上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


前の話次の話

聖恋島殺人事件、第5話です。

今回はゲストヒロインが見当たらない印象を受けていましたが、
そんなことはありませんでした。
若かりし頃の霧声さん、彼女がナンバーワンです。

さて今回は、潮先生の死因が「溺死」と判明としたこと、
先生が海に落ちたときに竿から手を離さなかったことが「疑問」として
提示される等がありましたが、
お婆ちゃんから昔話を聞くのがメインみたいな感じだったので
さらっと更新してしまします。

お婆ちゃんが色々言っていて情報量は多いのですが、
人一人が奇妙な形で溺死したことと絡められそうなポイントとして
下記が挙げられます。

●聖恋島では年に何人か海で亡くなる釣り人がいる
●終戦直後に島に「セイレーンの声」が聞こえるようになった
●一日に何度も「セイレーンの声」の聞こえ方が変わる

これらの情報を眺めていると、
何となく、解答編の様子が目に浮かんできませんか?

『アア・・・アー アァ アー』
 『アォォー ォアー アアオオー・・・』

美雪「声が変わったわ!」
金田一「さあ見るんだ!
      これが潮小次郎を海に引きずり込んだ『セイレーン』の正体だ!」
誰か「潮の流れが変わって・・・」

!?


特に何かが分かったという話ではございません。

(何気に作画が丁寧な気がします)


第6話に続きます。

前の話次の話

スポンサードリンク


  
コメント
どうやら
自作自演の説はなくなりそうな予感します。恐らくはもっと話が進まないと推理の材料もないでしょう。

ただ手がかりとして最低限欲しいのは、被害者の手袋と釣竿ですね。これがなければ全て推測のみの推理になってしまい、なんでもありになりそうなんで。

そうなれば、外国人のアルバイトも液体窒素でもなんでも来いになってしまいそうですwそれはそれで別の意味の面白さがありそうですがw

あと推理の本筋からは離れてしまってますが、おばあちゃんがかなりピックアップされてますね。「ワシの出番ない(泣)」のあの人に比べたらなんと厚待遇なことかwこれから物語にどう絡むのかが楽しみです。ただあまりにも金田一との絡みが増えていくと逆に怪しく感じてしまったりもしてw
---------- ゆう [ 編集] URL . 01/18, 23:55 -----

コメント失礼します。
ベタですが、やはりセイレーンの声は旧日本軍が基地を造った際に工事してできた天回出撃用の穴が原因でしょうか。
気になるのは、三十年前にリゾート開発をすすめようとした会社があるという話。
その手の話をどこかで聞いたことがあるような。高遠関連で例の父親がすでに仕掛けを施していたのかも。
---------- N [ 編集] URL . 01/20, 15:48 -----

>ゆうさん

>そうなれば、外国人のアルバイトも液体窒素でもなんでも来いになってしまいそうですw

自ら例に挙げられている通り、結果的に全てとまでは言わなくても、正解するために「推測のみの推理」を要求されているように感じることは最近ありますよね^^;

>おばあちゃんがかなりピックアップされてますね。

二回だけ目を見開いたり、
「たった一人の「友人」なんですから」のコマが
深海をイメージさせるような不思議背景で装飾されたり、
回想のちゃんと描かれた建物や人物をはさみながら
描くのが楽そうで選ばれたような殺風景な島にも
細かく雨を降らせて語りに臨場感を持たせていて、
昔を知る語り部キャラの中でも丁寧に扱われた感があります。


>Nさん

>セイレーンの声は旧日本軍が基地を造った際に工事してできた
>天回出撃用の穴が原因でしょうか。

これには「多分大体当たり」感を強く感じます!
わざわざマップ付きでA~Eの釣り場ポイントが登場して、
誰が指図したわけでもないけれどもいかにも誘導されて
Cポイントに釣りに行った潮先生が溺死した状況で、
仕掛けの存在を疑っているけれども、成立させるには
「釣り場」という広いポイントで
都合よく人間を海に引きずりこむギミックがどうしても必要、
と考えてしましたが、
そこらへんにぴったりはまりそうです。

今後、天回出撃用の穴(出撃港)が登場して、
そこで潮先生の釣竿やグローブ、ウキ等が発見されたり…
など妄想が膨らみます。

---------- キョウタロー [ 編集] URL . 01/20, 19:10 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://kindaichi1.blog97.fc2.com/tb.php/445-86a7c056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。