真相はどうあれ、普通に
朱鷲田先生が殺される理由発生

●覗き窓によって心の中でトリック解明

規定の推理で問題なし


後は「仮丘さん」「仮小路さん」の問題を読者が解決できる手がかりが
読者にきちんと提示されることに期待。
第9話に続きます。

第7話INDEX第9話

-------------------------------------------------------------

コメント欄の使用にあたり、注意書きを設けています。
投稿の前には、下記ページの注意書きを必ずお読みください。


スポンサードリンク


  
コメント

ほぼ、朱鷺田の死体を小出しに出現させたで確定なんだろうけど、これだと見立て殺人としての鮮やかさに欠けるんですよね。

元々、首代胴元の人形は、三体の人形ではなく、一体の人形をバラバラにして置いてあるわけで、見立て自体が真相を暗示してしまうという、本末転倒。

紅小路の胴体消失のアリバイも、覗いたときに紅小路が生きてると思わせるくらいなら、アリバイ工作として、効果的なんだけど。
---------- m [ 編集] URL . 11/25, 18:21 -----
推理というか妄想ですが
朱鷺田先生が殺されるような悪人ではないという金田一の言葉が前提条件です。

田中の言う通り時田ともえの小説が、田中の母親事件の関連のことを書いてたとします。ということは何らかの形で加害者家族との接点を持っていたはずです。

そして後ろ姿の女性が星坂だとして、当時時田ともえのアシスタントだったと仮定します。アシスタントということは取材や資料集めなどもやるはずで、その取材の仮定の上で加害者家族との接点ができます。そして時田ともえの小説が発表されることで、星坂と加害者家族との間でトラブルが発生、争いのはずみで加害者家族を殺してしまいます。

時田ともえはそのことを知りますが、自分の小説が原因で起こったことという罪悪感から星坂をかばい、一家心中に見せかける作業に協力します。

そして世間の目を逃れるために失踪。一年の準備期間の後、時田ともえと星坂はペルソナドールとその担当編集者として活動します。ペルソナドールの小説は時田ともえ時代のストックを使うことで作品を発表。時田ともえ自身は執筆活動をやめて高校教師の朱鷺田忍として生活します。

しかし時が経つにつれて作品のストックは底を尽きてしまい、同時に時田ともえは加害者家族の死に対して罪悪感を感じます。一度は星坂に自首をすすめるものの星坂は拒否。しかし自身のけじめとして、また星坂にとってもきちんと罪を償うことが彼女のためという気持ちから、加害者家族の心中の真相を描いた小説を書くことを決意します。それに気づいた星坂が口封じのために時田ともえの殺害計画を立てた。

これが朱鷺田先生の殺害動機

というのが現時点の推理の仮面を被った妄想です。でも自分でも何となく無理がありますww
---------- ゆう [ 編集] URL . 11/27, 05:01 -----

うーん、やはり動機に関連しそうなのは田中母を殺した犯人一家のことを描いた小説からですよね…

考えられる可能性としては
 →星坂は犯人一家の関係者(復讐)
 →事件の情報提供者が星坂で、このことで仲違いした(逆恨み)
 →ペルソナドールは朱鷺田が小説家やめた後、残したアイデアのみを売ったものでありやはりこのことで仲違いした(隠匿、逆恨み)
私の想像力だとこんなもんですね。

ところで、被害者である朱鷺田が人形島へ行くきっかけとなった朱鷺田祖母の日本人形がちょっと気になります。
いったい何の意味があったのか、なぜ向かわせようとしたのか、ですね。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 11/27, 08:17 -----

回想に出てきた女の子って詩村ぽいのですが
どう思われますか?

それだと吸血桜と被りますが、このままだと詩村は
3 話以降、悲鳴と立ち聞きしか出番ありませんし、
何かしらの掘り下げがある気がします。

あと、回想の犯人の起こした事故はまとこの妹
の事故ではないでしょうか。

明確な年数は提示されていませんが強盗から
1年後に自殺したなら事故と時期が一致します。
---------- ハリー [ 編集] URL . 11/27, 23:55 -----

第2話、第3話、第5話で筆談していた紅小路は、書いた文字を比較したところ同一人物だと考えられます。また、第6話中の記事での単独インタビュー時の鈴丘も同じ人物と判断できます。第3話での「よろしいですか?」と第6話での「よろしくお願いします」の「よろし」がそっくりでした。
第6話の記事で3人インタビューの際に筆談してる紅小路の字は微妙ですが、ペルソナドールは実質1人で成り立っていると仮定するとやっぱり同じ人である気がします。
つまり、事件の共犯と思われる紅小路はバイトではなく普段からペルソナドールをやっていると推定できます。顔の見えないその人物がペルソナドールの中心人物なのでしょうか。
---------- ウィザード [ 編集] URL . 11/29, 18:57 -----

>mさん

>紅小路の胴体消失のアリバイも、覗いたときに紅小路が生きてると
>思わせるくらいなら、アリバイ工作として、効果的なんだけど。

最近の金田一は、誰かに罪を着せるわけでもなく、
とにかく不可能っぽい状況を作れば
罪を逃れられるぐらいの思考で
不可能っぽい状況を作るだけの工作が多いんですよね。


>ゆうさん

力作ですね。ここまでくれば二次創作と言ってもいいかもしれません(笑)


>ブレイブさん

最近復讐以外がめっきり現れていないので、
隠匿あたりが来て欲しいですね。

>ところで、被害者である朱鷺田が人形島へ行くきっかけとなった
>朱鷺田祖母の日本人形がちょっと気になります。

あれは単なる口実で、
金田一をおびき寄せる
道具だったんじゃないでしょうかね。
でも、それだと今回の事件で
金田一が利用されている感がなくて
しっくりきませんが・・・。


>ハリーさん

偶然に偶然が重なりすぎている気はしますが、
事故というワードは言われると結びつきそうな気が
しなくもないですね。

ただし、

>このままだと詩村は
>3 話以降、悲鳴と立ち聞きしか出番ありませんし、
>何かしらの掘り下げがある気がします。

こ のまま掘り下げがなくても、
変なツボを持っていて突っ込まれることなく終わるみたいに
たいして珍しい話ではないですよね(笑)
あと、回想の女の子が大きくなると
どちらかというとまとこっぽい顔になりそうに思います。


>ウィザードさん

文字の検証、お疲れ様です。
入れ替わる意味もなさそうですし、
ずっと先生以外が入っていたと考えて良さそうですね。
ただ、仰るとおり顔の見えない人物が
いきなりキーマンとして登場する可能性が高いですが、物語として
想像しにくいというかどう料理するのだろうといった感じです。
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 12/02, 00:08 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/419-3866d05d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)