前の話次の話

聖恋島殺人事件、第3話です。

死体を窓から覗いた直後に小屋に突入するという前提で推理していたので、
前回の推理はほぼ白紙にする必要がありますが、
残せる要素もあるように思えます。

とりあえずシンプルに、一連の流れで何が起こっていたかを再構築してみますが、
その前に絵で描かれた重要な手がかりが一つあります。

浅橋小屋で窓から覗きこんだ死体の上着には
脇の下にラインが入っているんですが、
移動されたというセンターコテージで確認した死体だと、
ラインがなくて若干シンプルに見えるんですよね。

WS000035.jpg

これが作画ミスでなければ、上着が変わっているという話になります。

そしてもう一つ。
浅橋小屋からセンターコテージに向かう時、渡り廊下には
13分の人影が描かれているので、
すくなくともあの時点で誰かがこっそり抜けていたという抜け道は使えなくなりました。
しかし、一人だけ遅くて距離が離れた人間が存在します…。

WS000034.jpg

トリックに関わるにせよ、
思わせぶりに一人走るのが遅い人を入れただけにせよ(ミスリード未満)
距離を一人だけ離すという意図を持った作画になっていることは確実です。


以下、上着が変わっている前提で辻褄を合わせて
あの時何が起こっていたのか推理してみます。


大事なポイントを言うと、まず
浅橋小屋で窓から覗きこんだとき、死体と思われた影尾先生は
死んだふりをしていたのではないでしょうか。

手紙か何かで(テレビ側の要請という体裁で)
「金払うからドッキリ手伝ってね」と指示されていた先生は
銛が刺さったように見える上着を着て死んだふりする。

窓から覗きこまれたあと、
仕掛けで電気が消えたタイミングで上着を着なおして、
こっそりレストハウス側の鍵を開けつつ
一人ライトを持ってセンターコテージへと直行。
一方真犯人はみんなとレストハウス経由で
センターコテージに向かうフリをして
こっそり影尾先生が開けていたドアから浅橋小屋に入り、
影尾先生の後を追うようにセンターコテージへと直行。
そして、真犯人はセンターコテージで影尾先生を殺害し、
突入してきた12人の中に暗闇の中でこっそり混じる。

WS000036.jpg


合っているかどうかは別ですし、
時間はかなりタイトですが、
金田一世界の犯人パワーがあれば
セイレーン婆以外ならきっと男女関係なくやってのけます。


第4話に続きます。

前の話次の話

スポンサードリンク


  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/442-cbb3b3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)