第1話|第3話

第2話です。

「白神蓮月と申します・・・・」を辞世の句にして
白神蓮月(仮)が退場。少し笑えました。


【白神蓮月(仮)の正体】

死んでしまいながらも、その正体にはあきらかに何かがあるぞと言っている
蓮月(仮)が事件の謎になる展開を匂わせていますが、
DNAの鑑定結果からは音松の息子であることが証明されているようで、
この鑑定結果の真実にどういうパターンがあり得るかというと、

1.蓮月(仮)は本当に白神蓮月
2.蓮月(仮)は音松の息子であるが死んだ蓮月ではない(隠し子、生き別れ系)
3.鑑定結果が捏造されている(「ちゃんとした所」がグル)
4.鑑定をごまかしている(親子関係と認定される魔法のような抜け道)
5.音松が嘘をついている

といったところでしょうか。
手がかりが出揃うのはまだ先になりそうですが、
やはり気になるのは剣持警部追いかけている「裏社会の男」との関係で、
今回の事件の舞台が渡り廊下で繋がった[酒造⇔旅館]の中でコンパクトにまとまりそうな中、
ダイレクトに蓮月(仮)と「裏社会の男」がダイレクトにイコールで結ばれる予感はします。


【蓮月(仮)殺しのトリック】

蔵の鍵は白神左紺と音松が管理しているという前フリがさっそく使われる形で、
細かい施錠と見回りが行われる隙がない状態で死体は出現しました。
タンクの底でうずくまった白頭巾の男に
にごりが白蛇のようにまとわりついている大ゴマは、
グロさはないのにホラーな雰囲気が出ていて印象的です。

次週には「密室殺人」にカテゴライズされそうで、
見つからないように蓮月(仮)をタンクに入れる方法は謎の一つになりそうですが、
酒の濁りを操って犯人に都合の良いタイミングで死体が発見されるという
トリックも仕込んでいそうに思えます。
あとは、蒼葉も見回りに参加しているというところが
フラグっぽいというところでしょうか。

今回はとりあえずこんなところで。
第3話に続きます。

第1話|第3話

スポンサードリンク


  
コメント

個人的に気になったのは、蓮月の母親がきちんと明記されてない点でしたね。
音松の妻二人のどちらかとも、愛人関係(?)の鏡花とも言われてなかったので、動機に繋がるかな…?と考えております。

1話でも今回も述べておりましたが正直状況からして蒼葉が怪しすぎて仕方がないです(笑)
タイミング見計らって死体いれて濁りでごまかす感じのトリックをイメージしてます。
---------- ブレイブ [ 編集] URL . 06/24, 16:13 -----

犯行が一番可能そうなのは鍵の所有者である左紺と音松です。
逆に、鏡花は蔵に入るチャンスが無さそうでありかなり厳しいと思います。
犯行の困難さを判断するために、蔵の構造や見回りがどの程度しっかりされていたかに注目していきたいと思います。
また、登場人物の中で蒼葉は、犯人にも被害者にもならないで終わることは無さそうに思えるほど目立っています。
被害者だとしたら、その年でそれほどの悪人にも見えないので、血縁関係の動機だと考えられます。




---------- ウィザード [ 編集] URL . 06/29, 01:09 -----
蒼葉ですが
はじめまして、蒼葉がやたらと疑われるのは論理がどうこうではなく
単に金田一少年ではその事件の登場人物のヒロイン的なキャラが犯人というケースが多かったというだけのような気もします。
まあ、正直、今回の事件で突出して目立っているキャラですから。

実際に犯人かそうでないかはわかりませんが、少なくとも重要な役割があるのは確かでしょうけどね。
---------- 浜田 [ 編集] URL . 07/08, 21:10 -----

>ブレイブさん

蒼葉と女将さんは犯人映えしそうですね。
逆に他のキャラは華がないというか(笑


>ウィザードさん

>逆に、鏡花は蔵に入るチャンスが無さそうでありかなり厳しいと思います。

隙がなさすぎかつ、その時間に何をやっているのかわからないので、
「あの時れをしていたのはあのため」の余地もなくて
面白みも出ないので犯人確率は低そうですね。


>浜田さん

はじめまして。

>蒼葉がやたらと疑われるのは論理がどうこうではなく

論理というよりキャラやシチュエーション的に怪しいというのは
普通に共通認識という気がします。

●金田一と距離が近い
●可愛い
●被害者と係わり合いが容疑者の中で相対的に遠い(無関係ではない)
●鍵を持っていないので殺せるわけがない(でも事件前に現場に顔は出している)

これで疑うなというのが無理な話ですね(笑
---------- キョウタロー [ 編集] URL . 07/19, 03:50 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/430-52953059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)